2010年02月08日

寒〜い朝だけど・・・ in Frankfurt

少し日が開いちゃったけど・・・・・、 先日の妻のお仕事日記の続きです(^^

フランクフルト3日目。  
部屋から見える朝8時頃の眺めです。  ようやく外が明るくなってきました。

no-title

こんな時間でもまだ太陽は顔を見せません・・。   今日も寒そう〜。
お仕事が始まる夕方まで時間があるので、朝はどこかでコーヒーでも飲みながら過ごそうかなぁー。

ホテルを出てテクテクと雪道を歩いていたら・・・・・・・、

ギョ、ギョッ exclamation×2        きょ、恐竜・・・発見 目

no-title

・・・とビックリして思わずつるっと グッド(上向き矢印) コケそうになったのは、【 ゼンケンベルク 自然博物館 】 
の庭にあるオブジェでした。
雪をかぶった姿が、より一層リアル感を出してます。
ここの最大の魅力がまさにこの恐竜。 ティラノザウルスとか翼竜などの化石が見どころだとか・・。

しばらく歩くと、ボッケンハイマー街道と交差するあたりに、なんだか奇妙な建物が・・・exclamation&question

no-title

地面に半分埋もれたヘンテコな建物は、地下鉄 【 Uバーン 】 の入口なんですよ〜。
『 ボッケンハイマー・ヴァルテ駅 』 です。    なんだかユニークですよねー(笑)

その駅から見える景色がこれ。

no-title

円筒形のゴシックの塔は、そのまんま駅の名前にもなっている 【 ボッケンハイマー・ヴァルテ 】
フランクフルトでは三角屋根の尖塔をあちこちで見ることができますが、
この塔は、ケルンに通じる街道の監視所として1435年に建てられたものだそうですよ。
上の白い八角形のところが部屋になっていて、多くの兵士が待機する番兵詰め所だったところ。
中に引っ込めることのできるハシゴでしか入れないようになってるんだって・・・。  へぇ〜 がく〜(落胆した顔)

そこからさらに歩くこと10分ほど・・・・
オーガニックスーパーに着きました ♪

no-title

普段からオーガニックにこだわっているわけではないけれど、ココは品揃えも豊富でおもしろいし、
ディスプレーも丁寧でキレイなので、ついつい足を運んでしまうんです。
イート・インもあるので、軽めの食事を楽しめるんですよ。

no-title

同じキャベツでも、日本のと違って頭がとんがってますよ △
こんな違いを見つけたりしながら歩くのって楽しいですよね〜 ♪♪

さてと、ゆっくり朝ごはんを食べたら、お土産にバウムクーヘンでも買って帰ろうかなー。 
posted by あんちゃん at 18:57| Comment(6) | TrackBack(0) | 妻のお仕事日記 ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

中世にタイムトリップ!!  in Heidelberg

フランクフルト滞在2日目。   今日は1日オフです。
朝、張り切って6時に起きたんだけど外はまだ真っ暗・・・・。 明るくなるのを待って出発します。

no-title

この冬、大寒波に見舞われているヨーロッパ。
今朝もどんよりした天気で、かな〜り冷え込んでます ふらふら

no-title

寒さ対策バッチリの重装備で向かっているのは、フランクフルト中央駅。
これから電車で約1時間半の 【 ハイデルベルク 】 へショートトリップを楽しんできまーす♪

no-title

列車の本数や種類が多いドイツは、たいていの国内移動であれば鉄道を使うのが便利です。
ドイツ鉄道 『 DB 』 のカウンターで、
「 ハイデルベルクへ行きたいんです。 」 と言えば、こんなのをプリントアウトしてくれました。

no-title

書かれていたのは 123 と、3通りのプラン。
電車の乗り継ぎ回数と料金が書かれていて、マーカーでちゃんと印をつけてくれました。
しかも、きれいに3つ折りにして渡してくれたんですよ〜 メール
さすが質実剛健なドイツ人、きちんとしてるなぁ・・。

no-title

ところで、ドイツの鉄道には改札というものがありません。
これは、地下鉄 『 Uバーン 』 とかトラムでも同じですが、車掌さんが検札に来たときに、
切符を持っていないと日本円にして4〜5万円 exclamation×2 の罰金を取られちゃうんですよ。
これ、落としちゃったとか車内で払おうと思った・・・なんて言い訳は通用しません。 

駅で買い込んだチョコレートとコーヒーを楽しみながらの車窓の旅 ♪
後方に流れていく雪原や林を見ながら、カタンコトンとレールの音が心地いいね〜。

no-title

車内アナウンスはもちろんドイツ語 あせあせ(飛び散る汗)
「 途中止まる駅は、○○ハイム〜、 △△ハイム〜 」・・って、やたらと・・ハイムが多いなぁ。
ちなみに、『 ハイム 』 って、ドイツ語で家とか人の住む場所って意味なんだって・・。

そうそう、日本でもブームの自転車、この電車ではフツーに持ち込み可能でしたよ。

no-title

途中の 『 マンハイム 』 って駅で乗り換えてるところです。   サム〜 雪
ハイデルベルクへは、あと10数分・・・・。

no-title

うっかり乗り過ごすこともなく、無事ハイデルベルク中央駅に到着しました るんるん
ここからさらにトラムで3駅目の 『 ビスマルク広場 』 がとりあえずの目的地。
駅の前は、見どころがいっぱい集まっている旧市街の入口になってます。

no-title

それでは、旧市街の目抜き通り 【 ハウプト通り 】 を歩いてみましょう。
この通りは、ヨーロッパ一美しい歩行者天国って言われていて、ショッピングに最適なんですよ。

no-title

カラフルな小物が並ぶ雑貨屋さんをブラブラと覗きながら・・・・ 目

no-title

ドイツ最古のハイデルベルク大学が設立されて以来、学生街として親しまれてきたこの街は、
戦禍を逃れたこともあって19世紀の面影がそのまま残ってます。

そういえば、社会人になってすぐの頃、友人とのドイツ旅行で一度訪れたこともありました。
ネッカー川沿いに広がる古都の雰囲気と丘の上のお城からの景色がとっても印象深くて、
いつかまた訪れてみたいなぁ〜って思ってたんです。

そんな想い出の 【 ネッカー川 】 までやってきました。    懐かしいなぁ〜 ♪

no-title

ハイデルベルクのシンボル的存在の 【 カール・テオドール橋 】 は、1788年に架けられた
街で最古の石橋です。

バロック風が特徴の橋門を橋の上からパチリ カメラ

no-title

カラフルな色使いが鮮やかですよね〜。

川の向こう側に広がるのは、あのゲーテが瞑想にふけりながら歩いたという 【 哲学者の道 】

no-title

そして、反対岸の丘の上に見えるのが、13世紀に創設された 【 ハイデルベルク城 】 です。 

no-title

そして、橋のたもとにはこんなサルが exclamation

no-title

手に持ってる丸いのは鏡。
『 これ(自分)を見ろ! 』 と見た人を諭してるらしい・・・。
何〜! 自分こそ見ろ!! と言いたくなるようなかわいくない姿ですよね〜 ちっ(怒った顔)

これから、さきほど橋の上から見た ハイデルベルク城 に登ってみようかな・・・。
トラムと坂道の2通りの行き方があるんだけど、昨夜の夜食を思い出して・・・・・、

no-title

坂道を登ります ダッシュ(走り出すさま)
これがまた、けっこうな急斜面!!   雪も積もってるし・・・・、う〜、キツイ あせあせ(飛び散る汗)

