2011年05月20日

ナゴヤへおでかけ ♪

友達に会いに名古屋へ行ってきました。          
開放的な展望デッキを見渡せる中部国際空港セントレアのレストランで朝ごはんしてます 喫茶店

no-title

当初、名古屋へ新幹線で日帰りを・・・・と考えていたところ、
行く直前になって羽田空港からの深夜便があることを知り、急きょ変更したというワケで 飛行機
夜の10時前にゆっくり横浜の自宅を出て、2時間後にはセントレアのホテルでオヤスミナサイ。 
翌日を朝からたっぷり名古屋で過ごせることを考えれば、なかなか便利だったかな(^^

というわけで、
ドドドーン!!と、ノッポなツインタワーがお出迎えする朝の名古屋駅前です 晴れ

no-title

ブログという枠を超えて普段から仲良くしていただいているEicaさんが、愛息といっしょに
ハワイから里帰り中ということなので、お昼過ぎに待ち合わせ。
お友達のbauパパさんも来てくれたので、久しぶりの再会におおいに盛り上がりました わーい(嬉しい顔)

ただ、みんなで過ごせる時間は午後の数時間ほど・・・。
なので、見るべしナゴヤは、息子さんのSho君リクエストで 【 名古屋城 】

no-title

金のシャチホコが輝く尾張徳川家の居城。  どっしりとしていて存在感ありますよね〜。
日本の文化に興味津々なSho君は、日本のお城を見るのはもちろん初めて。

no-title

城内に梅林があって梅の実が生っていたので、これが梅干しになるんだよと教えてあげたら
Oh!! と目をぱちくりしてたのがおかしかったな〜^^
それでは、金シャチ前ではいチーズ カメラ

no-title

そして、大本命の名古屋めしといえば、そりゃあ味噌だがね!
・・・ってことで、あんちゃんリクエストで 『 山本屋本店 』 の味噌煮込みうどん グッド(上向き矢印)

no-title

地元特産の八丁味噌は、コクと旨みに拍手喝采!!      濃厚なスープがたまりません。
「芯が残っとる!」 と地元名古屋人にも言われるほどの太麺は、そのコシの強さが特徴的です。
日本語はしゃべれなくても和食は大好きだというSho君も、大満足だったみたい^^

no-title

いや〜、今日は雲ひとつない初夏の陽気。
なんといっても、パパさんご自慢のオープンカーでのドライブが最高に気持ちよかったな〜。
夕方になって涼しくなってきたら、Eicaさんが見つけたという蔦の絡まるカフェでのんびり。

no-title

互いの近況報告や懐かしい話に花が咲いて、たっぷりと有意義なひとときを過ごせました。
Eicaさん親子とは残念ながらここでお別れ・・。  
名残惜しいけど、Sho君の車でハワイ島のボルケーノに連れてってもらえるのを楽しみに(^^

帰りはパパさんがセントレアまで送ってくれるというご好意に甘えて、サンセットドライブ ♪

no-title

風が気持ちいいな〜。
セントレアに着く手前で、助手席から伊勢湾に沈む夕日をパチリ。   

no-title

搭乗までまだまだ時間があるので、もうひとつの名古屋めしといったら、やっぱり 『 味仙 』
オススメは、モ〜烈激辛な台湾ラーメンなんだけど、まずは、コリコリとした歯ごたえのコブクロを
あてにビールで乾杯 ビール

no-title

ノンアルコールのパパさんには申し訳ないけど、ボクだけ生でゴメンナサイ(^^;
でも、今度ゆっくりと飲みましょうね。
そしてこれが、台湾人もビックリな名古屋名物台湾ラーメン!

no-title

激辛の元は、どっさりと入った挽肉&ニラ&唐辛子!!
ひと口すするだけで、ガツンと口の中に激辛が容赦なく襲い掛かってくるのです。
ここはやっぱり額に汗して完食すべし あせあせ(飛び散る汗)
辛さが苦手のパパさんは、スープが少し薄めのアメリカンで。
・・・と注文すれば出てくるところがおもしろいよね(笑)

no-title

Eicaさん、Sho君、次回はハワイ島で会いましょう!
パパさん、次こそは互いにビールで乾杯。  酔っ払いましょう!!

