2010年08月29日

OKINAWAフルーツ

ベストシーズンの沖縄土産といえば、やっぱりトロピカルフルーツだよね!
とくに7〜9月はさまざまなフルーツが鈴なりに収穫されるみたいで、
まちぐゎーと呼ばれる 【 牧志公設市場 】 の果物屋さんは、甘〜い香りでいっぱいなのです(^^

no-title

そのうえ、格安!!
スーパーやデパ地下あたりで目にする値札と比較すると驚きの安さだもんなぁ。 
ちょっと熟れすぎてたりすると、気のいいおばぁが 「 あげるよ〜。持ってっていいよ〜。 」
だもんね。  まさにプライスレス!!

あっという間に食べちゃったけど、そんなOKINAWAフルーツをちょっとだけご紹介。

トロピカル感たっぷりな、完熟マンゴー & グァバ。

no-title

グァバは、まだ熟してないものをいくつか・・・。
皮の色が緑から黄色に変わってきて、柔らかくなってきたら食べごろだって。
冷蔵庫保存を勧められたので、まだ何個か残っててもうしばらく楽しめそうです ♪

no-title

アップルマンゴー、めっちゃウマでした!!

ヘタのついたミニトマトみたいなアセロラもたっぷりと。
ビタミンCの含有量はレモンのおよそ34倍!   ビタミンCの王様と呼ばれてます。

no-title

食べてみたら、市販されてるアセロラジュースの味とはずいぶんかけ離れてる感じ・・・。
甘く見えるけど、う〜ん、あんまり甘くないです(^^;
ベトナムでは、塩を付けるのがメジャーな食べ方だとか・・。  甘みが増すのかな?

お馴染みシークヮーサーも、こんな山盛りで200円!
ちなみに、那覇空港の売店だと6個くらいで同じ値段でしたよ。

no-title

キンカンくらいの大きさだけど、果汁はビックリするくらいたっぷり入ってます。
フルーツというより調味料ですよね〜。

あと、これは初めて食べたけど、ロウ細工みたいなツヤ感があって、形は洋梨のような・・。

no-title

レンブという果物で、別名ワックスアップルだそうです。
かじってみたら、シャリシャリッとした食感。  ちょっと酸っぱい甘さかなぁ。
沖縄では、喉が渇いたらこのレンブをもぎ取ってそのままガブリ。 水代わりに潤すんだって。 

アジアンな雰囲気あふれるまちぐゎー、また行ってみたいなぁ。
posted by あんちゃん at 23:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ぶらり・・・ 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月21日

うりずんのどぅる天

沖縄の興南高校、甲子園春夏連覇おめでとうございます!   本当に強かったですね。

no-title

レンタカーのFMから聞こえてきた地元DJさんのニュース、ちょうど準決勝戦のときだったかな。
『 もう今日は仕事にならん!! 』 とかで、有給休暇を申請する人が激増したとか(笑)
那覇市内の居酒屋の女将と話をしていたら、『 興南高校、この近くなんよ〜♪ 』 だって。

その 『 うりずん 』、今夜も盛り上がるんだろうなぁ(^^

no-title

ひっそり過ぎてつい見落としがちなこの居酒屋、
沖縄で最も早く全酒造所の泡盛を揃えた泡盛自慢のお店として有名なのです。
お店の奥には、ヴィンテージ級の泡盛がほこりをかぶって置かれてましたよ。

no-title

泡盛を頼むと、カラカラと呼ばれるやちむん(焼き物)に入って出てきます。

no-title

振ってみると、カラカランと音がするのは石みたいなものが入ってるのかな?
これで飲むと味がまろやかになるんだって。

そして、何といってもうりずんの名物といえば、ここが発祥のどぅる天 exclamation
もともとは、まかない料理だったとか。

no-title

ターンム(田芋)を、つなぎも衣もつけず、素材の持ち味で揚げたものです。
見た目コロッケだけど、外はサクサク、中は程よい塩味のねっとり感。
あまりに美味しいので、翌日の朝ごはん用に持ち帰ってしまったほど(^^;

うちなー料理としてあまりにも有名な、スク豆腐もぜひ。

no-title

しっかりとした固さの島豆腐の上に乗ってるのは、スクガラスと呼ばれるアイゴの稚魚の塩辛。
淡白な味の豆腐とスクガラスの濃い塩味が絶妙にマッチ。 泡盛の肴として最適だ!
ただ、スクガラスの噛み応えが思いっきり生っぽいので好みは分かれるかな。
あんちゃん妻はダメでした(^^;

