2011年08月08日

ピース

書店に平積みされてた文庫本 本
埼玉の田舎町を舞台にしたミステリーなんだけど、
【 意外な犯人、ラストのどんでん返し・・、なるほどこう来たか〜!! 】 みたいなポップについ釣られてしまって・・・(^^;

no-title

コーヒーをおかわりしつつ、一気に読んでしまいました!
ストーリーの面白さもさることながら、いちばん評価されるべきは、この表紙じゃないかなぁ。
読む前と読んだ後でガラリと印象が変わってしまうピースサイン 手(チョキ)
思わず、ぞ〜っと鳥肌が立ちますよ。        熱帯夜の寝苦しい夜のお供にオススメです。
posted by あんちゃん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・本・音楽 etc ・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月19日

127時間

体調もすっかり元に戻ったので、夜になって近所の映画館へレイトショーに・・。

アメリカ・ユタ州にあるブルー・ジョン・キャニオンの壮大な景色を楽しめる、
実話ベースの映画です。

no-title
 
週末をロッククライミングで楽しむ登山家のアーロンの身に起きた落石事故のアクシデント!
右腕を断崖と岩の間に挟まれ身動きが取れなくなって5日間・・・・。
生と死の間で恐怖と戦いながら、127時間後に彼が下したある決断とは・・・・ exclamation&question

no-title

注射針が刺さる瞬間にこっそり太ももの裏をつねって痛みをごまかしていた自分が恥ずかしい^^;
あれくらいの痛みがなんだ!!   と感じさせる映画でした。

究極の孤独と精神力。    さあ自分ならどうする??
ネバーギブアップ!!
posted by あんちゃん at 23:55| Comment(2) | TrackBack(1) | 映画・本・音楽 etc ・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月14日

Valentine’s Day 

・・・といっても、映画のお話 黒ハート

no-title

週末、たまたま観ていたスターチャンネルで放映されていた2010年公開のアメリカ映画です。
舞台はロサンゼルスとサンフランシスコ。

no-title

10組のカップルがバレンタインデーに一喜一憂する様子を描いたラブストーリーなんだけど、
なぜか女性が男性にチョコをあげることになっている日本式とは違って、
その日忙しくなるのは花屋さん。  アメリカでは男性が女性に花束を贈るんですよね〜。

no-title

あの 『 プリティーウーマン 』 と同じ監督だけに、テンポ良く楽しい映画だったなぁ。
そんな映画を観ちゃったものだから、
あんちゃん妻のリクエストに応えて、近所のベイクォーターの花屋さんで買ってきました〜^^

no-title

春らしくチューリップとかスイートピー。
飾ってるだけで、部屋の中がとってもいい香りです。
そして、これは、もう終わりかけだからとおまけでいただいた連翹(レンギョウ)。

no-title

黄色い花がキレイですよね〜。  廊下に飾っておきました。
ホワイトデーの代わりってことで・・・(^^
posted by あんちゃん at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画・本・音楽 etc ・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月21日

LOST完結

LOST、ついに終わってしまいましたね〜。
2004年の秋から2010年の春にわたってアメリカで放送されたテレビドラマ。
レンタルDVDで全部観たんだけど、全121話は、とてつもなく長かった〜。

no-title

あまりにも複雑怪奇なストーリーで、いよいよ期待に満ちた最終回。
賛否両論、観る人の捉え方であらゆる解釈ができてしまうラストシーンといわれてるけど、
最後の最後、閉じていく主人公ジャックの目。   あのシーンががすべてを語ってくれました。 
  
あっ、そうだったのか〜!! と、あんちゃんが勝手に解釈している内容なので、
これから観ようとしている方は、写真の下はそのままスルーしてくださいね(^^
ず〜っと続いたこの物語、実は・・・・・・・・・・、

no-title

ジャックが死ぬ瞬間に見えた、走馬灯のような ‘ 夢 ’ だったんですよ。

第一話の竹林で目を開けた瞬間から夢を見始めて、最終回のラストシーンで目を閉じて終わる。
夢というか、魂がこの世とあの世のハザマで体感した様々な出来事といったほうが正しいかな。
そういう世界では、過去・今・未来という時間の概念がないんでしょうね。