ちなみに・・、国内線の機内で深夜0時をまたいだのは初めての体験でした。。
posted by あんちゃん at 23:55| Comment(8) | TrackBack(0) | ぶらり・・・ 中部・東海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

ずんぐりむっくり・・ ドリームリフター

南知多からの帰り道、空港の駐車場に入ろうと周回道路を走ってたら、おっと発見 目
ドーンと駐機していたのは、【 Dream Lifter 】       デカイなぁ!!

no-title

近くで見たのは初めてなので、早速ネットでチェックしてみた。

新型旅客機のボーイング787はどこで最終的に組み立てられるのかっていうと、
言わずと知れたアメリカのシアトルにあるボーイング社の工場。
その部品は世界各国の工場で製造されていて、日本では愛知県にいくつか工場があるそうで、
その部品をセントレアからシアトルまで運ぶ為の運搬用輸送機なんだそうですよ。

なんと、中古のジャンボ機を回収して専用の輸送機に大改造したんだって がく〜(落胆した顔)  

夕焼けまぶしいセントレアの展望台。  海からの風が気持ち良さそうだったので出てみました。

no-title

遠目から見ても、ずんぐりむっくりという言葉がピッタリな機体ですよね〜。
どうやって部品を出し入れするのかっていうと、借りてきたセントレアのHPの写真を見たら・・・、

no-title

パカッと胴体が割れてました(笑)

今回は見れなかったけど、半年前に立ち寄ったときに偶然見かけた離陸シーンです。

no-title

重そう〜(^^
posted by あんちゃん at 20:55| Comment(2) | TrackBack(0) | ぶらり・・・ 中部・東海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

ぶらリドライブ 南知多

三方を海に囲まれた南知多。  ドライブで訪れるのは10数年ぶりくらい。 懐かしいなぁ(^^
名古屋時代によく海水浴に来ていた 【 内海海水浴場 】

no-title

『 日本の渚百選 』 にも選ばれるほど水がきれいで、遠浅の美しいビーチです。
聞こえてくる賑やかな声は、長野から来たという小学生達の体験授業。 なんと地引網!!

no-title

南知多は魚介類の宝庫。   獲れたての魚にみんな興味津々だよね〜 目
この魚、いくらで売るのー?  ・・なんて鋭い質問に、漁師さんもたじたじでした(笑)

近くにある 『 白砂の湯 』 は、温泉好きにはたまらない濃い目の塩湯が特徴の天然温泉 いい気分(温泉)

no-title

海が目の前に広がる最高のロケーション(^^
伊勢湾に夕日が沈む頃は、眺めが最高だろうなぁ・・・・。

心ゆくまでゆったりと楽しんだら当然お腹も空いてきて、目指すは南知多の最南端 【 豊浜町 】
鮮度バツグンな魚の町のオススメは、『 まるは食堂旅館 』 ってとこ。

no-title

新鮮なお刺身はプリップリの獲れたてそのもの ♪

no-title

茹でたてのシャコは、甘みがジュワ〜っと美味しいけど、

no-title

実はココの名物は、ビッグサイズのエビフライでした わーい(嬉しい顔)
エビそのものがデカくて歯ごたえもあって最高の美味さ。  ソースがオススメです!

no-title

コレを食べないと南知多を語れない!? くらいのジャンボなエビフリャー、食べれてヨカッター!!
posted by あんちゃん at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | ぶらり・・・ 中部・東海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

常滑( とこなめ ) トコトコ  アゲイン!!