でも、汗かいて登った甲斐がありました〜。
お城のテラスから一望できるハイデルベルクの古い街並み。   キレイだなぁ ハートたち(複数ハート)

no-title

完成までに40年の歳月を要したといわれるお城の中をのんびりと散策・・。
なかでも、地下にある世界最大のワイン樽は一見の価値がありますよ 目

no-title

ちょっと暗くてわかりづらいけど、すっごく大きなワイン樽 exclamation×2   デカッ がく〜(落胆した顔)
巨大ワイン樽専用に建てられた建物の中は、ワインケラー特有の湿った香りがひんやりとしていて、
なんだか心地いいデス バー
ネッカー川沿いの一帯は、ドイツでも有数のワイン生産地ですからね〜。

お城の中を散策したあとは、下りはケーブルカーで・・・・。

no-title

城壁の下をくぐるように下りていくケーブルカー。
かなりの急勾配で、ちょっとしたアトラクションのようでした。

お腹も空いてきたので、町でいちばん賑わっていたレストランに入って昼食を レストラン
まずは、ホットワインであったまろー るんるん

no-title

口に含んだとたん、やさしい甘さとシナモン、グローブのいい香りが広がって・・・・
「 おいちー ♪ 」   心の中で叫んじゃった(笑)
いろんな野菜をグリルしたミックスプレートもオーダー。   これまた、おいちー ♪

no-title

ひとり旅でつまらないのは、美味しいものを食べても 「 美味しいね〜 」 って言い合う相手が
いないことですよね〜。
お店のお姉さんが、『 美味しい?? 』 と聞いてくれたので、
迷わず、『 美味しいです。 とっても・・・! 』 わーい(嬉しい顔)

お腹もいっぱいになったことだし、ぶらぶらと通りを歩いてみようかな。

no-title

ロマンチック街道のローテンブルグに本店があるクリスマスグッズの専門店
『 ケーテ・ヴォルファート 』 のディスプレー クリスマス      かわいいですね。

とっても懐かしい想い出いっぱいの街だったので、張り切っちゃって長くなってしまいました。
最後まで読んでいただいてありがとうございます ♪

ヨーロッパの冬は暗くなるのがとっても早いので、早めにフランクフルトに帰ろ〜っと 手(パー)
posted by あんちゃん at 20:19| Comment(8) | TrackBack(0) | 妻のお仕事日記 ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

昼夜逆転だけど・・・ in Frankfurt

妻のお仕事日記です 飛行機

シベリア上空を、夕日を追いかけるようにしてひたすらドイツへ向かってます。

no-title

予報によれば、フランクフルトの最高気温はなんとマイナス4℃・・・・たらーっ(汗)
でも、いざ着いてみると、予想してたほどの寒さじゃなかったので、ひとまずホッ わーい(嬉しい顔)

まだ寝るには早い時間なんだけど、明日は早起きしてどうしても行きたいところがあるので、
今夜は早めにベッドに入ることにしましょう・・。
シャワーを浴びてベッドで読書すること約2時間・・・・・・ 目
う〜ん、お腹が空いてどうにもこうにも寝れない・・・・・

時計を見るともう22時。  これから食べると全〜部脂肪になる時間帯か〜(悩)
でも、日本時間だと朝の6時だし、朝食だと思えば、ま、いっか・・・ グッド(上向き矢印)
・・・と一応悩んだ末にオーダーしたのがコレ ファーストフード

no-title

ホテル特製のハンバーガー & フライドポテトたっぷり乗せ & リースリング バー
「朝食でもこんなにしっかり食べないよ〜」という声が聞こえてきそうですが・・無視exclamation

あ〜、おなかいっぱいだ!  
完全に昼夜逆転しちゃってるけど、明日のためにおやすみなさ〜い 眠い(睡眠)
posted by あんちゃん at 23:20| Comment(4) | TrackBack(0) | 妻のお仕事日記 ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

Air Pollution ・・・って?  〜 香港 〜

今年最初の妻のお仕事日記 飛行機 は、小雨が冷たい香港から・・。
今年もよろしくお願いいたします。

昨日の夜ホテルの部屋に入って、今朝はもう出発なので、
ど〜こにも出ずに部屋からボーっと外を眺めています。

no-title

それにしても、香港のビルの高さには目を見張りますよね〜 目
ホテルの窓から見えるこのビルも軽〜く50階はありそうだけど、
周囲には同じ高さのビルが何棟も壁のように建っているんです。
日本人なら誰しも 「 地震がきたらどうするの がく〜(落胆した顔) 」 と思ってしまう光景ですが・・・

『 香港は地震がないから高いビルも大丈夫ってのは本当なの・・???? 』
・・って、香港人の仕事仲間に以前聞いたことがあるんですけど、
体に感じる地震っていうのはホントにないらしいです。
だから彼女は日本のホテルで地震を初めて体験し、心底ビックリしたそうです。

ビルの高さ以上にビックリするのが、この建設現場の足場 exclamation 

no-title

よ〜く見てください。 「 竹 」 でできてるんですよ。
私の見たところでは、どんな高いビルでも足場は 「 竹 」 で組まれてます。
さすが 「 雑技団 」 の国だわ〜っ あせあせ(飛び散る汗)    妙に納得させられます。

日本じゃちょっと考えられませんよね〜。

ところで、香港で年々深刻化しているのが、大気汚染。
最近では、あの風光明媚なビクトリア港もスモッグで視程がきかない日も多いとか・・・。
ホテルの部屋で何気に見ていた天気予報 目 

no-title

【 Air Pollution 】 っていうのは、空気汚染指数のこと。
なんでも・・・、
指数が50以下では 『 良好 』 、
100以上になると、『 循環・呼吸器系に疾患を抱える人は外出を控える 』
200以上だと、 『 健康な人でも外出を控える 』
・・とアナウンスされるらしいです。

今日の香港、ちょっと汚れてそうですね・・。 
posted by あんちゃん at 23:55| Comment(6) | TrackBack(0) | 妻のお仕事日記 ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月30日

パワーブレックファースト♪ in Los Angeles

今年最後の妻のお仕事日記です 飛行機 

朝の太陽がまぶしい 晴れ ロサンゼルスのホテルのバルコニー。
お昼の便で日本へ帰ります。

no-title

1階にあるカフェで買ってきたクロワッサンサンドとクランベリーマフィンにスタバのコーヒーで、
至福のパワーブレックファースト exclamation

来年もよろしくお願いします。。    皆様、どうぞ良いお年をお迎えください。



posted by あんちゃん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 妻のお仕事日記 ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

ボン ジョルノ from Milano  〜 2日目 〜

ぐっすり快眠、朝7時にはすっきり起床 目      おはようございま〜す!!
今日の夜には日本に帰るので、せっかくのミラノ滞在、1分たりともムダにはできませんっ!!

no-title

まずは、ホテル近くのカフェで朝ごはん 喫茶店

no-title

清潔感あふれるオシャレな店内。   チョコクロワッサン & カフェオレ、おいしい〜♪

no-title

早朝の静かな 【 Via Spiga ( スピガ通り ) 】 
カジュアルなブランドや小物を扱っているお店が多いので、のんびり歩きたくなる通りです。

no-title

通りを抜けると建物の間にほ〜ら、見えてきました グッド(上向き矢印)
ミラノといえば、コレ・・・・。

no-title

繊細だけど巨大な 【 Duomo ( ドゥオモ ) 】 ですよね。
500年もの歳月をかけて完成した大聖堂は、世界最大のゴシック建築です。
数年にわたる改修工事を終えた今は、うす桃色の大理石で造られた美しい姿を見せてくれてます。
108.5mもある最も高い尖塔には、街を見守る黄金のマリア像が立っているんですよ。
あ、ズームで撮るの忘れちゃった・・。        小っちゃいけど見えるかなぁ??

