2012年12月11日

真冬のトロピカル

今さらながら、大の旅好きなんです 飛行機

no-title

 
ふらっと出かけるひとり旅。   
今は何かと忙しくて、新居が完成して自分の部屋ができたらのんびりアップしま〜す。
posted by あんちゃん at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Singapore | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月15日

気温差26度!!

預けていた荷物をピックアップして、空港へ向かうタクシーの中からマリーナ・ベイ・サンズ。

no-title

夜の7時前だというのにまだまだ明るいね。   あっという間だったけど楽しかったなぁ〜^^
帰国便はひらがなが目立つ羽田行き(笑)   なんでこれだけ?

no-title

空港で晩ご飯を済ませて、あとはもう寝て帰るだけ。  また来るね〜 手(パー)

no-title

ぐっすり寝て目が覚めたのは、まだ真っ暗な沖縄上空。
軽めの朝ご飯をいただいて羽田に着いたのは朝の6時前でした。 気温は1度! ひぇ〜っ!!
7時には自宅に到着〜。 羽田の近さがありがたいなぁ。 

no-title

中庭の池、パキッと凍ってました^^;
つい半日前の熱帯の国が早くもなつかしくなったりして(笑)

no-title

これ書いてる1/20 、初雪が降ってます 雪
posted by あんちゃん at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Singapore | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月14日

元祖シンガポール・スリング @ ロング・バー

午前中をホテルのプールで過ごした最終日。 夜10時の飛行機なので夕方まではのんびりです^^
午後になってふらりとお散歩がてら、ラッフルズ・ホテルへやってきました。

no-title

100年以上の歴史を誇る白亜の名門。  
シンガポールの文化遺産に指定されてるだけあって、ひときわ目を引く美しさですよね〜。

no-title

イギリス植民地時代の雰囲気を色濃く残すコロニアル様式の回廊は、ほど良い距離の散策コース。
中庭に生い茂った椰子の木がいい感じ。  ここだけ雨が似合いそうじゃない?

no-title

そろそろ喉も潤したい気分だし、泊まらずとも優雅な雰囲気をちょっとだけ味わいたくて
2階の奥にある 『 ロング・バー 』 へ バー

no-title

かの有名なカクテル、シンガポール・スリングを生んだ伝説のカウンターで、昼間っからひとり酒。
う〜ん、なんて贅沢なんだ(^^
オーダーすべきは、やっぱり、元祖シンガポール・スリングを!!

no-title

おつまみは、木の箱に山盛りに入ったピーナッツ。
豪快に殻を床に散らしながら食べるのが、このバーでの流儀なのです(笑)

no-title

あまりに美味しくて、立て続けに2杯飲んじゃった。   いい気分〜♪
posted by あんちゃん at 19:00| Comment(4) | TrackBack(0) | Singapore | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月13日

328 カトン・ラクサ

カトン散策で小腹が空いたら、ラクサで決まり!   プラナカン料理の代表的メニューなんです。
ラクサとは、ココナッツミルクをベースにしたエビの風味がたっぷりスープの甘辛米麺のこと。
そんなラクサ激戦区でトップの座をキープし続けている有名店が、『 328 カトン・ラクサ 』

no-title

軒先にテーブルがあるだけの簡単な造りは、まるでファーストフード店。
ここで間違いないんだよね? ・・と、看板を見直してみたくらい超ローカルな雰囲気だったけど
随所に張られてる人気店の証ともいうべき有名人の写真を信じて、早速オーダー。

no-title

あっという間にテーブルにラクサが。 大中小は選べるけどメニューはラクサだけだもんね(笑)

no-title
 
ツルツルでもやしのように短い麺は、お箸は使いづらくてレンゲで食べました。
濃厚な辛さで深みのある味わいのスープは美味しいのなんのって・・。  汗かくよ〜^^
posted by あんちゃん at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Singapore | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