・・・と、タイトルを書けるのは あんちゃん妻 だけ。
友人夫妻と合流しての南知多ドライブを前に、焼き物の町 【 常滑 】 へちょっと寄り道。
僕自身は、初めての常滑散策でした。

no-title

まずは、迫力いっぱいの巨大招き猫 『 とこにゃん 』 にご挨拶(^^
日本一の招き猫の生産地らしく、町のいたるところで招き猫が顔を覗かせてます。

小高い丘にある 『 やきもの散歩道 』 は、煙突のある町をのんびり散策できる60分コース。

no-title

招き猫といい、レンガ造りの煙突といい、町の雰囲気は、ファンタジー&ノスタルジー るんるん
平日だからなのか、ものすごく静か。   ゆるやか〜に時間が流れてます。

小腹がすいたので、散歩道の途中にあるだんご茶屋でちょっとひと休み。

no-title

1本70円のお醤油団子。  香ばしい上品な味が美味しかったなぁ ♪

やきもの散歩道を象徴する風情が漂うこの坂道は、『 土管坂 』

no-title

両脇の壁を覆っているのは、明治時代の土管と昭和初期の焼酎瓶だそう・・・。
道には、土管を焼くときに使った‘ 捨て輪 ’と呼ばれる焼台が滑り止めとして埋め込まれてます。
環境に優しい工夫の跡ですね。

無造作に置かれた素焼きの鉢なんかも、どこか懐かしい風景でした。

no-title

・・と、実はこの写真の主役は、左下の物陰からちょこんと顔を出してるホンモノの子猫ちゃん(^^
カメラに興味があるのか、じーっと見つめていたので思わずズーム カメラ

no-title

あまり近寄れずこれが精一杯 あせあせ(飛び散る汗)         かわいかったなぁ(^^

かつては60基ほどあったのが、今ではこの一基を残すのみ・・・というのが、この 『 登窯 』

no-title

明治20年ごろから昭和49年まで使用されていて、今は国の重要文化財に指定されています。
約17度の傾斜に8つの窯が並ぶスケールは、現存する日本最大級の登窯らしいですよ。

ふわふわっとキレイに咲いているのは、ザクロの花。

no-title

1時間ちょっとのやきもの散歩は、遠い昔の懐かしさに出会えたひとときでした。
posted by あんちゃん at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ぶらり・・・ 中部・東海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

懐かしの 【 味仙 】 @ セントレア

名古屋の友人が遊びにおいでというので、今回はそのまま札幌から名古屋へ移動 飛行機
爽やかな気候は名残惜しいけど、南知多の新鮮な魚を食べれると思えば元気が出るってモノです。

搭乗ゲート近くの自販機で見かけて、つい買ってしまった120円の北海道限定モノ(^^

no-title

代金の一部は、北海道の自然保護に使われるらしいです。   
いいことしたなぁ ♪ ・・・と思いつつ、イッキに飲んじゃった。 ゴクゴク。 味は普通。

ホッと一息ついたところで、真下に見えてきたのは、残雪に夕陽が当たる津軽富士 『 岩木山 』

no-title

遠くに見えているのは、『 お城とさくらとりんごのまち 』 の弘前市かな?

読みかけの本の続きを楽しみつつ、ときたま外を見ても雲ばかりで何にも見えない日本列島・・・。
ふと気付いたのが 目 、その雲の前をず〜〜っと動いているひと筋の飛行機雲。

no-title

・・・・のように見えたのは、自分が乗ってる飛行機が出してる飛行機雲の影でした(笑)
ちょっと珍しくない??

夕闇迫る中部国際空港セントレア。  半年ぶりの訪問です。

no-title

まるでアミューズメントパークのような出発ロビーのすぐ上がレストラン街になっていて、
ちょうちん横丁と名づけられたその街の一角にある 【 味仙(みせん) 】 で晩ご飯 ♪
ずっと昔、名古屋に住んでいた頃からの大ファンなお店です。

no-title

名古屋の今池ってところに本店があるこのお店のイチオシは、台湾ラーメン。 激辛だよ〜 どんっ(衝撃)
その激辛なスープゆえに、少しマイルドな ‘ アメリカン ’ を注文できるのはココくらい(笑)

no-title

いつも頼むのは、アメリカンじゃなくノーマルの方。
危険な激辛に備えて、冷たい水をスタンバイ。 何杯飲むかわからないのでサーバーごと(^^;

それではいただきまーす わーい(嬉しい顔)    懐かしの台湾ラーメン。 700円なり!!