豪快に網焼きした島豚ソーキ(骨付きあばら肉)も塩味がきいてて美味しかったな。

no-title

それにしても、すっかり虜になってしまったどぅる天。 また食べたいなぁ。 オススメです!!
posted by あんちゃん at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | ぶらり・・・ 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月20日

カフェくるくま

本島南部の知念半島の東側は眺めのいいカフェの宝庫 目
なかでも、オーシャンビューの絶景なのが、ここ 『 カフェくるくま 』 です。

no-title

たまには違うカフェ行けよ〜って言われそうだけど(笑)、
息をのむほどの絶景と本格的なアジアン料理に、ついついリピートしてしまうんだよなぁ(^^

no-title

高台にあるアジアンヒーリングなテラスから眺める海は、エメラルドグリーンでとってもキレイ ぴかぴか(新しい)
ハイビスカスティーで癒されてます。

no-title

トロピカルドリンクでつい時間を忘れそうになるほどのんびりしたら、
いよいよお待ちかねのランチタイム レストラン
まずは、カフェくるくまの登竜門的メニュー、くるくまスペシャル!

no-title

甘口(チキン)、辛口(ビーフ)、激辛(ポーク)の、3種類の異なるカレーを味わえるんですよ。
やっぱり、夏はカレーだ!!
そして、タイ人シェフによる本場のアジアンフード、グリーンカレー。

no-title

メニューには、くるくま史上2番目の激辛料理って書かれてるけど、う〜んそうでもなかったな。
マイルドでコクがあって、また頼みたくなる美味さでした。

カレー以外だったら、この牛フィレサラダは絶対オススメ。 最高だよ!!

no-title

自社農園産の新鮮な野菜やハーブの上に惜しみなく乗っかってるのは、極上の牛フィレのたたき。
なんとも贅沢なサラダは、ボリュームも味も文句なしでした(^^

お腹がいっぱいになったら、美しい太平洋を眼下に、ニライカナイ橋を見渡せる展望台でひと休み。

no-title

断崖の上と下の100mある高低差を、ゆるやかにカーブしながら結ぶ全長660mの橋は、
絶景の浮遊感をちょっぴり味わえるドライブコースです。
あ〜、よそ見できる助手席がうらやましい〜(笑)
posted by あんちゃん at 14:05| Comment(6) | TrackBack(0) | ぶらり・・・ 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

必食!! そばロード

うちなー’s soul foods   ・・・といっても過言ではないソーキそば。
本部半島のど真ん中を突っ切る県道84号沿いは、沖縄でも屈指のそば街道なのです。
ここ数年は、来るたびに一店ずつアタックしております(笑)

今回のターゲットは、常に行列が絶えない名店 『 きしもと食堂 』
すでに満車状態の駐車場は、ベストシーズンなだけにそのほとんどが ‘ わ ’ ナンバーだ!!

no-title

看板に、八重岳店とチェーン店っぽく書かれているけど、実際は本店とこのお店の2つのみ。
しかも、手狭な本店は現在閉店しているので注意が必要です(^^

店先に山と積まれた薪は、スープを作る際に釜で使われ、その灰汁が製麺時に使われるとか・・。

no-title

お店の味を決める重要なファクターのひとつがダシ。
カツオと豚を使用するのが基本形らしく、その分量の比率によって、こってり加減が決まるんだって。 
ここのは、カツオダシのきいた上品な味わいでさっぱり風。   最高に美味い!! 

no-title

やわらかく煮込まれたソーキは、ボリュームたっぷりです。
そして、炎天下並んでよかったー♪ と思わせたのが、この ‘ じゅうしい ’

no-title

限定200食の売切御免な、沖縄風炊き込みご飯なんだけど、
豚ばら肉や切りコンブがたっぷり入っていて、これまでの中でベストかもしれないな!!