色とりどりのプラナカン建築群

シンガポールの中心部からMRT東西線でおよそ20分の郊外にある、Katong( カトン )
にやってきました。

no-title

15世紀末にマレーシアやシンガポールにやってきた中国人移民たちは、現地の女性と結婚して
中国とヨーロッパの文化をミックスさせた独自の生活スタイルを築き上げたそうで・・・・。
カトンの街の一角には、今もなお 【 プラナカン様式 】 と呼ばれる独特の建築様式が残ってます。
その最大の特徴は・・・・、

とてもカラフル&キュート!!

no-title

花やつる草模様のレリーフが施されていて、明るいパステルカラーのひとつひとつは、まるで宝石箱
のような美しさです。
見ると、実はまだ人が住んでる住宅地。失礼のないようにパチリと数枚撮らせていただきましたー。

no-title

細かく観察していると時間が経つのを忘れてしまうほど。   
隣同士でデザインを統一したりして、でも色がダブらないようにしているあたりが美しいですよね。

no-title

在りし日のシンガポールの建築群、とっても繊細でした。
posted by あんちゃん at 20:00| Comment(4) | TrackBack(0) | Singapore | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月11日

カヴェナ橋

美しくライトアップされたフラトンホテルと、その前に架かる Cavenagh Bridge。
1868年に建設された、シンガポールで唯一原形をとどめている吊り橋だそうですよ。

no-title

月夜のお散歩。  夜風が気持ちよかったな〜。
posted by あんちゃん at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Singapore | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【 Chatterbox 】 アゲイン!!

様々な人種が入り乱れるオーチャード・ロード。
シンガポール随一の華やぎの目抜き通りというだけあって、昼前からもう大混雑です あせあせ(飛び散る汗)

no-title

全長3km。  どこまでも続く街路樹に、目移りしてしまいそうなくらいのお店の数々・・・。

no-title

あのジューシーな味が忘れられなくて、久しぶりに 『 チャター・ボックス 』 へ行ってみました。
チキンライスにしてはS$25と少々値が張るんだけど、お皿のチキンはたっぷりの2段重ねだし、
チキンスープで炊いた生姜風味のご飯はお替り可能ってのがうれしいよね^^

no-title

チリ・ジンジャー・ダークソイの3種のソースを付け比べ。  
常連になると、これらのソースを一気に混ぜてチキンの上にどばっとかける方もいるとか・・・。
あ、それ美味しそうだなぁ^^
posted by あんちゃん at 18:30| Comment(2) | TrackBack(0) | Singapore | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

rich colored

部屋から見えたシンガポールリバーはどこまでも濃い緑に包まれていて、
さて朝食をどこで食べようかなぁ・・・と、シャワーを浴びて川沿いをぶらりとお散歩。

no-title

旅先ではいつも早起きなんです。   不思議だ・・・^^;

no-title

街路樹や道端に咲いてる花は、どれもトロピカルカラーの極彩色。  きれいですよね〜。

no-title


no-title


no-title

途中で見かけた チェッティア・ヒンドゥー寺院 も、これまた極彩色豊か。
チャイナタウンにある スリ・マリアマン寺院 はどこかオレンジ色っぽかったけど、
このお寺は目にも優しいエメラルド色ですね。
  
no-title

色とりどりの朝の風景を楽しんでたら、ロバートソン・キーからオーチャードまで来ちゃったよ。
いい汗かいたなぁ^^

no-title

さてと、肝心の朝ご飯。   気持ちはチキンライスです。 またっ!??
posted by あんちゃん at 13:00| Comment(3) | TrackBack(0) | Singapore | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月10日

しみじみ美味しい肉骨茶 【 Ya Hua Bak Kut Teh 】

ランチやディナーはもちろん、ちょっと小腹が空いたときにも重宝するバクテー。
漢字で書くと 『 肉骨茶 』。 
豚肉のスペアリブをニンニクやハーブ、多彩な香辛料とともにコトコト煮込んだ料理です。
この 【 ヤ ファ バクテー 】 も、友達が美味しいよーとオススメしてくれたので早速・・。

no-title

ホテルの部屋で食べたくてまずはテイクアウト。 深夜の2時まで開いてるんだって。
あまりに美味しかったので、夜食にもういちど食べに行きました(^^; 

no-title

ホロホロくずれるお肉のとろけ感がたまらない!
ほどよく胡椒が効いたスープをご飯にかけて食べると、明日の朝食もこれっ!となりそうでした。
これでS$6。 およそ360円なり!!     シンガポールまた行きたい・・・。
posted by あんちゃん at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Singapore | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夜がオススメ ☆

