2012年07月20日

世界の至宝が一堂に! 【 大英博物館 】

ロンドン滞在中、何が何でも見学したかったのがここ。
人類のあらゆる文化遺産が集結している世界最古で、世界最大規模の 【 大英博物館 】

no-title

限られた時間ですべてを見て回るのはほぼ不可能なので、
見たい展示品に的を絞って効率よく心と頭に栄養を補給していかなくっちゃ(^^
ちなみに、人類の膨大な遺産ということで、入場料が無料というのもうれしいよね!

no-title

明るい光が差し込むグレート・コートのすぐお隣は、エジプトの彫刻コーナー。
大英帝国時代の圧倒的な財力で集められた必見出土品がずらりと並んでます ぴかぴか(新しい)
なんといってもBC1250年ごろのラムセス2世の胸像や石棺は、見ごたえたっぷり!!

no-title


no-title

胸像の右胸の穴は、ナポレオン軍が像を取り去ろうとしたときのものなんだって。

そして、一番人気なのが、【 ロゼッタ・ストーン 】。

no-title

ヒエログリフ(聖刻文字)、デモティック(民衆文字)、古代ギリシャ語でびっしりと
刻まれているそうだけど、う〜ん何が何やら・・・・(^^;

博物館のなかでもっとも混雑しているエリアが、古代エジプトのミイラのエリア。

ロンドン30.JPG

人体の形を模した棺は、被葬者の生前の容貌なんだそうですね。

no-title

人類の永遠のテーマであろう 『 人は死後、どこへ行ってどうなるのか・・・? 』
【 死者の書 】 では 、死後どうなるのかの審判が描かれていてじーっと見入ってしまったぞ。

no-title

秤にかけられた死者の心臓が、片方の皿に乗せられた真実と正義を象徴する羽より重ければ
なんと有罪!!  そのままワニに食べられてしまうんだって がく〜(落胆した顔)
両者が釣り合えば、永遠の楽園に行けるそうです。  面白いですよね〜。

さて、世界の至宝が一堂に会するといえば、いよいよ来週に迫ったロンドンオリンピック。
大英博物館の一角には、これまた何が何でも拝みたい金メダルがずらりと並んでおりました。

no-title


no-title

何個取れるかなー^^
posted by あんちゃん at 11:29| Comment(2) | TrackBack(0) | London | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
善行を積み重ね、ワニに食べられないようにせねばなりません・・・
これからでも遅くないかな?
Posted by えぞばふんうに at 2012年07月21日 19:41
えぞばふんうにさん、こんばんは。
小さな一滴の水の雫もやがては大きな器を満たすわけで・・・。
僕もささやかながら日々の善行をコツコツと積んでいこうと思ってます(^^
Posted by あんちゃん at 2012年07月22日 22:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。