2012年03月06日

サント・シャペル

パリに滞在したら必ず訪れる教会のひとつ、【 Sainte−Chapelle 】
セーヌ川に浮かぶシテ島にあって、見どころはなんといってもパリ最古のステンドグラス ぴかぴか(新しい)

no-title

天井と床以外がすべてステンドグラスで埋め尽くされている光景は、まさにガラスの小箱の様。
毎度ながら、感動を通り越して言葉を失ってしまうなぁ。

no-title

なんでも、ステンドグラスには読むルールというものがあるらしく、下から上へ、左から右へ・・・
という順に見ていくんだそうですね。
ここを訪れる方、双眼鏡が必携ですよ。
posted by あんちゃん at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Paris | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。パリの写真がどれも素敵で行きたくなりました!
私も数年前にサントシャペルに行った横浜人です(^^)
ステンドグラスは「読む」ものだと知りませんでした。次に見るときは下から上へ鑑賞してみたいと思います。
Posted by noa at 2012年03月10日 10:13
noaさん、こんにちは。
燦然と輝くサントシャペル、素敵ですよね〜。
ぜひ双眼鏡持参で拾い読みしてみてください(^^
懐かしい横浜の写真に、なんだか癒されてしまいましたよ。
今回は2ヶ月のパリなので、気が向いたら地方にも足を延ばしてみようかな^^
Posted by あんちゃん at 2012年03月10日 16:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。