シンガポールの国名の由来は、サンスクリット語の 『 シンガプーラ 』
『 シンガ 』 はライオンを、『 プーラ 』 は街を意味してるんだそうですね。

夕食の後の腹ごなしに、川沿いをぶらりと歩いてやってきたのは 【 マーライオン・パーク 】
ライオンが白く飛んじゃいましたが、そこは神々しさを表現したかった・・・ということで(^^;

no-title

近未来的な対岸のマリーナ・ベイ・サンズに向かって吐き出す水しぶきが美しいですよね〜。
昼間に見るのもいいんだけど、この公園のオススメの散策時間は実は夜。
なんといっても涼しいし、ラッフルズプレイスの夜景をバックに立つ姿はどこか幻想的かも・・。

no-title

マーライオンが吐く水しぶきも、夜景とライトアップにキラキラと輝いて ぴかぴか(新しい)
まるで光のアーチのようですね(^^

no-title

実は昼にも来たんだけど、清掃している最中で水を吐かない珍しい光景でした。
夜の再訪、諦めなくてよかったなー。
posted by あんちゃん at 22:30| Comment(6) | TrackBack(0) | Singapore | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シンガポールの中華正月

多民族国家とはいえ、その大半が中華系のシンガポール。
なので、旧正月の盛り上がりは相当なものだそうで、街中が赤一色でお祝いされるらしいです。
来るときに見たチャイナタウンの真っ赤な龍 も、昼間に見たらこんな感じ。 かわいいですね^^

no-title

そして、シンガポールの春節で欠かせないものといえば、実をいっぱいに付けた金柑の鉢植え。
柑橘の ‘ 橘 ’ の俗字が ‘ 桔 ’ なので、それが転じて ‘ 吉 ’ となるんだって。
街はもちろん、お気に入りのフラトンのカフェやロビーにもたくさん飾られてましたよ^^

no-title

たわわに実るオレンジ色には、『 お金持ちになれますように 』 の意味も込められてるそう。
ご利益あるかな〜(笑)
posted by あんちゃん at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Singapore | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドリアン @ チャイナタウン

雨季なのでたま〜に小雨 雨
ただ日本みたいにしとしと降り続くんじゃなくて、さっと降ってさっと上がるって感じです。

no-title

チャイナタウンを歩いてたらぱらぱらっときたので、駅近くのデパートへ雨宿り。
あれっ!? 地図ではデパートのはずなんだけど、どう見ても市場の雰囲気にしか見えないなぁ。
屋根はテント張りだし(^^;

no-title

色とりどりのトロピカルフルーツや怪しい野菜が無造作に並ぶ果物売り場。
ガラスケースで切り売りしているお店があったので、食べたことのない果物を指差して聞いてみたら
なんか意味不明な早口の中国語?で返されたよ^^;      

no-title

サトウキビのような自然の甘さが口に広がって、食感はシャリシャリ。   う〜ん何だろう???
絞りたてのスイカジュース、大好物なんです^^

no-title

・・と、ジュース片手に歩いていたら、どこからともなく突然漂ってきましたよ、あの匂いが exclamation×2
巷でよく聞くのはタマネギの腐敗臭 ( といっても嗅いだ経験は多分ないんだけど )
ピーンとくるのは、ほら、あれですよ。  ツーンとくる都市ガスの匂い。

no-title

目の前にどーんと置かれていたのは、果物の王様ドリアンとパック詰めされた黄色い果肉。
兄ちゃんが包丁でさくっと割ってはパックに詰め続けてるものだから、辺りはもうガス漏れ状態 ダッシュ(走り出すさま)

警報機があったら絶対作動してるよね(笑)        ちなみに、美味しいと思います。
posted by あんちゃん at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Singapore | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シンガポールで大人気!! シリアルプラウン