『 いつかあの世で会おう 』 って場所が、最終回の教会だよね。
天国を目の前にして成仏の準備ができたみんなのスッキリとした笑顔が印象的でした。

死ぬ瞬間、これまでの人生を振り返る夢みたいなものを見るってよく聞くじゃないですか。
いつか必ず死を迎える人間の魂は、あの世に旅立つその手前で ‘ 迷う(LOST) ’
これが、このドラマのテーマなんだなぁとしみじみ・・・。

それにしても、出演者のみなさん、体型を維持するのに苦労しただろうなぁ(^^
タグ:LOST
posted by あんちゃん at 21:14| Comment(6) | TrackBack(0) | 映画・本・音楽 etc ・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

秋の夜長に ♪

今日から2週間ほどあんちゃんは家を留守にします。
「 その間のブログ更新はよろしく!   頼むよ〜 手(パー) 」
・・・と釘を刺されたので、私あんちゃん妻がしばらく担当させていただきま〜す。


いつも通勤のときに活躍しているi-Pod 。
よく聴く曲と全く聴かない曲があるので、たまには整理でもしてみようかな〜。

あんちゃんのお気に入りの映画 「 TOP GUN 」 の曲がなんでか知らないけど
私の iPod にまで入ってるし・・・・たらーっ(汗)
あんちゃんが居ないうちに削除しちゃおっと グッド(上向き矢印)

という事で一曲ずつ聴きながら選曲してたら秋らしい曲をみつけました。
10年くらい前にイギリスで活躍していたグループの 『 Boyzone 』 
              

秋がテーマの曲ってわけではないのですが、秋に聴いていたのでなんとなく・・・・

で、こちらも映画「ノッティングヒル」に使われていた 『 Pulp 』 の曲
              

こちらはアラスカを舞台にした映画 『 In to the wild 』 のテーマソング
              

以前住んでいた港北ニュータウンのマンションの部屋は雑木林に面していたのですが、
秋になると枯れ葉が舞って光があたるとキラキラと輝いて綺麗だったな〜
そんな景色を思い出しながら聴いてみました。
posted by あんちゃん at 00:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画・本・音楽 etc ・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月27日

東京島 TOKYO−JIMA

あまりに面白くて、イッキに読み終わってしまった。

no-title

絶海の無人島に漂着してしまった32人のサバイバルストーリー。
まあ、それだけなら単なる物語で終わってしまいそうだけど、問題なのがそのメンバー。
32人のうち、女性はなんと1人だけ!
・・・という、まさに逆ハーレム状態な生活ぶりが描かれているのです。

果たしてそこは地獄なのか、楽園なのか?
‘ あたし ’ は、島から脱出することができるのか??

極限状態における人間の本能、本質をまざまざと知ることになる傑作だと思います。

no-title

文章で味わうリアルなグロさを、映像でどこまで体感できるのかに興味シンシン。
いよいよ明日、公開!!

あ、その前に・・・・、
読んだ人ならわかるけど、アバの 『 Chiquitita 』 を聴いてみたくなるんだよね〜(^^
チキチータ、テルミー、ホワッツロ〜ング ♪
タグ:東京島 横浜
posted by あんちゃん at 14:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画・本・音楽 etc ・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月28日

夢か現(うつつ)か・・・ 【 インセプション 】

ディカプリオ演じる主人公は、盗みのプロ。    何を盗むのか・・・?
その犯罪の場所は、なんと他人が見ている夢の中。(・・という設定からしてオモシロイよね ) 
夢に進入して、潜在意識の奥にある金庫からアイデアや秘密をささっと抜き取るドロボウなのです。

・・っていうのが、最近公開されたばかりの 【 インセプション 】
シネマポイントが結構たまっているので、近所の109CINEMASで観賞してきました。

no-title

ズバリ、チンプンカンプン??  よくわからんかった。 理解不能!!!

『 インセプション 』     作品の中では、‘ 植え付け ’ って意味で使われてます。
何をどんな具合で植え付けるのか・・・?    それは、映画を観てのお楽しみ・・。

なるほど〜!  夢を映像化するとこんなイメージになるのか〜。
夢の中では何時間ものストーリーが、実際は目覚める前の数分間ってよく言うけど、
その時間差の表現がなんとも上手い。
でも、その夢も、夢の中でまたさらに夢を見たりと、映画の中では何層にも表現されていて、
かな〜り複雑。   難解でした あせあせ(飛び散る汗)

途中、あまりにも難しくて、観ているこちらが夢の中にダイブ バッド(下向き矢印) しそうになったぞ・・・。

まあとにかく、夢を題材にした作品は難しいことこの上ないですね〜(^^;
『 マルホランド・ドライブ 』 とか、『 バニラ・スカイ 』 とか 『 メメント 』 ・・・
どれも、1回観ただけじゃわからなかったもんなぁ(^^