no-title

ご覧下さい、この泡立つスープ exclamation×2
モチモチッとした麺にからむ挽き肉とニラと真っ赤な唐辛子・・・。
ズズッとすするたびに咳き込みそうになる辛さだけど、これがまたクセになる美味さなんだなぁ。

名古屋名物、額に汗かく台湾ラーメン。  この刺激、絶対ハマリますよ!! 
posted by あんちゃん at 23:58| Comment(4) | TrackBack(0) | ぶらり・・・ 中部・東海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

ちょっとだけ・・・名古屋

何かと忙しい年末・・・・あせあせ(飛び散る汗)
ちょっとした用事で名古屋まで 新幹線    クリスマスを目前に控えた頃の慌しい日帰りでした。

名古屋といえば、東京の大学を卒業して社会人として初々しくスタートを切った想い出深い街。
なので、名古屋駅のこともついつい 『 名駅 (メイエキ ) 』 って言ってしまうんだよね。
ちなみに、名古屋の友達によれば、『 メイエキ 』 ではなく 『 メーエキ 』 だとか・・・。

no-title

久しぶりに見上げた近代的な 【 JRセントラルタワーズ 】 
高さ245mの駅ビルは、世界一としてギネスに認定されてるんですよね〜。
ところで、この名古屋駅ビル、何が 『 セントラル・・ 』 なの? ってどうでもいい疑問が。
答えは 『 JR東海 』 の英文社名にありました。
 【 Central Japan Railway Company 】    知ってました?

そして、思わず懐かしく感じたのが、駅前のロータリーにある先端が尖ったオブジェ。
コレ、昔からあるんだよね〜。
らせん状になっているこのモニュメント、『 飛翔 』 っていうらしいです。

そうそう、昔からあるといえば・・・・・、
まだいるかな〜、ナナちゃん 揺れるハート
配属になったオフィスが 『 名駅 』 のすぐ前だったので、よく待ち合わせをしたものです。

no-title

お〜、いましたいました ♪ 
名古屋のハチ公的待ち合わせ場所といえば、名鉄百貨店前の 【 ナナちゃん人形 】
あ、七頭身だからってワケじゃないですよ(^^;
この名鉄百貨店、昔は7フロアあるから 『 名鉄セブン 』 って呼ばれてたんだよね。
身長610cm、体重600s、スリーサイズは驚きの207cm、180cm、215cm!!
意外とスリムなスイス生まれです。

名古屋の街をゆっくりと歩いてみたかったけど、時間もなくてそういうわけにもいかず・・・・
駅前に新しくできた 【 ミッドランドスクエア 】 の展望フロアから名古屋城をパチリ カメラ

no-title

この展望フロア、44階の高さでありながら屋根部分がない屋外型なんですよ。
吹きさらしの風がとっても冷たくて、ゆっくり見るなんて無理!
ささっと下りて ダッシュ(走り出すさま) 、名古屋名物の地下街でコレ食べて帰りました。

no-title

握りたての温かいご飯がうれしい 【 天むす 】
天プラは当然というべきか、なぜかいつもエビです。
エビフリャーに味噌カツに、きしめんとか台湾ラーメンだってあるがや!! って言われそうだけど、
それはまた別の機会に。     今度ゆっくり来ようっと。
posted by あんちゃん at 23:56| Comment(4) | TrackBack(0) | ぶらり・・・ 中部・東海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

極上マグロ♪  そして、静岡は○○○○が熱かった!!

梅雨明けしたにもかかわらず夏らしくない毎日が続いて、気付けばもう8月です。
今日は土曜日、お隣 静岡県の焼津あたりまでおいしいお魚を食べに行ってみようかな。
よっしゃ、車で約3時間のドライブ・・・・・・・・・のはずだったんだけど、
ちょうど手元には未使用の航空券のオープンチケットが数枚・・・。

なので、朝イチの便で福岡に向かってま〜す 飛行機   アレッ?

no-title

富士山に巻き付く雲。  なんだか生き物のようですね。  

ウトウトしてるうちに8時20分には福岡空港に到着。  9時の便に乗り換えなきゃ あせあせ(飛び散る汗)
少し離れたところにあるターミナルビルまで駆け足だ!  
朝食も食べる間もなく搭乗したのは、静岡空港行き。  アレレッexclamation&question