お店に入る前は晴れてたのに、出る頃はスコールのような雨模様。
そば街道をドライブしていたら、想い出の店が次々と・・・・。
前回の 『 山原(やんばる)そば 』 は、すでに売り切れの看板が(^^;
ここも美味しいんだよね。

no-title

前々回の 『 中山そば 』 を通過するころは、かなりの土砂降りに・・・。

no-title

おまけ(^^
沖縄そばのデザートは、今回も再び、『 新垣ぜんざい 』

no-title

創業57年の、ふんわりと変わらないかき氷。

no-title

氷の下には、たっぷりと金時豆。  冷たくって素朴な甘さがとっても美味しいよ。
posted by あんちゃん at 20:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ぶらり・・・ 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

沖縄度満点ドライブ 

文句なしのド・ピーカン 晴れ

no-title

細長〜い沖縄本島からぽっこり突き出している本部(もとぶ)半島は、沖縄でも指折りの景勝地。
大人気の美ら海水族館があるところでもあります。

no-title

半島をぐるりとドライブしながら、碧い海を眺めつつ、古宇利島のビーチでのんびりするのが
ここ数年の我が家の定番ドライブルートになってます。

サトウキビ畑を抜けて、見えてきた古宇利島 リゾート

no-title

まっすぐにのびる橋とコーラルブルーの海の美しさは、まさに感動モノ グッド(上向き矢印)
島までおよそ2kmの一直線な橋は、あっという間に渡ってしまうのがもったいないくらい(^^
海の真上にいることを実感しながら、ゆっくりとドライブを楽しもう ♪

no-title

何度でも往復したくなるね!!
posted by あんちゃん at 14:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ぶらり・・・ 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

ゆったりゆったり島時間・・・

え〜、本日も快晴でした 晴れ

那覇から高速を使って1時間半・・。 沖縄本島北部にちょこんと突き出た部瀬名岬。
今回お世話になったのは、その岬のほとんどが敷地になっている 『 ザ・ブセナテラス 』 

no-title

どこにいても光があふれ、潮風が吹きぬけるオープンエア。
洗練されたスタッフの何気ない一瞬一瞬が、ふんわりと心地よい気持ちにさせてくれます。

no-title

ビーチサイドでの〜んびりまどろむ午後は、沖縄ならではの島時間。
海からの気持ちいい風に、猛暑って何だっけ?   すっかり忘れてます(^^

no-title

椰子の木陰のテラス席。  身体の芯からリラックス〜 バー

no-title

あ〜、何にもしないのが最高の贅沢なんだろうなぁ。

no-title

喧騒から離れた自然あふれる空間がどこまでも広がってます。
時間よ止まれ〜(笑)

no-title

やがて訪れる南の島のサンセット。
これぞ、絶景!!   神々しさって言葉がふと頭に浮かびました。

no-title

定規で引いたような東シナ海の水平線。 すべてのものが紅色に染め上げられていきます。
太陽ってあっという間に沈んでいくんだね〜。  きれいだなぁ ぴかぴか(新しい)

no-title

のんびり過ごしていても、不思議とお腹は空くんだよな(^^;
これまたゆったりと、晩ご飯楽しんできまーす ♪
posted by あんちゃん at 21:05| Comment(2) | TrackBack(0) | ぶらり・・・ 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月17日

ラフテー最高!! 【 ゆうなんぎい 】

ガイドブックもいいけれど、地元の口コミが正解だった!! ・・ということです。
結局、予約済みのお店を別の日に変更して、予約不可の 『 ゆうなんぎい 』 に並びました(^^

no-title

以前から名前は知っていたけど、夕凪って意味とばかり思ってたら、違ってた。
海岸に黄色い花を咲かせる 『 ゆうなの木 』 って意味でした。

国際通りから路地を少し入ったところに、ひっそりと黄色い提灯を出してます。
お店の前は評判どおりの行列で、しばらく待つことに・・・。

no-title

その間、石垣島出身の店主が丁寧に説明してくれるのは、メニューや食べ方のアドバイス。
沖縄料理はよくわからないメニューも多いので、観光客はずいぶん助かるかも。

決して広くはない店内は、地元と観光客が半々くらいの雰囲気でところ狭しと賑わってます。

no-title

ビールはもちろん、オリオンビール ビール
写真を撮る間もなく、ググ〜ッといっちゃった(笑)

no-title

オススメを聞くと、ラフテーはぜひ食べてって!!  ・・らしいので、迷わずオーダー ♪

no-title

ウッ、ウマッ!!
思わず目を大きく見開いてしまいそうな驚きの美味さは、泡盛で4時間も煮込んでいるからなのか?
箸を入れただけですーっと切れちゃうほどの柔らかさ。
濃厚な味噌仕立てに、思わず感動。     メロメロでした〜 ハートたち(複数ハート)

楽しみにしていた島らっきょうの天ぷら。  風味豊かでお替りをしたくなるほど!

no-title

あと、グルクンの唐揚げも美味しかったなぁ。
沖縄県の県魚なんだってね。  唐揚げだとわからないけど、赤いお魚です。

no-title

県魚って言葉、初めて聞いたけど(^^;   シークヮーサーをたっぷりかけていただきまーす!