148分の長丁場。    
隣で観ていた妻も途中でコクリコクリしてたな 眠い(睡眠)     肘でつついてやったけど。
はは〜ん。難しいから諦めたのね〜と思ってたら、「 すごく面白かったね〜 」 だって(笑)

no-title

観賞後、ロビーのソファでじっくりと解説してもらったら、なんとなくわかってきた。
もう1回観ようかな。

ラストの回り続けている駒のシーン、あれ止まって欲しいなぁ(^^
posted by あんちゃん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画・本・音楽 etc ・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

今夜はまったり映画Night

朝から降り続く雨 雨       夜になってもさすがに寒さを感じなくなってきましたね。
こんな夜はたまには最新作でも観ようかなと、近所にある映画館の座席をネットで予約。
気軽にドアtoドアの感覚で座席に着けるので、ホントに便利です(^^


【 パリより愛をこめて 】 は、リュック・ベッソン製作のフランス映画。

no-title

パリで開催されるサミットを舞台にしたテロリストとCIAのアクション&ドンパチものです。
あの 『 ダイ・ハード 』 ものけぞるくらいのアリエナ〜イ グッド(上向き矢印) ストーリーは、
頭の中をカラッポにしてジメジメした梅雨空の空気をスカッと吹き飛ばすにはもってこいかもね。
スキンヘッドのジョン・トラボルタの怪演が光る ぴかぴか(新しい) 痛快さがたまりませんでした。

                  カチンコ  カチンコ  カチンコ  カチンコ  カチンコ  カチンコ

共演していた右側の ジョナサン・リース・マイヤーズ に、恐れ多くも一目惚れしてしまった妻の
要望で、映画館からそのまま近くのTSUTAYAまでお散歩へ。

ジョナサンの作品をと早速レンタルしたのは、【 マッチポイント 】

no-title

イギリス・ロンドンが舞台のサスペンス。    コレが意外に面白かった!!
   
テニススクールのコーチをしている元プレーヤーの主人公が、上流階級のトムと友人関係になり、
芋づる式にトムの妹と家族、そしてトムの婚約者とも人間関係を広げていき、次第に複雑な状況へ。
淡々と運ぶストーリーに、まさかのミス、そして・・・・まさかの結末 がく〜(落胆した顔)   

テニスのネットの上に当たったボールが相手側のコートに落ちるか、自分側に落ちるか・・・・
自分自身の力が及ばない 『 運 』 がテーマです。
美しいロンドンの街並みを楽しみながら、自分の人生の 『 運 』 を考えさせられる作品かも。

                  カチンコ  カチンコ  カチンコ  カチンコ  カチンコ  カチンコ

そして、今夜の連続シネマ3本目は、スターチャンネルで上映していた 【 グラン・トリノ 】

no-title

クリント・イーストウッドが監督・主演を務めた人間ドラマ。 俳優としては最後の作品だそうです。
従軍経験を持つ気難しい主人公と、近所に引っ越してきたアジア系移民のモン族との交流を通して
自身の偏見に直面しながらもじわじわと葛藤していく姿を描いています。

映画の中で、生まれて初めてスーツを仕立てるというシーン、
ラストでその意味が繋がったとき、少しジ〜ンときちゃったなぁ もうやだ〜(悲しい顔)
決着のつけ方が見事!       ある意味、幸せな結末を味わうことができます。

グラン・トリノとは、フォードの往年の名車のこと。
主人公が念入りに磨いていたその車が湖畔を走り去るラストシーン。
バックに流れるかすれたイーストウッドの歌声がいつまでも心に響く感動のストーリーでした。


たまには夜更かし、映画三昧の夜があってもいいよね〜。
posted by あんちゃん at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画・本・音楽 etc ・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

ichi-kew-hachi-yon

発売日だったので・・。      わりとすぐ買うタイプなんです NEW

no-title

BOOK1、BOOK2 に引き続き、第3巻目。
おいおい、青豆ってまだ生きてたの??
天吾とふかえりの関係は?
そして、読者にとって最大の謎、リトルピープルって何なのさ???

