2012年10月26日

ジャ〜〜〜〜〜ン!!

九州本土で2番目の高さ。
3週間目 にして、リベンジできましたー!!

no-title

紅葉も景色も最高だった、往復5時間のトレッキング。
辛いところもあったけど、一歩一歩登っていけば必ずゴールに辿り着く爽快感と達成感。

no-title

山頂ではすっごい景色が広がっていて、辛さを乗り越えたご褒美をいただけました〜。

no-title

目の前には、雄大な阿蘇のカルデラとどっしりと横たわる阿蘇五岳がバーンと広がってます。

no-title

斜面を彩るのは、ドウダンツツジの紅葉なんだそう・・。
もう少しすればさらに華やかな錦絵が広がりそうですね。

no-title

次は、12月の霧氷にチャレンジしてみるかな(^^
タグ:久住山
posted by あんちゃん at 23:58| Comment(8) | TrackBack(0) | ぶらり・・・ 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おおーやりましたね〜1700mオーバーとはうちの近所の羅臼岳より高い!すごい・・・。景色もよさそうですね。霧氷の写真楽しみにしてます〜
Posted by えぞばふんうに at 2012年10月29日 17:20
九州最高峰では?
九重連山の久住山、苦汁の書き方を強いられる山々の名前ですねえ。(ダジャレです)

しかし例の黄色のトレッキングシューズの
初制覇 おめでとうございます。
紅葉これからかな?
Posted by お星様 at 2012年10月30日 15:44
えぞばふんうにさん、こんばんはー!
宮崎・霧島連山の高千穂峰、韓国岳、そして富士山に次ぐ登頂でした〜(^^/
・・とはいっても、登山口が高いところにあるので、標高差は735メートルなんですけどね。
霧氷も見ごたえありそうですが、初夏のミヤマキリシマが最高なんだそうですよ。
それにしても、山登り楽しいっすね。
僕よりもあんちゃん妻のほうが嵌ってしまいそうな気配です。
Posted by あんちゃん at 2012年10月30日 22:35
お星様さん、こんばんは。
僕もこちらに帰るまでは、てっきり久住山が最高峰とばかり思ってたんですけどね、
実は、同じ九重連山にある中岳がわずか5メートル差で最高峰なんですよ。
ちなみに、九州の最高峰は、屋久島にある宮之浦岳ですよね(^^
山登りのあとは、もちろん温泉で汗を流して帰りました。
Posted by あんちゃん at 2012年10月30日 22:44
お写真を通して、登頂成功の爽快感がしっかり伝わってきました〜。山登りかぁ〜、私もトライしてみたいなぁ〜。
Posted by Eica at 2012年11月01日 17:01
そちらも綺麗に色づいてますね〜。
それに山頂付近は大きな木もなく、360°の大パノラマで、
登りきった達成感も相まってさぞ気持ちよかった事でしょう^^

次は白い景色が待ってますね。
でも十分気を付けて下さいね^^
Posted by bauパパ at 2012年11月02日 21:25
Eicaさん、アロハ〜^^
山登りといえば、僕の登山歴にマウナケアを加えるのを忘れてました(^^;
・・・といっても、頂上まで4駆で行ったんですけどね。
日本で見るのとはスケールが違いすぎる頂上からのサンセットと
まるで手が届きそうなくらい美しかった星空は忘れることができません。
あまりにも雄大なマウナケア、またトライしてみたいなぁ・・。
Posted by あんちゃん at 2012年11月03日 00:13
bauパパさん、こんばんは^^
岩だらけの山頂では、まさにグルッと見渡せる爽快感を堪能できましたよ。
今秋いちばんの寒さだった昨日は、早くも樹氷を観測できたそうです。
南国九州とはいえ、山の上ではすっかり冬の装いが始まってるようですね。
庭のモミジも真っ赤に色付いて、秋深しって感じです。
パパさんにとっては、これからまた忙しいウインターシーズンの到来ですね(^^
Posted by あんちゃん at 2012年11月03日 00:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/299160824

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。