もちろん、定番のゴーヤチャンプルーやソーキの煮付けあたりも一級品。
モズクの天ぷらっていうのも美味しいですよ。

no-title

久しぶりの再会に楽しい時間をたっぷりと過ごして外に出てみたら、提灯の灯りが消えてました。

沖縄に来たら、ゆうなんぎい。  並ぶけど、絶対オススメです!!
posted by あんちゃん at 23:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ぶらり・・・ 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Viva!亜熱帯  沖縄へ・・・

羽田空港から空路2時間半 飛行機

パスポートを持たなくても脱ニッポンを感じさせるコバルトブルーの海 ぴかぴか(新しい)  奄美大島上空です。  

no-title

眼下に見えるまぁるい円形の湾は、隕石の落下でできた 『 奄美クレーター 』 と呼ばれていて、
何かの本に書いてあったけど、わが国で初めて発見された隕石孔として有名なんだって。
クレーターを縁どるサンゴ礁の美しいビーチ・・・・。
数年前、夫婦揃って火傷のような日焼けを味わったシャレにならない想い出もあったよなぁ(^^;

・・・と、どうでもいい感慨にふける間もなく、常夏の那覇空港に到着しました〜 ♪

no-title

あぁ、天気も最高 晴れ
外に出た瞬間のジリジリッとした暑さ。 でも、海に囲まれた島特有の心地良さがあるんだよなぁ。
東京の、室外機の近くにいるような、どこか人工的で異常な灼熱地獄とは全く違うんだよね。

それでも、マメな水分補給が大切なのはどこにいても同じこと。 

no-title

沖縄に来たら、いつもコレです。    ジャスミンの香りが爽やかなさんぴん茶。
いろいろ試したけど、POKKAがいちばん美味しいなぁ。

さて、レンタカーも調達したし、短いながらも、これから始まるとびきりスローな非日常。
美味しい琉球料理に舌鼓を打って、碧い海を見る以外はほとんど何もしないつもりです・・。
のんびりとまったりと。

no-title

目指すは、本島北部の部瀬名岬にあるリゾートホテル。
でもとりあえず、友人と晩ご飯の約束をしている今日は、沖縄観光の王道らしく那覇の街歩きから!
・・・といっても、国際通りをぶらぶらするくらいだけど(^^;

no-title

予約しているお店のほかに、毎晩行列ができるほどの美味しい居酒屋があるって聞いたので、
現地のリアルな情報に、変更するかどうか悩み中・・・・。

島らっきょうの天ぷらをつまみながら、オリオンビールに泡盛か〜 ビール  ワクワクだなぁ ♪
posted by あんちゃん at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ぶらり・・・ 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

碧い海、美しい夕陽・・・

短いけれど、ぽっかり取れた夏休み ♪ 
    
現地の友人にメールしてみたら、明日の晩ご飯をいっしょにということになりまして、
どぅる天の美味しいお店を予約しておきました(^^
往復エアー、ホテル、レンタカー ・・・・ とりあえずオッケーだったので、ホッとひと息。 

no-title

明日から、亜熱帯で癒されてきまーす(^^
posted by あんちゃん at 23:55| Comment(4) | TrackBack(0) | ぶらり・・・ 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

めんそーれ! 美ら島へ 〜 3日目 〜

結局一度も雨に降られることもなく楽しく過ごせた3日間・・・・・
ホントにラッキーでした。  イェイ手(チョキ)

no-title お土産を探しに、
 沖縄フードの台所 【 第一牧志公設市場 】 へ。






滞在中、一度は必ず訪れる賑やかでディープな まちぐゎー(商店街) は、
混沌とした雰囲気を醸し出していて、まさにアジアの市場・・・・
国際通りに隣接しているのが信じられないくらいのギャップを感じるなぁ。

no-title        no-title

朝からおばぁ達の威勢のいい声が飛び交っています。あせあせ(飛び散る汗)

ラフテー、ミミガー、ソーキをお土産に・・・・・
あとパッションフルーツもちょっと多めに買って帰ろうっと♪   好物なんデス。。

市場を奥に抜けるとそこは、【 壺屋やちむん通り 】
『 やちむん 』 は、沖縄の方言で焼物とか陶器って意味。
両側に大小さまざまな焼物の店が並ぶ石畳の風情のある静かな通りです。
no-title            no-title

通りの右側にあるカフェ 『 南窯(ふぇーぬかま) 』 は、
重要文化財の登り窯の一部をお店に改装したもので、
タイムスリップしたようなレトロな雰囲気を味わえます。