とりあえず、忘れかけたストーリーを前2冊で復習中です。
posted by あんちゃん at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画・本・音楽 etc ・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

座右の銘・・・

脳内メーカーでちょっと昔に流行った 【 うそこメーカー 】 を久しぶりに覗いてみたら、
いろんなメーカーがあったので、さっそく座右の銘を作ってもらいました。

no-title

まったくそのとーり exclamation       シンプル・イズ・ザ・ベスト・・ってことですね。

ちなみに・・・、あんちゃんは、

no-title

秋の味覚、秋刀魚 exclamation×2 の生まれ変わりでした。
posted by あんちゃん at 23:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画・本・音楽 etc ・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

すごいぞ!! 3D   【 AVATAR 】

東京では初雪だったとか・・・。
でもクルマで都心を走ってみたけど、雪ではなくてず〜っと冷たい雨 雨 でした。

所用を済ませたついでに、妻を迎えに会社の近くまでドライブ。   雨、久しぶりだなぁ・・・。

no-title

年に2回の定期的な仕事上の訓練で大声を張り上げたらしく、戻ってきたときは声はガラガラ ー(長音記号1)
ここしばらくはテキストと睨めっこで気も張ってたからね〜。  
どもお疲れさん・・。    じゃ、気分転換にこれから映画でもどうすか?

・・・ってことで、向かった先は横浜市内の映画館。
レイトショーのプログラムは、話題の 【 AVATAR 】       もちろん3Dだよ〜 手(チョキ)

no-title

結論から言っちゃうと、アバター、めちゃくちゃおもしろいデス。
他の惑星の先住民 vs 人類 を描くストーリーは単純明快なんだけど、すごいのはその映像。
3Dメガネで観るスクリーンには、感動モノの立体空間が広がってます。

万博とかのアトラクションで、3D自体はすでに体験済みだけど、レベルが違うよ、レベルが!!
映画だけじゃなく、予告編も、そうそう字幕なんかも浮き上がって見えるんですよ〜 目

no-title

『 観るのではない。  そこにいるのだ。 』 ってキャッチフレーズ、う〜ん納得だなぁ・・。

3Dで観たほうが絶対おもしろいと思うんだけど、
あのメガネ、けっこうズッシリして重く感じるんだよね〜。  違和感で目の奥が疲れました。 
あと、いろんな人が使ってて指紋と脂で汚れてるので、アルコールティッシュがあるといいかもね。
posted by あんちゃん at 23:55| Comment(6) | TrackBack(0) | 映画・本・音楽 etc ・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

You've Lost That Lovin' Feelin'

昨日のお昼過ぎ、遅めの昼食を近くの中華屋さんで食べてたら、携帯にピピッ!とメール メール が。
一枚の写真が添付されてました。       さて、どこでしょう・・・?

no-title

答えは、後ほど 【 妻のお仕事日記 】 にて・・・・・・


この写真を見ていたらなぜか無性に観たくなったのが、1986年のアメリカ映画 『 Top Gun 』

no-title

アメリカ海軍・戦闘機パイロットのスカイアクションというか青春映画です。

とにかくカッコイイこの映画、大学4年のときにすごくハマッてしまって、主役のトム・クルーズが着ていたボア付きの皮ジャン買っちゃったくらい。 ( お金なかったから、アメ横で・・・・あせあせ(飛び散る汗) )
でも当時は結構流行ってたんだよねー。 下には白いTシャツって決まってんのよ。

もちろん、DVDもCDも持ってるんだけど、曲がいいんだよなぁ♪
ケニー・ロギンスの 『 デンジャー・ゾーン 』 とか、チープ・トリックの 『 マイティ・ウィングス 』 とか、ベルリンの 『 愛は吐息のように 』 とか・・・・
何度聞いてもゾクゾクします。

でも個人的には、この映画らしいイチオシの曲はコレかもね。
Righteous Brothers  の 『 You've Lost That Lovin' Feelin' 』
ラストシーンでこれが流れてきたときは、思わずジ〜ンとくるんだよねー。

       

DVD・・・・・、もちろん観ましたよ 手(チョキ)
posted by あんちゃん at 01:32| Comment(6) | TrackBack(0) | 映画・本・音楽 etc ・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

ターミネーター4

no-title 雨の金曜日。夜9時40分過ぎ・・・

 映画館の 駐車場 の入り口には、  のマークが・・・・・
 チケットはすでにネットで購入済みなので、
 少し前に着けばいいかななんて思って来たんだけど、
 雨だからか、それとも先行上映だからなのか、
 満車だとは思わなかったなぁ。 あちゃ〜、全然動かないよーふらふら