そしてなんと、あの荘厳な雰囲気の屋根の上は歩くこともできるんです。
エレベーターと階段があるんだけど、ここは迷わず階段で あせあせ(飛び散る汗)

no-title

50mの屋上までイッキに、らせん階段をせっせと登りまーす ダッシュ(走り出すさま)
これ以上登ると目が回っちゃうよ ー(長音記号1)ー(長音記号1)       と寸前のところで屋上に到着!

no-title

教会の屋根の上を歩き回るなんて、日本人の私にはなんとなくバチあたりな感じがするんだけど、
135本の尖塔それぞれには美しい彫刻が施されていて、間近で見るとかなり繊細です。

下に降りると、そこはミラノの中心地 【 ドゥオモ広場 】

no-title

でっかいクリスマスツリーもどことなくオシャレな雰囲気ですよね。

ドゥオモの隣には、1942年に完成したという壮麗なガラス張りのアーケード 
【 ヴィットリオ・エマヌエーレ2世ガレリア 】 が、ドゥオモ広場とスカラ座を結んでいます。

no-title

鉄とガラスでできた巨大なドーム型の天井の横には、4面のフレスコ画。
それぞれ、アメリカ、ユーラシア、アフリカ、ヨーロッパの4大陸をイメージしているんだって。

no-title

ドームの継ぎ目も芸術的・・・・。    多分、世界で一番豪華なアーケードかも・・・・。

1890年に創業の 『 Giovanni Galli 』 は、マロン・グラッセで有名な老舗。

no-title

ディスプレイ、かわいい〜 揺れるハート

no-title

お土産に、マロングラッセ と チョコウェハース を買いました ♪

1883年創業の 『 Peck 』 は、日本でも高島屋に入っていてわりと有名な惣菜屋さん。

no-title

色とりどりでとっても美味しそう・・・。         ここはちょっとフンパツして、
白トリュフ入りのパスタと白トリュフのオイル、ボッタルガ(からすみ)の瓶詰めを買っちゃお。

お昼ごはんは、【 La Rinascente 】 っていうミラノで1軒しかないデパートの
『 モッツァレラ・バール OBIKA’ 』 で。

no-title

ここのオープンテラスは、ドゥオモを横に見ながらゆっくりと食事ができるのでオススメですよ。

スカラ座前の電車道。    黄色い路面電車が石畳の街にしっくりマッチしてますよね〜。

no-title

あ、右側にちょこっと写っているのが、世界的なオペラの殿堂 【 スカラ座 】 です。
内部の装飾はまばゆいらしいんだけど、外観は意外に地味なんデス。

そして、ミラノに来たらやっぱりショッピング ♪
ちょっと早いクリスマスプレゼントは、スピガ通りの 『 Sermoneta Gloves 』 で。
革のグローブ、あんちゃん用と自分用を買いました。

no-title

セルモネータのグローブは、革も柔らかくて裏地もカシミアやウールを選べて暖か〜♪なんです。

あっという間だったけど、次回は、ダ・ヴィンチの 『 最後の晩餐 』 を見てみたいなぁ。
あと、ピサの斜塔とかも・・・・。
posted by あんちゃん at 18:44| Comment(6) | TrackBack(0) | 妻のお仕事日記 ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

ボン ジョルノ from Milano  〜 1日目 〜

妻のお仕事日記デス 飛行機

成田を正午に離陸してひたすらひたすら西へ・・・。     ゴー ウェ〜スト ♪

no-title
  
ず〜っと夕陽を追いかけてるので、ロシア上空を厚く覆ってる雲はどこまでも薄〜いピンク色です。

だだっ広いドイツを飛び越えると、眼下はスイス。
4000メートル級のアルプス山脈がきれいに見えてきました 目

no-title

カミソリのような稜線と氷河に削られたような深〜い谷。
思わず見入ってしまうこの光景、あとひと月もすると黒い部分も全て雪で真っ白になるそうですよ。

no-title

アルプスを越えて左側に見えてきたのは、スイスとイタリアにまたがる 【 マッジョーレ湖 】

no-title

かつてヨーロッパの王侯貴族が夏の別荘を建てた気品あふれる高級リゾートです。
湖水地方ともいわれるこのエリア、近くには有名な 【 コモ湖 】 もありますよ。

美しい山々に感動しちゃって前フリが少〜し長くなってしまったけど あせあせ(飛び散る汗)
あと1時間ちょっとで、 【 ミラノ・マルペンサ国際空港 】 に着陸しま〜す。。
ちなみに、スリーレターコードは MXP。  イタリアっぽくミックスピザって呼んでます(^^;

時間は夕方の5時過ぎ・・・・・。
快晴のお天気 晴れ ということもあってか、気温は12℃もあって予想していたより暖かいなぁ。

ホテルに荷物を置いて早速タクシーで向かったのは、ミラノの中心部にある OSTERIA 
『 LA RISACCA ゜6゜ 』    シーフードが美味しいお店らしいです。  楽しみ〜 るんるん

まずは、疲れた身体に癒しの一杯 バー を・・・。   辛口のスプマンテでカンパーイ グッド(上向き矢印)
アンティパストには、冬が旬の野菜プンタレッレ。  

no-title

これがまたシャキシャキで美味しいのなんのって・・・・。
エビとクレソンの和え物もシンプルだけど、とびきり大満足なお味です。

no-title

7時に入ったときにはだだっ広い店内に私達以外誰もいなかったのに、9時過ぎには満席に・・・。
地元ミラノでもかなりの人気店みたいです。
〆は、ミラノ名物のリゾットで。  イカスミのコクがたまりません わーい(嬉しい顔)

no-title

食べるものにもうるさいミラネーゼの胃袋を満足させるだけあって、 ☆☆☆ の晩ご飯 ♪

だけど、とたんにモーレツな睡魔が・・・・・・・・眠い(睡眠)
だって今は日本の朝4時。  昨日の朝4時に起きたので24時間起きっぱなしなのでした。
シャワーを浴びて、倒れるようにバタンQ!      それではおやすみなさ〜い 手(パー)
posted by あんちゃん at 13:43| Comment(6) | TrackBack(0) | 妻のお仕事日記 ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月29日

ホリデーシーズン到来♪ in Chicago

妻のお仕事日記デス 飛行機

一昨日からシカゴにいます。
出発する直前の予報は雪 雪 だったんだけど、着いてみればうれしい晴れ 晴れ
でも、1ヶ月前に来た時よりは、かな〜〜〜り寒くなってマス。  気温は、納得の0℃でした・・。

到着日はちょうどサンクスギビングデー明けの金曜日だったんですけど、
この日が 【 ブラックフライデー 】 って呼ばれるの知ってました?
『 ブラック・・・ 』 って、悪い意味ではなくて、この場合の和訳は、『 黒字の金曜日 』
デパートが赤字続きでも、今日の売り上げで帳簿が黒字になっちゃうって意味なんだって。