お昼過ぎの便で帰るので、そろそろ那覇空港へ。
楽しかったなぁ〜♪     待ち時間にもう一杯 ビール いっとく?

no-title        no-title

なぜかいつも最後はここで食べてしまう、空港の中にある 『 天龍 』 で。
沖縄の真夏を感じさせる気候がそうさせるのか、オリオンビールがグビグビッとウマイね!
ソーキそばでお腹をいっぱいにして、後は寝て帰るだけ・・・・・

飛行機  眠い(睡眠)  飛行機  眠い(睡眠)  飛行機  眠い(睡眠) 

3日ぶりの羽田空港。 マスクをしている人の多さにビックリでした!!
posted by あんちゃん at 23:50| Comment(8) | TrackBack(0) | ぶらり・・・ 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

めんそーれ! 美ら島へ 〜 2日目(後編) 〜

時計を見ると夕方4時。 そろそろ帰ろうかな。
那覇までは高速を使わず海を見ながらのシーサイドドライブです。
窓から見える海のグラデーションに思わずよそ見をしてしまいそう・・・・・たらーっ(汗)

no-title 本部半島西海岸からの眺めです。
 海の向こうに見えるのがビーチリゾートの恩納村かな。






沖縄本島のウェストコーストを走る国道58号線は、ガイドブックによればドライブの王道コース。
特に恩納村あたりは右の窓越しに青く輝く東シナ海が見え隠れして、とても気持ちよく走れます。

スムーズに流れているおかげで、まだまだ明るいうちに那覇に着いてしまいそうだよー。
なので、ちょっと寄り道。

no-title

沖縄随一の景勝地ともいえる 【 万座毛 】
『 毛 』 は、広場って意味で、
かつて琉球王国が 「 万人を座らせることができる 」 と褒め称えたのが、その由来だそうです。

なんといってもココは東シナ海を染める夕焼けがきれいなんだよねー。
やんばるドライブの帰りだと、たいてい夕焼けの時間帯に寄れたりするんだけど、
今日はちょっと早かったかな?

海風が気持ちいいので、断崖上に広がる芝生の広場をのんびり散歩してみます。
no-title            no-title
ところどころに生っている 『 アダンの実 』
パイナップルに似ているけど食べられません。 ヤシガニが餌にするらしいですよ。

断崖絶壁の下に広がる透明感あふれる海はとってもキレイです。
ギリギリのところで下を覗いてみたいけど、柵もないのでかなりデインジャラス あせあせ(飛び散る汗) 

だけど、なんとか命がけで撮ってみた写真がコレ 左斜め下
no-title            no-title 
で、命がけの 『 あんちゃん妻の撮影風景 』 がコレ 右斜め上   見事なヘッピリ腰だ!!


no-title 夜は那覇に戻って、石垣牛に舌鼓 るんるん
 長くて楽しい1日も終わってみればあっという間・・・・

 お疲れ様〜!!





posted by あんちゃん at 23:58| Comment(4) | TrackBack(0) | ぶらり・・・ 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

めんそーれ! 美ら島へ 〜 2日目(中編) 〜

沖縄自動車道の那覇ICからノンストップで1時間ちょっと・・・。
美ら海水族館などの数多くの観光スポットが点在する本部半島あたりまでやってきました。

no-title 快晴の南部・那覇エリアに比べて、
 大自然の残るやんばるに近い北部は
 雲がかかってしまうのではと心配していたけど、
 着いてみたら、いや着くまでもなくずーっと晴れ 晴れ




目的地は本部半島より少しやんばる寄りにある 【 古宇利島 】
以前ドライブで行って以来、やんばるドライブのお気に入りスポットなのだ。
現在は橋で本島とつながっているけど、
もともとが離島だっただけに透明度の高さはハンパじゃありません!

本島から見渡す限りサトウキビ畑の屋我地島ってところを抜けると・・・・・、

no-title ほら 目 、見えてきたでしょ。

 あの橋の向こうが 【 古宇利島 】

 橋の長さは、1960メートルもあるんですよ。
 美しい海を眺めながら、
 ゆっくりと海上ドライブを楽しもう!


思わず飛び込みたくなる衝動を抑えながら、どうぞご覧くださいexclamation×2

no-title

どーですか?  この透明感あふれる コーラルグリーンの海 !!