来週金曜日の公開予定に先がけて、今日は先行ロードショー。
なんとかギリギリ、10時に間に合ったー!  ホッあせあせ(飛び散る汗)

no-title 1984年から続いているターミネーターシリーズ。
 シュワちゃん抜きなのは今回が初めて・・・・。
 でも、チラッと出てくるんだよねー。 
 まぁそれは見てのお楽しみ♪

 『 I’ll be Back !! 』 のきめゼリフと、
 デデンデンデデン ♪ のイントロは健在でした。

それにしても、主人公のジョン・コナー・・・・・
二作目ではサラサラヘアーの不良小僧で、
三作目になるとクリクリパーマの気弱な青年になり、
そして今作品では、五分刈りのリーダーをクリスチャン・ベールが演じてるんだから、
ちょっとキャラ変わりすぎとちゃうの??
posted by あんちゃん at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画・本・音楽 etc ・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

【 1Q84 】

no-title 羽田空港のカフェで。
 外は朝からずっと雨です。雨 
 空港の中の本屋さんで買ったばかり、これから読み始めます。

 実はコレ、今日が発売日だっていうの夜のニュースで知りました。
 タイトルと発売日以外の情報がシャットダウンされていたらしく、
 なんだかすごいことになってたみたい・・・・・
 出版元によれば、初日の売れ行きが史上空前の記録だったとか。


Amazon をチェックしてみたら、6/10入荷予定!?
う〜ん、本屋さんじゃ普通に置かれてたけどなぁ。

運良く手に入れてしまった、謎が謎を呼ぶ 【 1Q84 】、どんなストーリーなんだろ??
これからの梅雨の読書に楽しみです。
posted by あんちゃん at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画・本・音楽 etc ・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

天使と悪魔

no-title 近所の映画館で観てきました。 レイトショーで。
 面白いです。
 根底に描かれるテーマは、宗教と科学の対立。
 まさに、『 天使 』 と 『 悪魔 』 のように
 両極の存在として描かれてます。


原作はひと通り読んでいたんだけど、
あの内容を2時間ちょっとに凝縮するのはかなり至難の業かも。

《 反物質 》 を爆破するシーンではちょっとジーン たらーっ(汗) としちゃったけど、

そのあとにくる怪しい展開、 アレッexclamation&question   ナニッexclamation   エーーッexclamation×2

そうそう、こいつが一番ワルじゃないの? って感じの役者さん、どこかで見たよなぁ・・・・
と記憶をたどれば、
『 マンマ・ミーア 』 のおちゃめな冒険オヤジ だったよ。
posted by あんちゃん at 23:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画・本・音楽 etc ・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月17日

セイコウウドク な日曜日 ♪

no-title 昨夜からの雨は朝方止んだみたいだけど、
 せっかくの日曜日なのに、風が唸りを上げて吹き荒れてます。

 雲もものすごい勢いで渦巻いてます。台風

 こんな日は静かに家で本でも読もうかなぁ。
 近くの本屋さんまでちょこっと行ってきました。



新刊本のコーナーを中心にぶらぶらと・・・・・・
買って帰ったのはこの三冊。
no-title        no-title        no-title

浅田次郎の 『 つばさよつばさ 』 っていうエッセイがJALの機内誌に毎月掲載されていて、
これがまた声に出して笑えるくらい面白いんです。
そんな粋なオヤジの最新エッセイ 『 ま、いっか。 』、迷わず買いました。
オビの説明を読むと、
『 自分のために笑え。人のために笑え。粋に、一途に、ゆぅるりと。 軽妙洒脱な生き方指南! 』
ふ〜ん、軽快に読めそう。

沢木耕太郎の 『 旅する力 』 は、
旅好き人間のバイブル的存在 『 深夜特急 』 のメイキング的なエッセイ。
デリーからロンドンまでバスで旅行する 『 深夜特急 』 を全巻読んだ人には絶対オススメかな。

乾くるみの 『 六つの手掛り 』 は、ミステリーの短編集。
以前ハマッてしまった 『 イニシエーション・ラブ 』 では、すっかり騙されたけど、
さあ、今回はどうくるか?
鮮やかな 『 騙し 』 にワクワクと期待です。

no-title 相変わらず外は大荒れの天気。
 吹き荒れる風の音をBGMに、熱いコーヒーが読書のお供です。

 さぁ、読もうっと! 喫茶店 喫茶店







posted by あんちゃん at 17:21| Comment(8) | TrackBack(0) | 映画・本・音楽 etc ・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

Powers of Ten

直訳すれば、10のn乗・・・。

『 ラウンジチェア & オットマン 』で有名なデザイナー、
イームズ夫妻が製作したショート・フィルムです。

公園にピクニックに来た夫婦を見る視点が、10秒ごとに、10m、100m、1000m・・・・と
10のn乗でゆっくりと離れていき、宇宙のはるか彼方までズームアウトしたら、
今度はハイスピードでミクロの世界までズームイン!

