2012年02月03日

感動の流氷クルーズ

能取岬からはるか水平線に見えた流氷帯へいざ!!
網走港から 【 おーろら号 】 でおよそ1時間の流氷クルーズ、ワクワクするなぁ〜 わーい(嬉しい顔)

no-title

ちなみにこの 【 おーろら号 】、あの南極観測船 【 しらせ 】 と同じ会社で設計されていて、
他の目的で造られた観光船を転用することなく、初めから純粋に流氷砕氷船なんだって。
どことなく雰囲気が似てるかなと思ったら、まさに、しらせのミニチュア版なんですね〜。

流氷の迫力を直に感じたいなら、ここはやっぱり展望デッキ。  

no-title

防寒対策もバッチリに、オホーツク海の冷たい海風もなんのその!
沖合いに漂う流氷と、その向こうに見える知床連山が美しい山並みを見せてくれてます。

no-title

港を出ると、さっきまでいた能取岬が見えてきました。
シャーベット状だった海面も、少しずつ氷が目だってきてますね(^^   風が冷たい!!

no-title

おーっ!!   はるか遠くに見えていた流氷帯が視界に入ってきましたよ 目

no-title

水平線に見えていた白い帯も実はそんなに遠くないんだね。 あっという間に突入しそうです。

no-title

氷でかっ exclamation×2

no-title

アザラシ君が昼寝でもしてくれてたら最高なんだけどね(^^;
まだ完全に砕氷するほど固まってはいない流氷だけど、船が分け入る迫力は感動モノだよーっ!!

no-title

もう完全に、遠くアムール川からどんぶらこと流れてきた流氷帯のど真ん中。
岬に接岸していた氷とは全く別物です。   タタミ何畳くらいのおおきさなんだろう??

no-title

オホーツク海の流氷と雄大な知床連山。  もう最高っす!  

no-title

厳しくも美しいオホーツクの大自然を間近で見れて、感動しっぱなしの流氷クルーズ。  

no-title

言葉なんていりませんね。    あぁ、もう1周したい^^;
posted by あんちゃん at 22:40| Comment(4) | TrackBack(0) | ぶらり・・・ 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あんちゃんさん  こんばんは♪

1時間のオホーツク海のクルージング
お天気に恵まれ知床連山の山々がとても
素晴らしい光景できれいですね。

流氷を間近に見れて楽しまれて良かった
ですね。
Posted by 柴犬ケイ at 2012年02月10日 22:56
柴犬ケイさん、おはようございます。
指が痛くなるほどの寒さでしたが、1時間がとても短く感じましたよ。
自然が創り出す造形は、本当に神秘的で美しいですね^^
Posted by あんちゃん at 2012年02月11日 05:42
スキー場ばかり行ってる僕が言うのもなんですが、
ものすごく寒そ〜。

氷をかき分けて進む時はギシギシと音がするんですか?
スピードはどれぐらいで進むんですか?

Posted by bauパパ at 2012年02月13日 21:46
bauパパさん、おはようございます。
手袋をはずしてシャッターを押してると、あっという間に指の感覚がなくなってきます。
この時期の流氷はこれでもまだまだ厚さが薄くバラバラなので、振動も派手な音もなくスムーズに進んでいきますよ。
でも、はじめて見る大自然の驚異の光景に大興奮でした〜^^
これがびっしりと固まってくると、ガリガリと氷に船を乗り上げながら進むんだって。
Posted by あんちゃん at 2012年02月14日 08:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。