橋を渡ってすぐのビーチでのんびりと遊ぶ時間はなんともいえず格別です。
あ〜、もう帰りたくないよー。 いや、住んでみたい・・・・・。。
梅雨の合間ということもあってか、観光客はほとんどいません。

no-title 見るだけじゃもったいないくらいの美しさだよね。
 次回は潜ってみようかな・・・。

 暑い日差しのなかのんびり遊んでいると、
 そろそろお腹もすいてくる時間です。





no-title ざわわ、ざわわ、ざわわー♪ と
 さとうきび畑の中を突き抜けながらのドライブは最高。








お腹がすいたらやっぱりアレだよねー♪
沖縄のソウルフードといっても過言じゃない 『 ソーキそば 』 は、
素朴だけど絶対食べたくなる味なんです。

no-title 向かう先は、本部半島の八重岳を望む山あいにある
 【 山原(やんばる)そば 】

 建物はビックリするくらい超レトロだけど、
 個人的には沖縄そばのトップ3にランクイン 手(チョキ)



no-title            no-title
ここのソーキは、少し硬めで歯ごたえがあるのが特徴かな。
『 島とうがらし 』 は、必ず入れる調味料。
泡盛の芳醇な香りとピリッとした辛さが食欲を増進させてくれますよ。

あまりの美味しさにスープまで完食!したあとは、別腹のデザートを食べに車を走らせます。
沖縄のデザートといえば、これまた素朴な 『 ぜんざい 』 だよねー。
車で15分ほどの海沿いの小さな町にある 【 新垣ぜんざい屋 】 で、
ひんやりとした夏の味をいただこう。
no-title            no-title
店内には食券の券売機が・・・・ へぇ〜メニューが色々あるんだ〜と思ってよく見てみると目
スイッチはぜ〜んぶ 『 氷ぜんざい 』!!
1名様から20名様 までのスイッチだったよ。たらーっ(汗)
笑える〜わーい(嬉しい顔)

地元では、夏といえばぜんざい というくらいのポピュラーなものらしく、
実際僕たちが食べてる横でも、家族○人分をまとめて持ち帰るお客さんもちらほら・・・
ふ〜ん、なるほど・・・20名様スイッチも必要ですね。

no-title 氷を崩すと中にはふっくらコクのあるぜんざいが・・・。
 薪で長時間じっくりと煮込んだ金時豆は、
 氷との相性バッチリです。




ひんやりしながら、さらに続く・・・・・soon
posted by あんちゃん at 23:50| Comment(8) | TrackBack(0) | ぶらり・・・ 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

めんそーれ! 美ら島へ 〜 2日目(前編) 〜

二日目の今日も朝から快晴 晴れ    雲は少し出てはいるけど完璧な夏空だ!!
本当に梅雨か?? と思わせるような空の青さに気分も絶好調 ♪ です。

no-title 那覇市内の街路樹は、散ってしまった デイゴ に代わって、
 ホウオウボク が、これから夏いっぱい
 燃えるような真っ赤な花を咲かせてくれます。







ゆっくりと朝ごはんを食べた後は、
気温が上がらないうちに琉球王国の歴史を今に伝える古都、首里をお散歩しよう。

今日は島の北部までロングドライブする予定なので、
壮麗な正殿を見学するのはまた次回の楽しみに取っておいて、
首里城公園の周辺をぶらぶらと・・・・・
no-title            no-title
首里城のシンボル 【 守礼門 】 の由来は、
『 守礼之邦 』という扁額が掲げられていることからついたもの。
礼節を重んずる国ってことね。

公園の中は芝生もきれいに整備されていて、いろんな花が咲き乱れています。
春から夏にかけての気持ちのいい初夏を沖縄では 『 うりずん 』 と言うらしいけど、
『 うりずん 』 といえばあのCMをつい口ずさんでしまうんだよなぁ・・・。
《 うりうり・ずんずん・うりずんずん ♪  あなたのハートにうりずんずん !! 》
・・・というハードな掛け声のCM、よく車のラジオから流れてくるんですよねー。

no-title その 『 うりずん 』 の時期にしか咲かない花がコレ。

 月桃の花 です。  きれいでしょ?







