2012年02月06日

思わずゾクッ!! 【 中世犯罪博物館 】

ローテンブルクの街をぶらりと歩いていたら、ふとこんなものが目に付いたので入ってみました。

no-title

中世の都市生活は、今では考えられないほど厳しい規則のもとで社会的秩序が保たれていたようで
目方をごまかしてパンを小さく焼いたパン職人は、この檻で水責めにされたそうです(怖っ)

この建物は 【 中世犯罪博物館 】
中世の法律と刑罰に関するものがずらりと展示されていて、その規模はドイツ唯一なんだって。

no-title

思わず背筋も凍りそうですが、魔女裁判に使われたらしい椅子とか・・、

no-title

酒癖の悪い男は、こんな酒樽をかぶせられて街中のさらし者に・・・。

no-title

おしゃべりの過ぎる女性には、こんな舌の長い恥辱のお面を。

no-title

規則に背くものならこんなこん棒で・・・!!   ギョエ〜〜〜!!! 

no-title

そして極めつけはコレ。
この 『 鉄の処女 』 でワルな女性を閉じ込めて観音開きの扉をバチン。 
内側にはいくつもの刺がついているのもあったんだって。  ひぇ〜、もう勘弁してよ あせあせ(飛び散る汗)

no-title

たっぷり見ごたえありました。
つくづく、中世に生まれなくて良かったー(^^;
posted by あんちゃん at 20:00| Comment(4) | TrackBack(0) | Germany | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あんちゃんさんは樽の中に入れられたりしませんか?(笑)
もし僕の家にあったら、酔って娘にちょっかいかけた時に、
『うざい!』ってかぶせられるかも?

まあ、樽ぐらいならかぶってもいいけど、
他のものは遠慮しておきます。
Posted by bauパパ at 2012年02月13日 21:53
bauパパさん、おはようございます。
この酒樽よく見たら、鉄球が付いてるんですよ(笑)
パパさんなら、樽をかぶせられても余興をやってしまいそうですね(^^
Posted by あんちゃん at 2012年02月14日 08:15
やはり行かれましたか?
どうしよう?ということと、時間もないことでスル―しました。

しかし中世の西洋人の拷問感覚(全世界
共通かもしれませんが)ってなんだか
民衆の娯楽という感じですね。

とにかく必ずある広場(マルクトなど)
は公開処刑と奴隷売買のマーケット
だったんですから・・・
いやあ、次回行ってもどうしようかな?
Posted by お星様 at 2012年02月14日 09:35
お星様さん、こんにちは。
洋の東西を問わず、昔の拷問や処刑はどれも残酷ですが
見せしめや娯楽にすることで、貴族の権力や支配から民衆の不満を遠ざけようとの意図があったのかもしれませんね。
人間の恐ろしさを垣間見れたということで、一度は見ておかれるのもいいかもしれません。
Posted by あんちゃん at 2012年02月14日 11:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。