2012年03月08日

オルセーの時計の裏から・・

買い物袋をぶら下げて、オルセー美術館へ。

no-title

閉館時間まであまり時間がないかもなぁ〜と思って行ってみたら、今日は時間の延長日でした。
上着や荷物を預けてのんびり鑑賞。   晩ご飯も上のカフェで済ませちゃおうかな^^;
大時計の裏側がカフェになってます。

no-title

時計越しにこっそり展望 目
モンマルトルの丘を正面に見ることができて、なかなかいい感じです。

no-title

・・と思った矢先でした。

no-title

何だったんだろう??
posted by あんちゃん at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Paris | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ギャララファの牡蠣

老舗デパート 【 ギャラリー・ラファイエット 】 のメンズ館。
日本のデパ地下みたいな食品売り場がその2階にあるという構造自体、不思議な感覚だけど・・、
その一角にある鮮魚コーナーで食べる牡蠣と海老の盛り合わせが絶品です!

no-title

食べ終わったらいつもついつい上へのエスカレーターへ。 地上に出るには下向きだからね(^^;
posted by あんちゃん at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Paris | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノートルダム大聖堂

建築物では、おそらくパリで最も観光客が押し寄せる 【 ノートルダム大聖堂 】
セーヌ川に浮かぶシテ島に建つ、ゴシック建築の最高傑作です。

no-title

高い天井の薄暗い内部を照らす明かりは、そのほとんどがステンドグラスから差し込む光だけ。
ずらりと並ぶ大きな丸い柱が陰影を醸し出して、とっても幻想的!
ここで、あの、ルーヴルで観た 『 ナポレオンの戴冠式 』 が行われたなんてね〜。

no-title

丸い 『 バラ窓 』 と呼ばれるステンドグラスは、意味が分からなくても必見ですよ(^^

no-title

外の喧騒が嘘みたいに静寂です。

no-title

そして、なんといっても、
北塔の入り口から螺旋の石段をひたすら上って、塔の上から見渡すパリの街並みは最高!!

no-title

並ぶ価値ありますよ^^
posted by あんちゃん at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Paris | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シテ島の朝

朝から天気がいいので、ノートルダム大聖堂の塔に上ってみようとシテ島を散歩していたら、
ふと見かけた準備中のカフェのテラス席には、花屋さんから届いたばかりの花束が・・・。

no-title

これからひとつひとつのテーブルに挿していくのかな?

posted by あんちゃん at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Paris | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クロワッサン

パリに来て1週間。
そろそろ近所でお気に入りのカフェを見つけようと思ってたところ、この 『 Le CORONA 』
のクロワッサンはなかなかの美味!

no-title

カフェオレといっしょに朝ご飯。    う〜ん、バターの香りがたまりません^^
ラベル:パリ カフェ
posted by あんちゃん at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Paris | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月07日

Musee du Louvre

1日かけてたっぷり鑑賞するつもりで、朝からルーヴル美術館へ・・。
今日は閉館時間がいつもより4時間延長されて夜の10時までなので、気合入ってます(^^

no-title

所蔵作品はゆうに30万点を越える規模!!
あらかじめ目当ての作品の展示室をチェックしつつも、数日に分けての鑑賞プランが必要かも。

no-title


no-title

写真撮影不可のオルセーに対して、こちらはかなりおおらか^^  
ルーヴルで2番目に大きい 『 ナポレオン1世の戴冠式 』 だって、こんなにリラックス〜。

no-title

一番大きなヴェロネーゼの 『 カナの婚宴 』 も、間近で見上げて迫力たっぷりです。

no-title

ダ・ヴィンチの名作もこんなに近くで!

no-title

フェルメールの 『 レースを編む女 』 も!

no-title

ただし、この絵だけは別格!   厳重なガードのもと近づくことすら不可能です。
しかも、防弾ガラスのケース入り!!

no-title


no-title

『 ガブリエル・デストレとその妹 』 は、前回 は時間切れで見つけられなかったんだっけ。

no-title

歩けど歩けど観終わることのない巨大な迷路。
とりあえず今日は10時間かけて大満足。   外はすでに真っ暗でした〜^^;

no-title

万歩計持ってくればよかった・・。
posted by あんちゃん at 20:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Paris | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月06日