いつも行くモールも気合入ってます exclamation

なんと、朝の5時から夜10時まで、ドーンと17時間営業 exclamation×2
午前中はそれほどでもなかったけど、午後になるとクリスマスプレゼントを買う人・人・人・・・

no-title

モールの中の特設クリスマス村 クリスマス も、たくさんの子供達で賑わってました。

クリスマスシーズン到来 ♪ ということで、ジャ〜〜ン、クリスマスケーキ バースデー ・・・・・・

no-title

・・のようなユッケを食べてきました わーい(嬉しい顔)
posted by あんちゃん at 23:55| Comment(7) | TrackBack(0) | 妻のお仕事日記 ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月17日

雨上がり ♪ in LONDON

あっという間のロンドン・・・・。    今日の午後にはもう日本へ帰ります。

no-title

朝早く目が覚めたので、駅近くのサンドウィッチ屋さんに朝食でも食べに行こうかな・・・・
と思って出かけたんだけど、すっかり雨も上がってあまりの気持ちよさについつい
【 ケンジントン・ガーデンズ 】 まで来ちゃいました あせあせ(飛び散る汗)

no-title

荘厳な門の奥は、もともとはヘンリー8世の狩猟場として使われた広大な敷地だったところ。
故ダイアナ妃が新婚時代から亡くなるまで長く過ごしたケンジントンパレス横に広がる広大な庭は、
まるで都会の真ん中にあるのを忘れさせてくれるようです・・・。

no-title

天気が変わりやすいこの時期のロンドン。
晴れたと思ったら突然降りだしてきた雨に、思わず入ってしまったオーガニック・カフェは、
偶然にも昨年の旅行で滞在したパリですっかりお気に入りのお店 ♪

たっぷりのカフェオレとパンが美味しい 『 Le Pain Quotidien 』

no-title

オリジナルのピーナッツバターとホワイトチョコレートのジャムをお土産に、
帰りの12時間、ガンバロー!!
posted by あんちゃん at 19:33| Comment(7) | TrackBack(0) | 妻のお仕事日記 ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

もうすぐX’mas♪ in LONDON 

妻のお仕事日記デス 飛行機

どこまでも続くシベリアの大地を越え、北海も飛び越えて・・・・・・
ようやく前方にグレートブリテン本土が見えてきました。

no-title

あ〜ぁ、今日は生憎の雨模様 雨
部屋の窓からは遠くに大観覧車の 【 ロンドン・アイ 】 が見えるはずなんだけど、
残念ながら雨に霞んじゃって見えませんね。

no-title

時計を見るとまだ3時過ぎ 時計      でも、寒いのは大の苦手なので、
近くのスーパーで買い物して、今日は夜まで部屋にお篭り。    読書三昧で〜す 本  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日はのんびり読書三昧・・・・・・のはずが、3行も読まないうちに 眠い(睡眠) 眠い(睡眠) だったので、
目覚めスッキリの2日目の朝です。   おはようございまーす ♪

1863年開業 ( 江戸時代!! ) の世界最古の地下鉄 【 チューブ 】 で3つほど行った
トラファルガー広場にあるのは、国立美術館の 【 ナショナル・ギャラリー 】
その中にある 『 ナショナル・カフェ 』 でまずは朝ごはん。

no-title

平日の静かな雰囲気は、ゆったりとイングリッシュ・ブレックファスト レストラン を楽しむのに最高デス。
卵料理は、ポーチドエッグにしてもらいました。

no-title

ちょっとちょっと・・・・、コレ焼きすぎてな〜い??
・・と思わずツッコミたくなるような真っ黒に焼かれたハムは、なんと豚の血が入ったハムでした あせあせ(飛び散る汗)
もうひとつの黒こげチックなのは、元から真っ黒なキノコだって・・・・。
見た目はインパクト大!!だけど、あまりクセのない味でした。   でも普通のがいいなぁ。
いちばん美味しかったのは、ラズベリーのジャムとミルクティーだったかな・・・・・(^^;

お腹も満足したら、隣のナショナル・ギャラリーでじっくりと絵画鑑賞でも・・。  芸術の秋だし。
パリのルーヴルだと写真はオッケーなんだけど、ココはダメなんですよね〜。

ゴッホの 『 ひまわり 』 をじっくりと。

Wikipediaからお借りした絵がこちら・・・。

no-title

『 ひまわり 』 っていえば、誰もが知ってる花瓶に挿された向日葵なんだけど、
同じ構図で描かれたものが全部で7点あるんですって・・・・。 微妙に本数が違うらしいですよ。
ここ、ナショナル・ギャラリーに展示されているのは、 『 15本の向日葵 』 でした。
同じ15本でも、以前、日本の保険会社が購入したのは、製作年が異なる別の 『 ひまわり 』
当時、58億円 たらーっ(汗) で購入したことで話題になりましたよね。

食欲の秋と芸術の秋をたっぷりと堪能したら、軽〜くスポーツの秋のお散歩でも・・・。

どんより雨空の下、向かったのは多くの人でごった返すロンドンの中心 【 ピカデリー・サーカス 】

no-title

左側に建っているのが、ギリシャ神話の愛の神エロスの像。
キューピッドって言ったほうがわかりやすいですね。

名建築家 ジョン・ナッシュ が造った、カーブが美しい 【 リージェント・ストリート 】

no-title

曲線が美しいだけに、ロックンロールな髪型のリーゼントの語源となった通りなんですよ。
意外なつながり、おもしろいでしょ?

横に入ってみた細い通りは、クリスマスのデコレーションで賑やかでした。

no-title

1875年創業の老舗デパート 【 Liberty 】 もすっかりクリスマスムード ぴかぴか(新しい)

no-title

間口は狭いけど奥深くまで広がるこのデパートは、なんと木造なんですよ がく〜(落胆した顔)
店内はクリスマスプレゼントを買う人でいっぱいでした。

no-title

リバティを出て少し歩いたところにあるのが、【 オックスフォードの交差点 】
何の変哲もない交差点だけど、この11月からロンドンで初めての試みを取り入れたんですって。
さて、なんでしょう??

no-title

答えは、ジャーン 演劇   はい、スクランブル交差点 でした。
2012年のオリンピックに向けての混雑緩和 & 再開発の一環らしいんだけど、
モデルになったのは、あの巨大な 『 渋谷のスクランブル交差点 』。
ロンドン市民にとっても、かなり便利になって好評だとTVで言ってました・・・・。

今回のお買い物のお目当ては、ココ 【 Cath Kidston 】

no-title

花柄プリントが有名なお店なんですよ。   花柄意外にもいろんなデザインがあるんだけど、
自転車を買ったばっかりなので、カウボーイ柄のメッセンジャーバッグをお土産に購入 るんるん

肩にかけるベルトも色がきれいで、とっても気に入っちゃった グッド(上向き矢印)

お店を出る頃には、まだ5時過ぎなのに外は真っ暗・・・。 冬のヨーロッパは夜が早いんだよね〜。
さ〜てと、ゆっくりお風呂に入ろうかな・・・。
posted by あんちゃん at 23:55| Comment(6) | TrackBack(0) | 妻のお仕事日記 ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

オータム IN シカゴ  〜 2日目 〜

昨日はあんなに寝たので、目覚まし時計はいらないだろう・・・・と思っていたのに、
目が覚めたら、11時40分 目 ・・・・ エッ どんっ(衝撃)