今まで空港のなかった静岡県に新しく 【 富士山静岡空港 】 がオープンしたのは、約2カ月前。

そう、せっかくだから新しい路線で駿河湾のお魚を食べに行ってみよう!! 
というアホな企画となったわけで・・・。

福岡から静岡に向かってま〜す 飛行機

no-title
     
遠くに小さく見えてきた富士山。 
富士の見える空港なんてちょっと素敵だけど、今日は見えないだろうなぁ。 

どんより曇り空の下、真新しい 富士山静岡空港 に着きました!!    まだ10時半 ♪

no-title
 

空港で手配したレンタカーは、2ドアのチョロQみたいな小さな車。
ナンバープレートは、ご当地ナンバーの 富士山 でした。

no-title

早速東名高速で日本屈指の漁港を持つ 焼津 まで。
本日のお昼ご飯は、インター近くの 【 焼津さかなセンター 】 内にある寿司屋の 『 山水 』 。

no-title

週末のお昼どきということもあって、満席でしばらく待つことに・・・・。

ココまで来たんだからやっぱり 大トロ丼 くらいは食べたいところだけど、
いろいろ話を伺っていると、裏メニューに 『 極上・大トロ丼 』 というのがあるらしい !!
迷わずそれを注文。    さすが静岡、わさびもデカイぞ。

no-title

通常の大トロとは色、つやともに全く違う極上モノ。  どうですか?  これで2000円也 るんるん
あまりのとろける美味さに、思わずガッツポーズ!   こりゃぁ最高だよ!!

妻が頼んだのは、新鮮な 『 お刺身盛り合わせ定食 』  普通の大トロが付いてます。

no-title


お腹がいっぱいになったところで、またまた、今日はETC割引が利くお得感のある高速へ。
向かった先は、静岡市の三保半島。
白砂青松の7kmの松林が続く羽衣伝説の新日本三景 【 三保の松原 】 です。

no-title

う〜ん、生憎の天気で、Wikiから借りてきた写真のようにはいかず・・・・

no-title

実際に海岸を歩いてみると、天女が舞い降りたにしてはちょっとグレーな砂浜でした。
しかも、波打ち際に近づくにつれて小石がゴロゴロ・・・。

no-title

よ〜く見ると、大人も子供もいっせいに水きり遊び ♪   なんだか不思議な光景です。
どこまでも広い太平洋、海に向かってピッピッと思いっきり投げたくなる気持ち、よ〜くわかるなぁ。

no-title

英科学雑誌ネイチャーによれば、水平から20度の角度で投げると最も跳ねやすいらしいんだって。

静岡といえばお茶どころ。  帰りのドライブでは車窓いっぱいに広がる茶畑がきれいでした。

no-title

雨も降り出してきそうなので、そろそろホテルに向かいましょう・・・・。

と、その前に、今、静岡で最も HOT! なところにちょっと寄り道。
団体の観光バスもひっきりなしに入ってくる見学者専用のパーキング 駐車場 に車を停めて、

no-title
 
パーキング裏の小高い丘にはたくさんの人たちが・・・・・・・。

no-title

その視線の先には、

no-title

先ほど降り立ったばかりの空港とヒコーキ。

今、静岡県民は、立ち木問題も記憶に新しい空港と 離発着する飛行機に大フィーバー exclamation×2 
ターミナルビルの中は、搭乗者よりも圧倒的に見学者が数を占めていて、売店も展望デッキもレストランも大混雑 あせあせ(飛び散る汗) でした。
空港内の駐車場が完全無料になっているせいか、雰囲気はまるでちょっとしたテーマパークのよう。

静岡県初の空港ということもあるけど、やっぱり注目度の高いのは地元企業が設立したエアライン 【 FDA フジ・ドリーム・エアラインズ 】

no-title

就航したのが10日前くらいの出来立てホヤホヤの飛行機に、雨にも負けず地元ファンの熱〜い視線が注がれてましたよ 目
posted by あんちゃん at 23:50| Comment(8) | TrackBack(0) | ぶらり・・・ 中部・東海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。