サント・シャペル

パリに滞在したら必ず訪れる教会のひとつ、【 Sainte−Chapelle 】
セーヌ川に浮かぶシテ島にあって、見どころはなんといってもパリ最古のステンドグラス ぴかぴか(新しい)

no-title

天井と床以外がすべてステンドグラスで埋め尽くされている光景は、まさにガラスの小箱の様。
毎度ながら、感動を通り越して言葉を失ってしまうなぁ。

no-title

なんでも、ステンドグラスには読むルールというものがあるらしく、下から上へ、左から右へ・・・
という順に見ていくんだそうですね。
ここを訪れる方、双眼鏡が必携ですよ。
posted by あんちゃん at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Paris | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Musse d’Orsay

パリで美術館巡りをするなら、ぜひ手に入れておきたいのが、【 パリ・ミュージアム・パス 】
滞在中に訪ねたい美術館や凱旋門など見どころの大部分をカバー。
特に、ルーヴルやオルセーなど数日かけて鑑賞したいときにはお徳感ありありなのです(^^

no-title

2、4、6あるうちから、とりあえず6日券買いました。

小雨混じりの午後。
傘をさして外を歩くのもおっくうなので、セーヌ川沿いに建つオルセー美術館へ。

no-title

今日は対岸のルーヴル美術館が休館日なので、やはりというか・・・・、
メチャ混みでした〜(^^;

no-title

こんなときでも、ミュージアム・パスだと専用の入り口からスムーズに入館できちゃう。
なかなかの優れものなんですよ〜。

no-title

内部の縦に長いドーム状の構造は、昔駅だった名残り。
39年という短い間だけ利用されていたオルレアン鉄道の終着駅だったんです。
かつてホームと線路があった部分は中央通路になってしまったけど、当時の時計はそのまんま。

no-title

数年前は鑑賞エリアも撮影OKだったんだけど、今できないのはちょっと残念。
すぐ目の前に、さりげなくでも大胆にミレーやゴッホ、ルノワールなど大御所の名作がずらり。
う〜ん、再訪せずにはいられないかも^^;

posted by あんちゃん at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Paris | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月05日

絶景カフェ

ギャラリー・ラファイエットのすぐお隣にある 【 プランタン百貨店メゾン館 】 の屋上テラス。
ここ、ちょっと穴場的な眺望スポットなんですよ〜。

no-title

ショッピングの合間に、カフェオレ&カヌレ 喫茶店

no-title

セルフ・サービスだけど、のんびり本を読むには絶好のロケーションだと思います。

no-title

夕景を眺めるのにもぴったり!!
ラベル:パリ プランタン
posted by あんちゃん at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Paris | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サン・マルタン運河

天気予報に雪だるまマークが付くくらいの寒い朝。
朝ご飯を済ませて、のんびり歩きながらサン・マルタン運河までやってきました。
19世紀の前半に造られたこの運河はセーヌ川とパリ北東部のルルク運河を結んでいて、25mの
高低差を9つの閘門を開閉しながら船が上っていく様は見ごたえたっぷり。
しかも、レトロな雰囲気が漂っていていい感じです。

はるばるセーヌ川から地下水路を通ってきたクルーズ船は、ここでようやくトンネルの外へ。

no-title

後方の閘門が閉まると、船のいる場所は一時的にプール状に。

no-title

前方から水が注入されて高さがいっしょになると、前方の閘門がゆっくり開いて進んでいきます。

no-title

長い運河には当然横切る道路もあるわけで、こんな光景を見ることもできますよ。

no-title

開閉式の回転する道路。
船が通過し終わったら、ゆっくりした動作で元に戻っていきます。

no-title

パリの中心から少しはずれたところにあるので、どこか 『 パリの日常 』 を感じれるかも。

no-title

映画 『 アメリ 』 で、主人公のアメリが水切りをしていたところでもあるよね〜^^
posted by あんちゃん at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Paris | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パリのわんこ

フランス革命以降、この国の標語は 【 自由・平等・友愛 】
おそらくその精神は、街を歩いているワンちゃんにもしっかり根付いているようです。

カフェでもくつろぐし・・、

no-title

Ca va(サ ヴァ) 元気〜? ・・って言ってるのかも(^^

no-title

とにかく、犬を連れて散歩している人をよく見かけます。 まさに家族の一員って感じかなぁ(^^

no-title

そして、どの犬もなぜかフサフサが多い(笑)   
冬の寒さが厳しいからかな?     ちなみに、緯度的には北海道よりも北国なんです。

近所のカフェで、パリのワサオ発見!