お昼の待ち合わせまで、あと20分じゃん あせあせ(飛び散る汗)

バタバタと準備を済ませて出かけた先は、モールの中のレストラン。

no-title

ココは、自分の好きな野菜を選んでオーダーするとチャーハンや焼そばを作ってくれるんですよ。

いろんな野菜の中から好きなのを選んで・・・、

no-title

せっせとボウルに入るだけ詰めていきます ♪

no-title

好きなソースを選んで・・・・、

no-title

シェフにお願いすると、

no-title

はい、こんなのが出来上がりま〜す exclamation

no-title

出来上がるとフツーの焼そばなんだけど、選べる過程が楽しいんだよねー。
ソースもいろんな種類からチョイスして自分で混ぜ合わせて作るので、
う〜ん たらーっ(汗) なんて出来ばえのときもあるんだけど、それも自己責任ということなんですね あせあせ(飛び散る汗)

おなか一杯になったあとは、ブラブラとモールの中をお買い物。

no-title

『 H&M 』 や 『 FOREVER 21 』 で、安くて可愛い服を買おうと思ったけど、 
私が千円ちょっとのセーターや3千円くらいのコートを買って帰って自慢すると、
あんちゃんが必ず、
『 洋服とか靴はね、ちょっと高くても良いのを買って長〜く着るほうがよいのだよ!! 』
・・・・・とお説教するので、今日はやめておきます バッド(下向き矢印) 

というあんちゃんも、アバクロのセール品をお土産に買って帰ると喜ぶくせに・・・・・ね。

キッチン用品のお店を覗いてみました。 
パーティー用の大きいお皿などが売っています。
重いので買って帰れないけど、こういうのって見てるだけで楽しいんだな るんるん

no-title

お店の前を通るだけでイイ香りがするのは、『 ヤンキーキャンドル 』
ニューヨーク生まれのキャンドル専門店です。
今の時期は、シナモンやバニラ系のクリスマスの香りでいっぱいです。

no-title

クリスマスに備えて、冬の香りのキャンドルを購入しました。

no-title

さ〜てと・・・・・・・寝て、食べるだけではいけないので、
これからホテルに帰って、Gymで走ってきま〜す ダッシュ(走り出すさま) ダッシュ(走り出すさま) ダッシュ(走り出すさま)
posted by あんちゃん at 12:44| Comment(8) | TrackBack(0) | 妻のお仕事日記 ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オータム in シカゴ

こんにちは。  妻のお仕事日記です 飛行機

今、シカゴに来ています。
気温は10℃ ・・・・・・・ 寒いです 霧

ホテルにバスで着いたとたんにとっても可愛いお迎えが ハートたち(複数ハート)
ゆっくり、ヒョコヒョコと・・・・・

no-title

ホテルのスタッフによると、
『 彼らはファミリーで時々ああやって散歩してるんだよ〜 』 だって。
一番後ろの二羽は、ときどき立ち止まってはキョロキョロと辺りを見回して遅れをとってました。
かわいい〜 わーい(嬉しい顔)

いつも行くスーパーでは、ハロウィンの飾りつけがにぎやかです。

no-title

かぼちゃも、ほ〜ら こんなにいっぱい グッド(上向き矢印)

no-title

ハロウィン、クリスマス、ニューイヤーズディ・・・と続くこの時期は、
一番ワクワクする季節なんでしょうね〜 ♪

山盛りのリンゴの棚の横に、こんなの発見 目

no-title

『 キャラメルアップル 』 って、リンゴ飴のようなものなのかなぁ??
とっても惹かれたけど・・・・・
これを食べ終えるにはどんだけリンゴ飴を食べないといけないの〜!? 
・・・・・・と、買うのはあきらめました。

今日の晩ご飯は、私の一番好きな 『 Asian  Bistro 雅軒 』 へ。
ここは野菜を使った料理がとっても美味しいんですよ。

マーボ茄子、最高 グッド(上向き矢印)

no-title

そして、この店一押しはこれデス。  『 火鍋 』 ・・・・日本でも最近よく見かけますよね。

no-title

辛いスープとマイルドなスープの2種類が一度に楽しめます。
張り切って具を一度に入れすぎると、スープが越境して混ざってしまいますのでご注意ください!!
私はしっかり越境させてしまって、みんなからブーイング・・・・・。
はいはい、スミマセン バッド(下向き矢印)

あまりにも美味しかったので、調子にのって紹興酒を沢山飲んじゃいました あせあせ(飛び散る汗)

しっかり昼寝をしたのに、ホテルに帰ってメールをしてたら携帯を手にしたまま寝てしまってたよ 眠い(睡眠)
posted by あんちゃん at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 妻のお仕事日記 ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月16日

街歩き in Chicago  〜 Part4 〜

こんにちは。
妻のお仕事日記です。
 
成田を離陸して7時間、今はカナダのバンクーバーを過ぎたあたり。

no-title

どこまでも真っ暗だった空に太陽の光が射しはじめます。
光のグラデーションがキレイ・・・。  何度見ても感動する 高度12000mの夜明けです。

真冬になると鼻の中が凍るほど寒〜いここシカゴも、今はまだ日本とそれ程変わらない気温。
ちょっと肌寒いけど、ひんやりしていて気持ちイ〜イ 晴れ

いつものようにスーパーで買い物をすませたら、部屋に戻ってお休みなさ〜い 手(パー)
時計を見るとまだ朝の10時過ぎ・・・・・・
これから1日が始まるような時間にベッドに入ってしまうのはもったいない様な気がするけれど、
日本は深夜の1時過ぎ・・・・・・・   やっぱり眠さには勝てませんって 眠い(睡眠)

しっかり眠ってシャワーを浴びてスッキリしたら、外はもう真っ暗!  よく寝たなぁ・・・。
みんなで行く今日の晩ご飯は、南部料理が美味しいレストランへ るんるん

no-title

カニやエビ、オイスターがオススメの店ですが、

no-title

やっぱり南部料理といえば・・・・・・・・・・ アレですよね〜 あせあせ(飛び散る汗)

no-title

ビビッてしまってややピンがボケているこの肉料理は、ア、ア、アリゲーター どんっ(衝撃)
キャァ〜〜〜〜〜、大っ嫌いな爬虫類を食べるなんて〜 がく〜(落胆した顔)

勇気を出してひと口パクリ!!
カレー味のとってもスパイシーな味付けで、白身魚のようなチキンのような食感でした。
う〜〜ん、ビミョウ。。 ワニはキライです。

大好物の牡蠣は、チュルッと美味しかったですよ。

no-title

スパイシーに味付けされたエビもなかなかGoo−!!

no-title

お仕事の疲れは食べてばっかりじゃダメ!  しっかり汗をかいてリフレッシュすることも大切です。

no-title

近くのショッピングモールでは、早くもクリスマス クリスマス の飾りつけの準備が・・・・・。
サンタクロースもい〜っぱいスタンバってましたよ。。

no-title

ジングルべ〜 ♪  ジングルべ〜 ♪♪ まで、あとふた月・・・。    楽しみですね。
posted by あんちゃん at 23:55| Comment(6) | TrackBack(0) | 妻のお仕事日記 ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

またも・・・夏 @ Singapore

大好きな夏が終わり、ちょっと寂しい気持ちになっていましたが・・・
コチラは、まだまだ夏真っ盛りですよ グッド(上向き矢印)