1時間しか時差がないシンガポール。  いつもどおりに起きれる小さな幸せがうれしいよね^^
シャワーを浴びてタクシーで朝ごはんを食べに行ったのは、ちょい郊外のノヴィナってところ。
タクシーも驚くほど安いのでついつい使ってしまいます。

no-title

シンガポールの定番中の定番ご飯といったら、チキンライス。
鶏のダシで炊いたご飯とセットになった蒸し鶏が美味しいんですよね〜。
このお店は友人が薦めてくれたチキンライスが美味な店。  まだガイドブック未掲載じゃない?
トムソン・ロード沿いにある 『 Wee Nam Kee 』 って名前のお店です。

no-title

一般的にはスチームが多いけど、ここでのオススメは照りが食欲をそそるローストチキン。
お昼前の11時のオープンを待って一番に入りました(^^;

no-title

濃いめのダークソイソースにたっぷりのショウガを混ぜて、チキンに付けていただきまーす!
もうシンガポールのチキンライス最高!!  毎日食べてもいいな〜^^

no-title

そして、30分くらいかかるけどいいか? って言われて出てきたのが、cereal prawns 。
エビのシリアル揚げなんだけど、これが山盛りで甘くてサクサク。   オイチー グッド(上向き矢印)

no-title

絶妙な甘さとエビの香ばしさが見事にマッチ!   ランチビール頼んじゃおっかな〜^^/
オープンして1時間・・・。  お店を出てみたら外のテーブルまで満席でした。

no-title

ガイドブックで紹介される日も近いかも!?
posted by あんちゃん at 20:00| Comment(4) | TrackBack(0) | Singapore | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月09日

Jumbo Seafood

都合により、今回はあんちゃん妻とは現地のホテルで待ち合わせ。
成田のカフェで、ひとり気ままに出発前のコーヒータイムです 喫茶店  

no-title

夕方にはシンガポールに着いていたいので、今日は成田発の午前中の便で。
そして現地には少しでも長くいたいので、帰国便は深夜発の羽田行きにしてみました。
行きと帰りで空港が違うと、問題なのはコートやダウンなどの嵩張る衣類。
ロッカーに預けるわけにもいかないし、車で行くわけにもいかないし、どうするかなぁ〜^^;
・・・なんて考えつつ、薄手の上着をスーツケースに詰め込んで、眼下はフィリピン上空です。
サンゴ礁に縁取られた島々がきれいですね。

no-title

チャンギ空港の混雑で予定より30分遅れの空路8時間・・・。
タクシーを飛ばして市内に入ったのは、夜の7時前。 赤道直下だけあってまだ明るいね。

no-title

ホテルでみんなと合流したら、再び車で予約を入れてもらっているレストランへ。
今年は辰年。  チャイナタウンには波打つように真っ赤などデカイ龍が!!   

no-title

向かった先は、シンガポールリバー沿いの賑やかなクラーク・キー。
川面に映る色とりどりの夜景がきれいだなぁ。

no-title

友人夫妻との晩ご飯は、シンガポールのマストグルメとして外せない 『 ジャンボ・シーフード 』
観光客も地元の人も毎日たくさんの人が訪れるという、超有名店です。

no-title

オープンエアの店内に吹き抜ける風。  久しぶりにエアコンの冷気が心地いい〜^^
タイガービールと白ワインで乾杯したら、これ美味しいよ〜と、まずは魚のから揚げを。

no-title

カラッと丸ごと。バリバリッと食べれる香ばしさがたまらないよね。
これも超オススメ!!  香りが最高なエビのガーリック炒めはビールにピッタリでした! 

no-title

そして、このお店の名物料理といえば、なんといってもチリクラブ!
蟹の種類はスリランカクラブだそうで、鮮やかなオレンジ色で大きな鍋に入れられて出てきます。
爪がでかっ!!