no-title

名前はエビス。 大きいけどまだ2歳なんだって。

no-title

ハヴアナイスデ〜って言ったら、ボンヌジュルネ〜って返されたよ。  フランス語喋らなきゃ。
ラベル:パリ
posted by あんちゃん at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Paris | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポン・デ・ザール

ルーヴル宮とつながる、その名も 【 芸術橋 = Pont des Arts 】
歩行者専用でベンチとかもあったりするので、パリの人々の格好の遊び場になっています。
なかには、ここでピクニックを楽しむパリっ子も!

no-title

ポン・デ・ザールのフェンスには、永遠の愛を誓う南京錠がずらり。 

no-title

形や大きさは様々だけど、なかにはこれでもかってくらいの頑丈なモノもあったりして(笑)
かけた鍵はどうするんだろう?  セーヌ川に捨てるのかな?
posted by あんちゃん at 20:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Paris | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夜明けのノートルダム大聖堂

昼夜を問わず多くの観光客でごった返すノートルダム大聖堂前の広場も、朝の7時はご覧の通り。
200年の年月をかけて建設された大聖堂の向こう側がうっすらと明るくなってきました。

no-title

パリの中心をあらわすゼロ地点に立って、早朝散歩の深呼吸。  
今日は晴れるかな〜。
posted by あんちゃん at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Paris | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月04日

日曜日はマルシェへ!!

毎月第一日曜日は、ルーヴル美術館の無料開放日。
混雑必至の朝9時オープンを狙って行ってみたら、もう既に中庭の奥の方まで長蛇の列が・・ あせあせ(飛び散る汗)

no-title

そそくさと諦めて、同じく日曜日にマルシェがたつラスパイユへ方向転換。
食材と果物を調達にやってきました(^^

no-title

屋内、屋外合わせて80あまりの朝市(マルシェ)が開かれるといわれるパリ。
マルシェは、パリっ子にとって、日々の生活に欠かせない新鮮な食材の宝庫なのです。
そして、ここラスパイユは、パリでたった3箇所しかないオーガニック専門のビオ・マルシェ。

no-title

ちょっぴり形がよくなかったりするものもあるけれど、その美味しさと安心を求めてたくさんの人が
買い物に来ています。
果物や野菜のほかにも、牡蠣も新鮮。 旨い!!

no-title

マレンヌ・オレロン産だよ〜(^^/

no-title

これまで何度か来たけど、毎回買い物のお供はバターの風味がたまらない焼きたてのガレットで。

no-title

あまりの美味さにお替りしたら、こいつじゃなくて焼いてる俺を撮ってくれ!  ・・だって(笑)

no-title

う〜ん、セ・ボーン!!
来週もまた来ようかな(^^
posted by あんちゃん at 20:00| Comment(4) | TrackBack(0) | Paris | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月03日

気ままに土曜日

・・・と、タイトルを書いてはみたけど、実は旅先では曜日を忘れていることが多いです(^^;

朝のチュイルリー公園。
ルーヴル美術館側から歩いてくると、遠くにシャンゼリゼや凱旋門が見渡せる気持ちのいいところ。
池のほとりでしばしのんびりしてみました。

no-title

その昔、マリー・アントワネットが断頭台の露と消えたコンコルド広場にて。
晴れたらこのバスに乗ってみたいとひそかに計画中です。

no-title

街でよく見かける自転車乗りのポリスマン。   颯爽と走り去る姿がカッコイイ〜^^

no-title

パリの名物といえば、街角のカフェ。
実際、角にあるお店が多いかも。  まあそれくらい道路が複雑に入り組んでいるんですね。

no-title

エッフェル塔が間近に見えるグルネル通りで偶然入ったカフェでお昼ご飯。
生ハムとドライトマトが絶品だったカプレーゼに舌鼓^^  これで済ませればよかったのに・・。

no-title

調子に乗ってステーキまでオーダー。
これがまた超ビッグなサイズで、もう笑ってごまかすしかなかったりして(^^;
完食、ちょっと無理でした〜。

no-title

修復工事のため1999年以降シートが被せられ続けていた、【 サン・シュルピス教会 】
昨年ようやく工事が終了して、久しぶりにふたつの塔が並ぶ本来の姿に戻ったんだそうです。