またまた妻のお仕事日記デス 飛行機

昨夜シンガポールに到着して、仕事仲間と向かったのは、ホテル近くの チョンバル・マーケット。
その近くにある 『 Por Kee (波記) Eating House 』 で遅めの夕食です。
ちゃんとした円卓なんだけど、これ、雨が降ったらどうするの・・?って感じのオープンエア
( 聞こえはいいけど、単に空き地 ) にあるテーブルなんです。

no-title

その住所の番地から通称 ‘ 69番 ’ のオススメは、なんといっても シャンパン・ポークリブ ! 
ホンモノのシャンパンに漬け込んだポークリブが黒々と照りがあって激ウマです。
ふんわりした蒸しパンに挟んでいただきま〜す。
例のごとく、食べるのに夢中で、写真撮るの忘れてました ふらふら

   ・・・・・・ 眠い(睡眠) 眠い(睡眠) 眠い(睡眠) 眠い(睡眠) 眠い(睡眠) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 眠い(睡眠)

目が覚めてカーテンを開ければ、見事な朝焼け ♪

no-title

帰りの便は、今日の深夜なので昼過ぎまではお散歩をエンジョイしちゃおうかなー。

タクシーで向かったのは、目抜き通りの 【 Orchard Road 】

no-title

その一角にある高級東南アジア系列デパート 『 PARAGON 』 の食品売り場。
いくら高級な雰囲気でも、地下食に下りればどこからともなくプ〜〜ンと漂ってくるあの香り・・・・
言葉は悪いけど、ちょっと生ゴミチックななんともいえない匂いの元をたどっていくと・・・・

no-title

果物の王様 ドリアン のパック詰め!!!      う〜、たまらなく芳しいデス ふらふら

こんなのもありました。
ず〜っと前にインドネシアのバリで食べたことのある サラック。

no-title

果皮はヘビのウロコそのもので、スネークフルーツとも呼ばれてます。
でも名前とは裏腹にその中身は、さわやかな酸味と甘みのあるジューシーなお味。  シャリシャリした食感が美味いですよ。

パラゴン の中にある庶民派レストランでの昼食 レストラン は、身体に良さそうなスープとミーゴレン。

no-title no-title 

こちらは、今回のお土産 シンガポール名物の 『 Kaya 』

no-title

シンガポールの朝食やおやつの定番といえば、少し甘めのカヤトースト。 
ココナッツミルクと卵と砂糖から作られたジャムで、家に帰ってからもシンガポール気分を味わえる
ってワケです ♪

さ〜てと、コレを書いてる明日からは、またまた秋のシカゴに2泊4日で行ってまいりま〜す!!
posted by あんちゃん at 13:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 妻のお仕事日記 ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

ぶらり・・・・テムズ川

ロンドン滞在2日目です。

昨日は早く寝たので、目覚めもスッキリ 目   今日もイイ天気だしうれしいなぁ ♪
部屋でじっとしているのもなんなので、朝ごはんを食べにテムズ川沿いを散歩してみましょう グッド(上向き矢印)

『 MansionHouse 駅 』 で降りて少し歩くと・・・、【 セントポール大聖堂 】 が見えてきます。

no-title

ガイドブックによると、セントポール大聖堂 は市民に長〜く愛されてきた寺院で、
第二次世界大戦のときも、チャーチル首相の「 セントポールズを救え! 」という呼びかけのもと
市民たちの手によって奇跡的に戦火を免れた・・・・らしいです。
フムフム・・・・

その寺院から真っ直ぐテムズ川に向かうと、正面に見えてくるのは 【 ミレニアム・ブリッジ 】 

no-title

その名のとおり2000年を記念して架けられた歩行者専用の橋です。
当初は揺れると不評だった橋も、歩いてみると今はそうでもなく、伝統とモダンが混じりあった街に
すっかり溶けこんだ近代的な橋でした。

no-title

あ〜、イイ天気 晴れ
遠くに 【 タワーブリッジ 】 と、
「ロンドン橋落ちた〜」 の歌で有名な 【 ロンドンブリッジ 】 が見えてます。

no-title

子供ながらに 不吉な歌だな〜 たらーっ(汗) と思いながら遊んだのを思い出しながら、ぶらぶら・・・

天気のいい週末のロンドン、ヨーロッパ各地からの観光客で賑わってます。
川沿いのレンガ道には古い宿屋やPUBが並んでいて、雰囲気がいいですよね〜。

no-title

ちょうど今日から 『 テムズ川フェスティバル 』 が開催されるようですよ。

no-title

花火や大道芸、砂浜ウォークなどいろんなイベントが楽しめるみたい・・・。
楽しそうなのになぁ・・・・・  う〜ん、見れなくて残念 もうやだ〜(悲しい顔)

そろそろおなかも空いてきたので、 『 プレタ・マンジェ 』 でブランチ ファーストフード

no-title

ロケット & シュリンプサンド と 温か〜いカフェラテ・・・・・最高デス るんるん

おなかも満たされたことだし、さ〜どんどん歩きましょう 次項有

通称 『 ガーキン (小さいキュウリ) 』 の名前で知られるロケット型のビル。 
保険会社のビルだそうです。

no-title

視線の先にはテムズ川のランドマーク 【 タワーブリッジ 】 が近づいてきました。

no-title

テムズ川に架かる橋の中でも、ひときわ美しい高さ42.4mの跳ね橋です。
現役の跳ね橋だけど、今ではめったに跳ね上がらないんだって・・・・。

下から見るとかなりの迫力!!   橋の上も観光客でごった返しています あせあせ(飛び散る汗)

no-title

橋近くのテラスではフェスティバルが開催中・・・(^^

no-title

川沿いにある出店で、ロンドンのモノクロ写真を2枚、お土産に買いました。 
最近模様替えした部屋のデスクの前に掛けるのにいいかな〜と思って・・・。

no-title

「 ビッグベンとロンドンアイ 」は即決だったんだけど、あと1枚どれにしよ〜〜。
店主の写真家 Hugh Sunさん に、どれがオススメですか〜?って聞いたら、うれしそうに、
「 セントポール大聖堂 」 の写真を選んでくれました。
部屋に飾るのが楽しみ るんるん

橋を渡るとすぐ左手に、かつて歴代の国王が住んだ場所 【 ロンドン塔 】 があります。

no-title

その後は罪人を幽閉したり処刑する場所としても使われたらしいですよ。
王宮から処刑場へと姿を変えた歴史ある建物は、夜になるとコワそうですね がく〜(落胆した顔)

まだまだ散歩を楽しみたいところだけど、そろそろ部屋に帰って仕事の準備をしとかないと・・・・・

no-title

今度来る頃には寒くなってるんだろ〜な〜 手(パー)
posted by あんちゃん at 08:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 妻のお仕事日記 ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

お散歩 in Notting Hill

妻のお仕事日記デス 飛行機

香港旅行の前なので、ちょっと間があいてしまいましたが、先日ロンドンに行ってきました。

今回は、昼過ぎに LON に到着。
1泊して次の日の夕方にはもう出発という、24時間ちょっとの超短期滞在です・・・あせあせ(飛び散る汗)

no-title

ホテルの部屋に入って着替えたら、すぐ近くの 【 GLOUCESTER ROAD駅 】 へ。

そして、地下鉄 TUBE で向かった先はここです。   【 NOTTING HILL GATE 駅 】

no-title

今日は土曜日なので、ポートベロー通りにアンティークの出店が並ぶんですよ ♪
夕方の5時過ぎには店じまいするようだけど、間に合うかな・・・・・

no-title

【 ノッティングヒル 】 は、ちょっとハイソでオシャレな人達も住む町なんだけど、
タトゥーを入れる店やパンクの人向けの店もあったりして、色々なものが混在している町なんです。
ん〜、東京でいうと代官山あたりのイメージかな?

