2012年03月07日

Musee du Louvre

1日かけてたっぷり鑑賞するつもりで、朝からルーヴル美術館へ・・。
今日は閉館時間がいつもより4時間延長されて夜の10時までなので、気合入ってます(^^

no-title

所蔵作品はゆうに30万点を越える規模!!
あらかじめ目当ての作品の展示室をチェックしつつも、数日に分けての鑑賞プランが必要かも。

no-title


no-title

写真撮影不可のオルセーに対して、こちらはかなりおおらか^^  
ルーヴルで2番目に大きい 『 ナポレオン1世の戴冠式 』 だって、こんなにリラックス〜。

no-title

一番大きなヴェロネーゼの 『 カナの婚宴 』 も、間近で見上げて迫力たっぷりです。

no-title

ダ・ヴィンチの名作もこんなに近くで!

no-title

フェルメールの 『 レースを編む女 』 も!

no-title

ただし、この絵だけは別格!   厳重なガードのもと近づくことすら不可能です。
しかも、防弾ガラスのケース入り!!

no-title


no-title

『 ガブリエル・デストレとその妹 』 は、前回 は時間切れで見つけられなかったんだっけ。

no-title

歩けど歩けど観終わることのない巨大な迷路。
とりあえず今日は10時間かけて大満足。   外はすでに真っ暗でした〜^^;

no-title

万歩計持ってくればよかった・・。
posted by あんちゃん at 20:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Paris | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おっ〜!
モナリザだ〜!!
さすがすごい頑丈に守られているんですね。

ここに出てくる絵はきっとみんな有名なんですよね?
でもフランス革命の絵とモナリザの2つしか知らないです。
こういう所で学のなさが出てしまいますね・・・。

あまりこういう美術館系は興味はないけれど、
世界最高峰であろうルーブル美術館、
そして世界一有名な名画のモナリザは見てみたいです。
(まあ、見る機会は一生ないでしょうけど・・・)

Posted by bauパパ at 2012年03月13日 12:57
bauパパさん、こんばんは。
ルーヴルをはじめパリの美術館が素晴らしいのは、
そのほとんどが18歳未満を無料にしていることでしょうか。
なので、どこに行っても小学生くらいの子供達が熱心に鑑賞しています。
しかも、名だたる名作ばかり・・・(^^;
まったくウラヤマシイ環境で勉強しているなぁ〜って思います。
Posted by あんちゃん at 2012年03月14日 05:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。