公園の中の小高いところにある 【 西のアザナ 】からは、那覇の街が一望できます。
吹き渡る風がとっても気持ちいいなぁ ♪

no-title

この近くにもう1ヵ所高見できる場所があって、
そこは首里城の正殿が見渡せるポイントなんだけど、進入禁止のロープが張られてた・・・。 

no-title 首里城と那覇を結ぶ主要な道の一部として残っているのが、
 【 金城町の石畳道 】 です。
 16世紀の初め頃に造られた道のほとんどは
 沖縄戦で破壊されてしまい、
 かろうじて残っているのは300メートルほど・・・。

 風情もあって大好きな散歩道のひとつだけど、
 『 脂肪よ、お願いだから燃えてくれー あせあせ(飛び散る汗) 』 と
 思わず叫びたくなるほどのかなりの急勾配です。


アチー! アッチー!! どんっ(衝撃)
車のエアコンがそろそろ恋しくなってきたので、
急いで駐車場に戻ってナビの目的地を本部(もとぶ)半島方面にセット。
高速を使って1時間ちょっとのドライブだ。

no-title ペットボトルのさんぴん茶で喉を潤おしながら、
 沖縄自動車道を終点の許田ICに向かって走りつつ、

 次回の【 本部半島・コーラルブルーの海 編 】へ・・・・・soon







posted by あんちゃん at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらり・・・ 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月20日

めんそーれ! 美ら島へ  〜 1日目(後編) 〜

no-title ひと足先に梅雨空の沖縄・・・・・のはずが、
 今日はなんと抜けるような青空だ。

 いやぁ、ラッキーだなぁ るんるん






車の窓に差し込む強い日差しにハンドルを握る手もジリジリと日焼けしそう・・・。

【 カフェくるくま 】 ⇒ 【 斎場御獄 】 は、我が家の定番ドライブコース。
そして、そこから程近い 【 新原(みーばる)ビーチ 】に立ち寄って、
【 浜辺の茶屋 】でくつろいでから那覇市内に戻るのがほぼお決まりになっているのです。

沖縄のビーチの中でも遠浅で天然ビーチの 【 新原ビーチ 】 は、
ちょっと穴場的なパラダイス。     キノコのような岩がおもしろいでしょ?

no-title


時間を忘れさせてくれるビーチから車で1分のところにある木造のこじんまりとした建物が、
またまた絶景カフェの 【 浜辺の茶屋 】
ひょうきんなシーサーと鮮やかなブーゲンビリアが目印だよー。
no-title            no-title

名前のとおり、浜辺にあるカフェです。
海に面した木の枠で造られた窓はいつも開けっぱなしで、
心地よい潮風が絶え間なく流れ込む店内には、もちろんエアコンなんかありません。

no-title カウンターに腰かけると目の前には美しく広がる海・・・・・
 ゆるゆると時間が流れてます。
  
 入り口から続く階段を下りていくと砂浜に出られるので、
 砂浜をのんびり散歩したりするのもオススメかな。



no-title 下の砂浜を歩いていて見つけたヤドカリ君。
 手に取ると隠れるけど、
 息をフッと吹きかけると出てきます。





陽もだいぶ西の方に傾いてきて、那覇空港近くのアウトレットモールで買い物もしたいので、
カウンターから見る夕焼けは次回のお楽しみ・・・・・ということで、
車で那覇方面へ。

no-title        no-title

道沿いにあるデイゴの花もずいぶん散ってるなぁ。
満開の頃は燃えるような赤だったらしいけど、シーズンも終わりかけ・・・・
ギリギリ見れてよかったー。

アウトレットモールで2時間近く粘って探し出したのは、
妻の冬物のセーター・・・・・・たったそれだけ。あせあせ(飛び散る汗)
でも、定価5万円くらいのを10分の1の値段で買えたので、助手席の妻は大喜びしてマス。
外はすでに真っ暗だよ。

no-title ホテルに帰る途中に見えた 【 首里城 】
 ライトアップされていてキレイです。






結局ホテルにチェックインできたのは、夜9時過ぎ。
でも、沖縄の夜はまだまだこれから。人々が飲み屋に集まる時間は遅めです。

no-title 近くにある居酒屋 『 波照間 』で、

 まずはオリオンビール ビール   カンパーイ!!

 三味線の音が酔った身体に心地いい〜♪






no-title        no-title
豚肉の塩漬け 『 スーチカー 』       『 島らっきょうの天ぷら 』は塩で。  美味すぎ!!

no-title        no-title
ほっくほくの 『 どぅる天 』は、             沖縄料理の代表格 『 ラフテー 』
田芋の天ぷら。  美味!

no-title 3種類の泡盛を飲み比べ・・・・・

 ポピュラーな 久米仙 は、飲みやすさNo.1かな。
 宮古島の古酒 琉球王朝 は、味に深みがある感じ・・・




ゆったりとほろ酔い気分で、1日目の夜は更けていきます。

おやすみなさ〜い・・・。
posted by あんちゃん at 23:55| Comment(4) | TrackBack(0) | ぶらり・・・ 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