カラフルな建物がとっても楽しい 【 ポートベロー通り 】

no-title

アンティークやハンドメイドのジュエリー、それに絵とか古着のお店が軒を連ねてます。

no-title

no-title

このあたりは、映画 『 ノッティングヒルの恋人 』 の舞台としても有名ですよね。

no-title ジュリア・ロバーツ と ヒュー・グラント 主演のこの映画は、
 私の 大・大・大好き♪♪ な映画のひとつです。
 流れてる音楽が最高にいいし、
 緑豊かなロンドンの景色や、仲間とのやり取り、
 そして何よりも 幸せな気分になれるハッピーエンドが最高で、
 DVDとサントラ盤を買って何度も観たものです わーい(嬉しい顔)




ほら、このお店、覚えてますか?

no-title

ヒュー・グラント が経営してる トラベルブックショップ という設定でしたね。
実際には、普通の雑貨屋さんでした・・・・・。

残念ながら通りの出店はほとんど店じまいしていて、収穫はありませんでしたが、
吹き渡る秋の風を感じながら散歩を楽しめて、満足、満足 exclamation

スーパーのデリで食べ物を買って、部屋ゴハンして、
お風呂にゆ〜っくり入ったら、今日は早めにお休みなさい 眠い(睡眠)
posted by あんちゃん at 23:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 妻のお仕事日記 ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

いいことありそう・・・♪ 【 宝島 】

妻のお仕事日記です ♪

亜熱帯の島々、奄美諸島の中にある徳之島まで往復してきました。

no-title

ざわわ〜、ざわわ〜と吹きぬけていく風が気持ちいい、のどかな空港です。

途中、トカラ列島上空で雲の合間に見えたのが、ハートの形のラッキーな小島。

no-title

スティーブンスンの小説 『 宝島 』 のモデルになったといわれる、その名も 【 宝島 】 です。
隆起サンゴ礁でできている島なだけに、島内には鍾乳洞がたくさんあるらしく、なかには海賊が財宝を隠していると伝えられている洞穴もあるとか・・・・・。
ちょっとロマンありますね。

歴史を紐解いてみれば、1824年に実際にイギリス船が侵略したという記録も残ってるみたいで、

no-title

なるほど、確かに 『 イギリス坂 』 って地名がありました。

久しぶりの 見えたらラッキー♪ な秘境の離れ小島・・・・・・皆様にもいいことありますように。
ラベル:横浜 日記 写真 宝島
posted by あんちゃん at 23:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 妻のお仕事日記 ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月01日

街歩き in LONDON

ロンドン3日目。
仕事が始まるのは夕方なのでお昼過ぎまではフリータイム ♪
『 チューブ 』 の愛称で知られる地下鉄で5分のところにあるカフェで朝ごはん 喫茶店 

no-title

すっかり秋の気配さえ感じる空は、うれしいことに雲ひとつない快晴です。
風が少し冷たくて気持ちいいのでテムズ川沿いを散歩してみます ♪
さあ、どんな街歩きになるのかな・・・・・?   

まずは、【 B.A.ロンドン・アイ 】     
シンガポールフライヤー に次いで世界2位の大きさを誇る観覧車です。

no-title

《 B.A.》 っていうのは、ブリティッシュ・エアウェイズのスポンサードを受けているため。
なので、チケットは 『 搭乗券 』、チケット購入は 『 搭乗手続き 』、カプセルに乗ることは・・・・・・・ピンポ〜ン! そう、 『 フライトする 』 って呼ばれてるんです。

2000年のミレニアム・プロジェクトの一環として造られたこの観覧車は、一周するのに約30分、
秒速0.26m で、乗り降りのために止まることはないそうですよ。(・・・って当たり前だよね〜)

でもでも、なんといってもこの ロンドン・アイ の売りは、巨大なカプセル!!
普通の観覧車はせいぜい4人乗りでしょ?  でも、この ロンドン・アイ はなんと25人乗り!!
しかも、巨大なカプセルはすべてシースルーでさえぎるものはなにもなし!! なんだって。

【 旧ロンドン市庁舎 】 では、ビートルズ展 を開催しておりました。

no-title

テムズ川 で見つけた小さなビーチ ? 
波打ち際でたたずんでいるのは、砂で人の顔を作ったり絵を描いたりするサンドアーティストです。

no-title

見事な芸術作品を作ってしまうので、感激した人たちがあの黄色いバケツにお金を放りこんでいくんだけど、まだ朝早いので、ジ〜ッとデザインを考え中 ひらめき みたいですね(^^)

ロンドン・アイ からテムズ川を挟んで反対側には・・・・・・・・
ジャーン!!   コレを見ずしてロンドンを語ることなかれ。  【 国会議事堂 & ビッグ・ベン 】

no-title

これぞ、ロンドンのシンボルだよね〜♪
もともとは11世紀半ばにエドワード王の居城として建てられ、その後代々の王たちが暮らした宮殿だとか・・・・。
そして16世紀半ばからは議会専用の議事堂となったけど、正式名称は、今でも ウェストミンスター宮殿 なんですよ。
96メートルの高さのクロック・タワーはロンドンのまさに象徴的存在で、ビッグ・ベン の愛称で親しまれる大鐘は15分おきに時を告げ続けています・・・。

ゆったりと流れる 【 テムズ川 】

no-title

昨日行ってきた コッツウォルズ の丘のちかくにある ケンブル村 に源流があるんだって。

世界で一番有名な探偵といえば・・・・・・そう、シャーロック・ホームズですよねー!
彼が暮らしたロンドンには、ゆかりの地があちこちに点在するらしいけど、中心となるのは、ホームズとワトソン博士の事務所があった 【 ベイカー・ストリート 】

no-title

はい、こんなのありました!!   『 シャーロック・ホームズ・・・・・・の Pub 』

こ〜んな路地も素敵です!!

no-title

そろそろ時間もなくなってきて・・・・・・・
お散歩のゴールに決めたのは、噴水に人々が集まる人気の広場 【 トラファルガー・スクウェア 】

no-title

トラファルガー沖の海戦で、あの ナポレオン を撃滅した ネルソン提督 を讃えるために造られた広場です。

今回は行けなかったけど、『 ナショナル・ギャラリー 』 とか 『 大英博物館 』 など、ほとんどの美術館や博物館の入場料は無料なんですよ。  太っ腹だよね〜!!
次回のステイの楽しみに取っておこうっと ♪

そうそう、お土産を買うのを忘れないようにしなきゃ・・・・あせあせ(飛び散る汗)
ハチミツ と クロテッド・クリーム と スコーン を買ったのは、『 フォートナム & メイソン 』
ビクトリア女王の時代から、様々な食料品を納めている王室御用達のデパートです。

no-title

日本では紅茶で有名ですよね。
さ、帰りの12時間ガンバロー!!!
posted by あんちゃん at 23:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 妻のお仕事日記 ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月31日