何年か前に四国の松山の美術館で開催されていた【 チャールズ&レイ・イームズ創造の遺産展 】
で観た映像を夕食の話題で思い出して、探してみたらありました。

わずか9分間の驚くべき小旅行で、心地よいトリップ感をどうぞお楽しみください。
ヒトと宇宙の境い目ってどこ・・?
ヒトもまさに宇宙空間のほんの一部なんだ!って思い知らされますよ。


posted by あんちゃん at 01:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画・本・音楽 etc ・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

旅 と サスペンス

ここんとこナンだか天気が安定してません。
暖・寒・暖・寒・・・・の繰り返し。 んで、今日は寒い日曜日。
体調も狂い気味だけど、とにかく今年は花粉に参ってます。もうやだ〜(悲しい顔)
目はショボショボ、鼻はグジュグジュ詰まり気味、頭はズーンと重いし・・・・・・

 熱〜いコーヒー飲みながら、
 沢木耕太郎の『 深夜特急 』、ソファでごろ寝して熱中してマス。
 デリーからロンドンまでバスだけで旅をする紀行文を読んでると、
 どこかのんびりと旅行に行ってみたくなってきて、
 そのまま・・・・ 眠い(睡眠) 眠い(睡眠)



読書に飽きたら、マンガでも・・・

 TSUTAYAからレンタルしてきた『 MONSTER 』。
 ドイツを舞台にした本格ミステリーコミックです。
 これ、なかなかおもしろいネ!!
 ドイツの社会構図や東西冷戦構造なんかのテーマを描きつつ、
 ところどころでハラハラドキドキの猟奇殺人が・・・・・

そういえば、旅とサスペンスの舞台によく使われたブルートレイン。
今週末で姿を消すんですよねー・・・・
しみじみ、もう一度だけ乗りたかったなぁ。
posted by あんちゃん at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画・本・音楽 etc ・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月26日

【 ホノカアボーイ 】

・・・っていえば、来月公開されるオール・ハワイ島ロケの日本映画です。
ハワイ島の北にあるちっぽけな田舎町【 ホノカア 】の映画館が舞台らしいんだけど、
そういえば、3年ほど前に訪ねたことがあったんですよねー。

両方の親といっしょだったから、
大きめのレンタカーでカイルア・コナからヒロに向けてのドライブの途中に立ち寄ったんだっけ・・・・
かつてはサトウキビやマカダミアナッツの農園で賑わった時代もあった街並みは、
今はそこだけ時間が止まってるかのような、静かでのんびりとした空気が流れてました。

 映画館の前でパチリカメラ

 1930年に建てられた【 ホノカア・ピープルズ・シアター】
 ちゃっかり母が頭だけ出して写ってました。あせあせ(飛び散る汗)

3月14日公開デス。
posted by あんちゃん at 23:55| Comment(3) | TrackBack(1) | 映画・本・音楽 etc ・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

Mamma Mia!

週末、観てきました。
エンドロールが流れても、誰一人として立ったり帰ったりする人がいない心地よさが印象的でした。

 ストーリー自体はシンプルだけど、
 最初から最後まで笑っていられたのは久しぶりかな?
 笑い・・・・といっても、コメディに笑うんじゃなくて、
 幸せな気分に満たされて笑っていられるハッピー♪な映画です。


舞台となるエーゲ海の美しさと、
オリジナルキャストで歌われるABBAのヒット曲メドレー、
文句なしに楽しい時間 るんるん はあっという間・・・・

60歳近いメリル・ストリープのはしゃぎっぷりもすごいけど、
娘役のアマンダ・セイフライドの歌がキレイだったなぁ。
007のピアース・ブロスナンがやけに一生懸命歌っていて親近感わきました。

上映中にもう一回行くかもネわーい(嬉しい顔)
posted by あんちゃん at 23:55| Comment(6) | TrackBack(0) | 映画・本・音楽 etc ・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。