めんそーれ! 美ら島へ  〜 1日目(前編) 〜

今日から3日間の貴重なオフ♪  ・・・・なので、
天気予報が全国 晴れ マークのなか、
たった1ヵ所すでに梅雨入りしてしまった南の島へひとっ飛び 飛行機

no-title 晴れの北海道か、梅雨空の沖縄かをギリギリまで悩んだけど、
 気分はすでにトロピカルモード!!
 雨に降られてもいいのだ。

 沖縄に近づくにつれて夏雲が目の前に広がってきます。





no-title 空路3時間・・・。  那覇空港に着きましたー♪
 心配していた天気は、
 なんと予想を裏切るうれしい晴れ!!
 でも湿度がすごいです。




no-title 早速レンタカーを借りて、いつものところまでお昼ご飯。
 久しぶりの沖縄だけど、
 来たら必ず行くお気に入りのカフェがあるんです。

 のんびりした風景を楽しみながらのドライブ、最高だね。
 青空の下、知念の海を目指します。


no-title 時間はちょうどお昼。
 【 カフェくるくま 】 に着きました。
 ココは小高い丘の上にあるナチュラル系のカフェで、
 知念の海を一望できる最高のロケーションなんですよ。

 そして、
 タイ人シェフによる本場のアジアン料理がウマイんです。

くるくまの森からは、今年初めて聞くセミ時雨・・・・・・
7月生まれの僕には、この《 夏の音 》がなんとも心地いいんだなぁ。

花に囲まれたエントランスをくぐると、目の前にバーンと広がるのがこの眺め 目
久しぶりに見るパノラマの絶景に思わず何枚もシャッターをパチリ。

no-title


どうですか? この開放感・・・・   最高でしょ手(チョキ)

息を飲むほどの絶景を楽しみながら、オーダーしたのはこれまたいつもの 『 くるくまスペシャル 』
3種類の辛さのカレーとかりっと香ばしく焼き上げたタンドリーチキンが食欲をそそります。

no-title        no-title

ゆったりと流れる時間と最高のカレーで幸せな気分に満たされたあとは、

no-title 高低差約100メートルの大きなカーブを描く
 【 ニライ橋・カナイ橋 】を駆け下りて・・・・・

 青い海に飛び出していきそうな感覚が気持ちいいです。




次に向かった先は、世界遺産登録の聖地 【 斎場御獄(せーふぁうたき) 】
うっそうとした森の中にあるのは、巨岩が織り成す神秘の空間です。
琉球王朝時代に、五穀豊穣を願い国王自らも参拝するなどの重要な神事が行なわれた場所で、
ひんやりとした空気が流れていて、しばらくそこから動きたくないような心地よさを感じます。

no-title            no-title

2つの岩で作られた三角のトンネルの向こうは 『 三庫理(さんぐーい) 』 と呼ばれる拝所。
その拝所からは、琉球を造った神様が最初に降り立ったと伝えられる 『 久高島 』 を望めます。

神聖な気分に浸りながら、次回へ・・・・soon
posted by あんちゃん at 21:09| Comment(6) | TrackBack(0) | ぶらり・・・ 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月14日

またもやキャンセル!

梅雨明けした真夏の沖縄。
今週16〜18日でホテルとレンタカーは手配済み。

・・・・・だったんだけどバッド(下向き矢印)

天気予報がパッとしないので、

                   ↑     ↑     ↑

泣く泣くキャンセルの電話を入れましたもうやだ〜(悲しい顔)
先週末にチェックしたときは、ずっと晴れだったんだけどなぁ・・・

せっかく行くんだったら、ド・ピーカンの沖縄を楽しみたいしね。
そうはいっても、こっちの予定にお天道様が合わせてくれるわけないし、
週間天気予報で晴れマークがズラッと並ぶような週をこまめにチェックするしかないね。

そういえば、先月も天気が悪くてキャンセルしたような・・・


posted by あんちゃん at 21:43| Comment(3) | TrackBack(0) | ぶらり・・・ 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

梅雨明け予想は?

梅雨明けの沖縄へ一泊旅行を計画中飛行機
例年は 沖縄の梅雨明けは6月23日ごろだけど、
今年はいつ頃になるかな晴れ

まだ行ってない「美ら海水族館」にも行ってみるか。
posted by あんちゃん at 23:45| Comment(6) | TrackBack(0) | ぶらり・・・ 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。