no-title

はさみで殻をグワシッと割ると、白い蟹の身がビッシリ!!
溶き卵でほど良く中和されたチリソースが甘辛くて、しばし至福の時間を無言で堪能 ♪
一滴も残したくないほどめちゃウマなソースは、別に頼んだ揚げパンに付けて・・・。
このパンがまた少し甘めで美味しいのよ〜。

no-title

そうそう、席に着くとお店の人がエプロンを付けてくれるんだけど、このデザインがかわゆい(笑)
新しいのをひとつもらって記念に持って帰る旅行者が多いんだって^^

no-title

楽しい時間を過ごしたら、夜景がきれいに見えるという橋でみんなで記念写真。
シンガポールの賑やかな夜はまだまだこれから。

no-title

前回泊まった マリーナ・ベイ・サンズフラトン が同時に見える場所でした^^

no-title

今夜はまさに、海に囲まれたシンガポールならではのシーフード尽くしの夢の競演 ♪
予約必須の美味しいお店を取ってもらってホントにありがとう〜^^
後から知ったけど、ホタルイカのから揚げってのも美味しそうだなぁ。  それは次回の楽しみに。
posted by あんちゃん at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | Singapore | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月08日

Singapore

雨季真っ只中のシンガポール。
明日から、在住の友人を訪ねてちょこっと行ってきます 飛行機

no-title
posted by あんちゃん at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | Singapore | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月11日

Bye-Bye lah !!

日付もそろそろ変わりそうな、シンガポール最終夜。
数時間後の早朝には、ホテルをチェックアウトしてチャンギ国際空港へ行かなきゃ。
・・というのに、パッキングもまだしないまま、ネオン煌くクラーク・キーを散歩してたりして あせあせ(飛び散る汗)

no-title

クラーク・キーといえば、シンガポールのナイトライフの拠点みたいなところ。
川沿いのプロムナードからは、まだまだ大勢の人たちが食事を楽しんでるのが見えてます。
縁に陣取るカップルたち・・ 揺れるハート    ‘ 鴨川等間隔の法則 ’ は、世界共通なんですね(笑)
川を渡ってくる夜風が気持ちいいな〜^^

no-title

それにしても、よく歩いてよく食べた。    なんだか今も満腹だし(^^;
旅行の〆は、足裏マッサージ。  あんちゃん妻が何度か通ったことがあってかなり上手らしい。
旅の疲れも一気にぶっ飛ぶ1時間コース。 時計を見たら深夜の2時! でも、スッキリしたー ♪

結局、睡眠時間2時間で朝の6時には空港に到着ー!   

no-title

朝早かったから、チップを少し多めに渡しとこ。
はぁ、あっという間のシンガポールでした。    もっとゆっくりいたかったなぁ〜。
早い時間に日本に着きたかったので、帰りの便は羽田じゃなく成田行きで。

no-title

出発前に窓越しに見たら、飛行機の上に虹が架かってました^^
それじゃ、また来るね〜。      Good Bye lah 手(パー)
posted by あんちゃん at 11:11| Comment(2) | TrackBack(0) | Singapore | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月10日

まるで宮殿!? フラトンのプールは最高でした!!

MBSの賑やかな天空プールや縦横無尽のシンガポール観光&グルメも最高で楽しかったけど、
フラトンのプールで過ごした時間は格別でした。

no-title

ルームキーでしか入ることができないプライベートゾーン。
目の前に広がるシンガポールリバーを見渡す借景がなんとも開放的で、なにより静か!
タイガービールとピナコラーダでオトナの時間。  本を読んだり昼寝をしたり・・・・。

no-title

フルーツのサテー。   プールサイドスタッフがサービスしてくれました(^^

no-title

昼間のプールもいいけど、
日が落ちて、空の色が少しずつ濃くなってくる黄昏時のプールサイドがまたいいんです!
周りの景色がもう最高なんだから!!

no-title

ビルや両岸の建物に灯が入り始めると、水面に写る夜景がいっそう華やかな情景に。
川を下るクルーズ船も相まって気分はまさに極楽気分だなぁ るんるん
シンガポールで唯一原型をとどめている吊り橋のカヴェナ橋もすぐ目の前に見えてます。

no-title

MBSとは対照的な、誰にも邪魔されない静寂感。
ホテル滞在中、もしかしていちばん時間を過ごしたのがこのプールかも(^^;

no-title

ライトアップされたどっしりと重厚な柱が並ぶプールサイド。   日常、しばし忘れ去ってます。

no-title

う〜ん、ここ気に入ったなぁ。  また、絶対来ようっと!!
posted by あんちゃん at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Singapore | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Fullerton Singapore