Holiday in Cotswolds ♪

ロンドン2日目、早朝7時。     朝陽 晴れ に輝く街並みがとってもきれいです。

no-title

これから、ロンドンの中心部 【 ピカデリー・サーカス 】 のバス乗り場にいったん向かって、
西へ200kmの 【 コッツウォルズ 】 巡りの1日バス観光を楽しみま〜す ♪
仲間は、いつもいっしょに仕事をしている仲良しグループの6人で・・・。

【 コッツウォルズ 】 は、オックスフォードの西側から始まるゆったりと美しい丘陵地帯のこと。
そのところどころに点在する小さな村や町は、13〜14世紀にかけて羊毛産業で栄えたらしく、ウール商人たちが建てた蜂蜜色の家々が花に彩られて静かに並んでいるんだって。  ワックワク〜 ♪ 

バスで揺られること2時間半・・・・・バス
コッツウォルズ の玄関口、【 ブレナム宮殿 】 に到着。

no-title

Oh! イッツ ビュ〜ティフォ〜!!  
ヴェルサイユ宮殿を彷彿させる壮麗な宮殿にしばし感動!!
アン女王から贈られたという200エーカーの広大な土地にそびえるバロック様式の壮麗な宮殿には、今でも11代マールバラ公爵が住むれっきとした現役のお城なんですよ。
イギリスの宰相 チャーチル が少年時代を過ごしたことでも知られています。

入り口の天井には、当主とその妻の 『 目 』 が、ジーッと訪問者を見つめてるよ・・・・・たらーっ(汗)

no-title

まだ8月とは思えないくらいの肌寒さに震えながら、庭をお散歩。
これからは紅葉がとってもきれいだとか・・・・・  

no-title

宮殿をあとにして、バスの窓から見えるのはのどか〜〜に広がる牧羊地帯。

no-title

夏に毛を刈られたばっかりの羊たちは、まだほっそりとしてますね〜。

お腹がグ〜ッ あせあせ(飛び散る汗) と鳴り始めたころ、やっと昼食を食べれる 【 バーフォード 】 に着きました。

no-title

なんか、街道沿いの街って感じだね〜。   意外に交通量が多いのにビックリです。

蔦の絡まるかわいいPub 『 コッツウォールズ ARMS 』 でランチ ♪

no-title

ツアーに付いてる食事だったので、選択できるのはステーキパイと野菜ラザニアのふたつのみ・・・・
ほとんどの人がステーキパイを頼んだけど、味は・・・・・・ビミョウ・・・・
モルトビールに漬け込んだ短冊状のお肉がコトコトと煮込まれたものでした。

次に向かったのは、コッツウォルズ観光のハイライト! 【 ボートン・オン・ザ・ウォーター 】
絵本の挿絵さながらのかわいい村です。
小川を眺める老夫婦とワンちゃん・・・・・・・なんだか絵になってません?

no-title

水深わずか10センチほどの清らかな小川が、家並みをサラサラ縫うように流れる美しい風景は、
『 コッツウォルズのヴェニス 』 と呼ばれています。

水遊びを楽しむ子供達・・・・。

no-title

陽射しがあるので暖かそうに見えるけど、実は20℃もないくらいでけっこう寒いんですよ。

どの家も色とりどりの花を飾っていて、なんだかクルマのCMに出てきそうでしょ?

no-title

散歩の途中で見つけた 『 MAZE 』     ちょっと遊んでく??

no-title

迷路にみんなで入ったのはいいけれど・・・・・・・・集合時間まであと30分!
看板には 『 平均25分くらいで迷路をクリアできるよ 』 って書いてるけど、人並みにクリアしても集合場所までは走っていかないと間に合わないよ。
最初は慎重だったのが、バスに置いていかれる図を想像してか、次第に早足から小走りに・・・・あせあせ(飛び散る汗)
途中、ヒントが書かれたプレートがところどころにあったんだけど、それすら無視、ムシッ exclamation×2

結局、動物的な感を駆使してなんと10分で脱出!   イェィ !!  
とってもスリリングだったけど、意外なところで チーム力 を発揮しつつも・・・・・、
アレッ、なんだかこの街の楽しみ方間違ってない・・・? のんびりと散策するところだよね〜、ココ。
・・・・・という誰かの一言で大笑い わーい(嬉しい顔) でした。

1日た〜っぷり遊んで、帰りのバスではみんなでぐっすり爆睡状態 眠い(睡眠)
ロンドンのピカデリーに着いた頃には、疲れもすっかり取れて メガシャキッ 目

no-title

さぁ、これから着替えて、みんなでワイワイ Wine & Beer を楽しみましょう ♪
posted by あんちゃん at 23:55| Comment(6) | TrackBack(0) | 妻のお仕事日記 ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月30日

魅惑の LONDON

広大な陸地も雲もはるか下・・・・・・・・   ただ今、シベリア上空を飛んでます。
永久凍土が広がるツンドラ地帯。 大小無数の湖沼が点在するのがわかります。
ここもあと2カ月もすれば真っ白に凍てつく大地になるんだろうなぁ。

no-title

今回目指すのは、成田から約12時間の 【 グレート・ブリテン及び北アイルランド連合王国 】
バルト海を越えると木の枝みたいな河が流れる風景はデンマークかな?
北海上空にさしかかると、ロンドン・ヒースロー国際空港までもうすぐです。

no-title

宿泊するホテルは、ロンドンの 『 ケンジントン・ガーデンズ 』 のすぐ近く。
部屋に入ったのは夕方の4時過ぎだけど、まだまだ陽は高くロンドンの街も明るいね。
でも、気温は東京よりも10度以上低い16℃!!  はっきり言って寒いです。

no-title

さあ、これから48時間のオフ るんるん を有効に楽しむべく、ササッと身支度を整えて、
ロンドンはコレなしじゃ語れない近くの Pub で、ちょっと早めの夕食を楽しもうかな。

no-title

古風ながらもアットホームな雰囲気の店内は窓から差し込む光がとってもやさしく・・・
カウンターでビールとおつまみをオーダー ♪   あとはどこに座ってもオッケーだよ。

イギリスといえば、やっぱり 『 ギネス 』 の黒ビール ビール

no-title

ポンプを操作して地下の大きな樽からくみ上げられた生のギネスは最高にウマイ!!
日本ほどキンキンじゃないけど、しっかり冷えてます。

おつまみは、イギリスを代表する伝統的な 『 フィッシュ & チップス 』 

no-title

カラッと揚がった タラ のフリッターにモルトビネガーとレモンをたっぷり絞っていただきま〜す。

『 ソーセージ & マッシュ 』 も美味しいよ。

no-title

付け合せの野菜はブロッコリーや人参じゃなくて、なぜかグリーンピースがどっさり! な店が多いので、グリーンピース嫌いの人にはちょっとキツイかも・・・・・

入ったときはガラガラだった店内も、夕方の5時をまわれば仕事帰りの人たちで満席に・・・・・
定時退社の人たちが多いんですね〜、きっと。

お腹もいっぱいだし、ホテルまでの道をぶらぶらとお散歩。 夜の7時すぎでもこの明るさです。

no-title

いました、いました・・・目
2階建ての赤いダブルデッカー、ロンドン名物の市内バス。  
ロンドンのグレーの街並みにはこの真っ赤なバスが合うんですよねー!

no-title

寝るにはちょっと早いけど、明日は丸々お休みで早起きして行くところがあるので、
これからゆっくりお風呂に入って、それではお休みなさ〜い 眠い(睡眠)
posted by あんちゃん at 23:55| Comment(6) | TrackBack(0) | 妻のお仕事日記 ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。