no-title

やはり、入ってすぐ右側にある、ドラクロワが描いた 『 ヤコブと天使の戦い 』 は必見かなと。

no-title

内部は厳粛な時間が流れてますが、小さな子供たちにとっては退屈な場所。
わりと遊びまわってたりします。

no-title

あのサルトルやボーヴォワールが愛して止まなかった 『 カフェ・ドゥ・マゴ 』 でひと休み。
土曜日の午後だからなのか、とても賑やかでした。

no-title

目の前のサンジェルマン・デ・プレ教会をぼんやり眺めながらのコーヒーは最高に旨い!

no-title

小雨がぽつぽつと降ってきました。  もう少し雨宿りして帰ろうっと。
posted by あんちゃん at 20:00| Comment(4) | TrackBack(0) | Paris | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月02日

駐車の魔法!?

日本で縦列駐車が難しいといわれるのは、前後の車に当ててはいけないという不文律があるから。
細い道路が入り組んでいるパリの街は、駐車スペースがほとんどなくって路上駐車が当たり前。
でも、みなさん、いとも簡単に縦列駐車をやってのけてます。

no-title

その駐車テクニックはいたってシンプル。
それは、ねじ込んでいるから!!
まず、バックで後ろの車の前バンパーに当ててズズッと動かし、そして前の車のバンパーを押しつつ
スペースを確保。
相手がドイツの高級車であろうとお構いなしです(笑)

no-title

それにしても、アラームが鳴らないのが不思議だなぁ^^;
ラベル:パリ 路上駐車
posted by あんちゃん at 23:00| Comment(4) | TrackBack(0) | Paris | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Graffitis

ここは芸術の都だからなのか、それとも世界に名だたる観光都市の宿命だからなのでしょうか・・。
誰かが街の片隅に描き残していった 【 落書き 】 も、何気にアートです(^^

上から、髭スマイル、角スマイル、出っ歯スマイル。
線の太さ、擦れ具合からして、ふたりのアーティストの合作かもしれませんね(笑)

no-title

これは医大生の仕業??
骨の形といい、リアルな肺の描写といい、ちょっと不気味です。

no-title

君のハートを狙い撃ち!   ・・・にしても、マシンガン!?

no-title

思わずドキッ!!   リアルな表情に一瞬ホンモノかと思いました。
これは落書きというより彫刻といったほうが正しいのかも(^^;

no-title

歩道にある下水溝の蓋も、パリのアーティストにかかればこうなるのか!
何もない状態で肋骨の形をイメージする感覚が鋭い!!

no-title

ユーモアとエスプリにあふれたグラフィティ・アート・コレクション。
パート2に続く・・・・・かな?
ラベル:パリ 落書き
posted by あんちゃん at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Paris | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メトロの入り口

こんなのもありました。

no-title

宝石の王冠のような出入り口。
自由な発想を心の底から楽しんでいるように思えます。
駅名は、『 PALAIS ROYAL MUSEE DU LOUVRE 』 だったかな?
ラベル:パリ メトロ
posted by あんちゃん at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Paris | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

巴里の薄暮

パリに来て2日目の夕刻、ようやくエッフェル塔にご挨拶(^^
セーヌ川沿いを歩いていたら、イルミネーションが点灯する瞬間に立ち会えました。

no-title

サントノレ通りにあるお店へ春物のダウンを見に行こうと、コンコルド広場を横切る途中、
シャンゼリゼ大通りのイルミネーションが美しかったので、交差点のど真ん中からパチリ カメラ

no-title

夜のパリもまた美しすぎます。
posted by あんちゃん at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Paris | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サントゥスタッシュ教会

これまた歩いてすぐの レ・アール という地区にある、高々とそびえる大伽藍なんですが、
17世紀のステンドグラスが見ものらしいので、朝ご飯を食べに行く途中に立ち寄ってみました。

no-title

椅子に座って荘厳な気分に浸っていたら、どこからともなくスズメがちゅんちゅん。
入ってくる場所なんてなさそうだけど・・。   棲みついているのかな?
この教会のもうひとつの見どころは、8000本のパイプを持つオルガン。

no-title

週末には無料のオルガンコンサートが開かれるみたいなので、今度行ってみよう。
posted by あんちゃん at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Paris | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。