滞在後半はホテルを替えて、シンガポールリバー沿いに建つ 【 フラトン 】 へ。

no-title

かつては中央郵便局として歴史を刻んだ建物で、ドーリア式の円柱が並ぶ外観は超レトロ!!
近未来的なマリーナ・ベイ・サンズとのギャップを旅行前から楽しみにはしてたんだけど、
いや〜、来てみてよかった!!  期待を裏切らないホスピタリティーの高さに大満足でした^^

no-title

なんといっても、エントランスに入った瞬間の落ち着いた雰囲気。  う〜ん、たまらないなぁ。
ランの花も芸術的に生けられてるし(笑)、いい香り ♪

no-title

外観以上に圧倒される最上階まで吹き抜けのロビーも、クラシカルで重厚で開放感に溢れていて
和紙が張られているという天井のガラスからは、優しい光が差し込んでます。

no-title


no-title

1階のカフェ 『 ザ・コートヤード 』 は、竹が植えられていてオリエンタルな雰囲気。
ぐるっと取り囲む大きな窓が、どこか当時の面影を残してますよね。
午後になれば、吹き抜け天井からの明るい光の下で甘い香りのチョコレートブッフェが人気でした。

no-title

ホテルの目の前はシンガポールリバーに沿った遊歩道。
色鮮やかなショップハウスが立ち並ぶボート・キーも目の前だし、のんびりお散歩にも絶好ですね。

no-title


no-title

シンガポール近代化の父と呼ばれるラッフルズ卿の上陸地点で、かの時代に思いを馳せてみたり、
湾向こうのMBSよりも圧倒的に便利なロケーションが気に入った!!

no-title

さて、お部屋。
もともとホテルとして設計されてないので窓はそんなに大きくなかったけど、
当時はオフィスだったんだろうなぁ〜と思えるスクエアな造りは、まさにシンプルモダン。

no-title

余計な装飾を排しているあたりは、どこかヨーロッパの古城ホテルみたい!
バスルームもゆったりサイズ ♪

no-title

ささっと荷解きしたら、またまたプールでのんびり泳いできまーす!
posted by あんちゃん at 20:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Singapore | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月08日

ディーパバリで賑わう リトル・インディア

市内をタクシーで何度か通った際、ふと目にした光の回廊があまりに印象的で、行ってきました。
夜のリトル・インディア!!

no-title

人生初のインド人街。         夜暗いし道は間違うし、かな〜り緊張しましたよ。
だって皆さん、目がギラギラしてるんだもの!!!

no-title

高感度で撮ってるからこうだけど、実際はかなりの真っ暗。
しかも、この写真を撮ったのは、深夜の11時前!   ここでは時間の概念がないのか!?

・・・と思いきや、
実はこの時期、10月半ばから11月にかけての頃は、インドの新年のお祝いにあたるんだって。
Deepavali ( ディーパバリ ) と呼ばれてます。
サンスクリット語で、ディーパは‘ 光 ’を、バリは‘ 列 ’を意味するそうで・・・・。

no-title

リトル・インディアの目抜き通りのセラングーン通りは、名前のとおり光のアーチが!!!

no-title

まさに、光の祭典 ぴかぴか(新しい)      いつか神戸で見た ルミナリエ を思い出すなぁ(^^
通りのず〜っと奥まで光のトンネルが続いていて、とてもキレイでした。
常夏で四季がないシンガポールでは、このお祭りで年末が近づいてきたと感じるんだそうですよ。

そして、リトル・インディアでの晩ご飯は、何といってもカレーです。

旅行 650.jpg

絶対ココと決めて行ったお店は、『 バナナ・リーフ・アポロ 』
バナナの葉っぱに無造作に盛られたサフランライスのぱらぱら加減がまた美味しいんだけど、
このお店で絶対食べるべきは、名物のフィッシュ・ヘッド・カレー exclamation×2

no-title

食べかけで背骨が少し見えちゃってるけど(笑)
まるで洗面器かと間違えそうなお皿にドカーンと入っているのは、丸ごとの魚の頭!
香辛料が複雑に絡み合ったカレーと淡白な白身のお魚の組み合わせは、想定外の美味しさでした。
かなりのボリュームだったのに、ペロリと平らげて大満足。  これはもう一度食べたいなぁ^^

no-title

ハッピー ディーパバリ!!
そういえば、これだけ人が溢れかえってたのに、メガネの人を見かけなかったなぁ 眼鏡
posted by あんちゃん at 23:00| Comment(6) | TrackBack(0) | Singapore | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月07日

赤道直下のエキゾチック散歩 〜 チャイナタウン 〜

シンガポールの魅力といえば、やはり多様な民族の文化をいっぺんに体験できることですよね。
しかも、おもな見どころが中心部に集中してるので、どのエリアに行くにも地下鉄やタクシーで
楽ちんアクセスが可能ってこともまたうれしかったりするわけです。

・・・ということで、赤い提灯がぶら下がるチャイナタウンにやってきました。

no-title

メインのパゴダ・ストリートをぶらりと散策。
コテコテの中華看板が並ぶ横浜の中華街とはひと味もふた味も違って、どこかシノワズリな雰囲気なのは、イギリスが植民地にしていた影響もあるのかな?

no-title

とにかく、建物はどれもカラフル!!
そのほとんどが、1階は店舗で2階より上が家屋のショップハウスと呼ばれる造りなんだって。
どのお店も、チャイナテイストなお土産でぎっしりと埋め尽くされてます。
骨董屋さんをのんびり見て歩いたりするのも楽しいよね。

no-title

色とりどりのオールド・ポーセリン。   お値打ち品見つかるかな〜^^
広場では、テーブルをたくさん並べて中国式の囲碁のようなものに熱中してるオジサマ方が・・・。

no-title

対戦の様子をしばらく見てたけど、どういう指し方をしているのか全くわからなかったよ あせあせ(飛び散る汗)

そろそろお腹が空いてきたのでランチでも(^^
シンガポールでは外ご飯が常識っていうくらい、格安で美味しいお店が多いのが魅力のひとつ。
なかでも、屋台が集まるホーカーズは、地元の雰囲気とローカルフードを同時に楽しめていいネ。

no-title

【 マックスウェル・フードセンター 】 はチャイナタウンにあるので、中華系がメインらしい。
フルーツだってよりどりみどり ♪    

no-title

絞りたてのスイカジュースが美味しかった〜^^

no-title

またしても、チキンライス(笑)
シンガポールのチキンライスは夢にも出てくるくらい美味しいなぁ(^^  
『 天天海南鶏飯 』 のチキンライスは絶品でした!    毎日飽きるまで食べたいわ。

no-title

食べ物以外でも、ティッシュ売りのおじさんや後片付け係りがいたりとか、日本では見ることのない
文化みたいなものを垣間見ることができて面白かったなぁ。
ちなみに、席とってます合図は、テーブルの上にティッシュを置くんだって(^^

そして、チャイナタウンの一角というかど真ん中には、こんなカラフルな寺院もありましたよ。
高さ15メートルの極彩色に塗られた門が圧巻の 【 スリ・マリアマン寺院 】

no-title

南インドの地母神の女神マリアマンを祀った、シンガポール最古のヒンドゥー教寺院です。
びっしりと彫りこまれた精緻な彫像のひとつひとつは、ヒンドゥー神話の神々のみなさま。
ひとつひとつを見ていると時間がいくらあっても足らないくらい(^^;
最高神のひとりシヴァのお姿が4体彫られてるらしいけど、わかりますか?

no-title

それにしても、なぜ、チャイナタウンにインドの神々が・・・・・?
それは、あのラッフルズ卿がシンガポールを民族ごとのエリアに分けた19世紀半ば以前、
この辺りはインド人街だったからなんだって。

とにかく広くていろんなものがひしめき合ってたチャイナタウン。
もっとじっくり時間をかけて、宝探し気分で散歩したいところでした。
posted by あんちゃん at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Singapore | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。