2011年12月14日

ニュルンベルクのクリスマスマーケット

昼過ぎには出る予定だったヴュルツブルクも、カフェでのんびり過ごしてたら気づけば3時・・。
ICEで約50分、少し遅くなっちゃったけど、夕方4時過ぎにニュルンベルクに着きましたー。

no-title

ドイツの街を訪ね歩いてみてわかったんだけど、街のレイアウトは都会を除いてどこもほぼ同じ。
駅前が繁華街の日本と違って、ドイツでは、市庁舎のある広場がその街の中心になってるみたい。
旧市街と呼ばれるそのエリアは城壁に囲まれていて、駅のある新市街と区別されてるんですよ。

ということで、ニュルンベルク中央駅を出てみると、ほら、城壁のようなものが見えるでしょう?
高さ40mの丸い塔が建っているのが、ケーニッヒ門。  昔は入城する人を監視してたのかな?
観光すべき見どころは、あの向こうの旧市街にいっぱいあるっていうわけです^^/

no-title

街に向かって歩きながら振り返ると、ニュルンベルク駅が暮れなずんでいていい感じ^^
どっしりとしていて重厚感ありますね。

no-title

ケーニッヒ門をくぐると、クリスマスマーケットで賑わう旧市街が広がってます。
ワクワク〜^^

no-title

今日のお宿は、門をくぐってすぐのところにある ホテルibis。

no-title

こじんまりとしてるけど、清潔感あっていいんじゃない?
部屋からの眺めもなかなか。   目の前にはケーニッヒ門と目抜き通りのケーニッヒ通りが・・。
これ、駅の方を向いてます。

no-title

部屋でちょっとひと休みしたら、早速、街へ繰り出してみようかな〜 グッド(上向き矢印)
ドイツで最も有名といわれるほどの、ニュルンベルクのクリスマスマーケット。
1628年にはすでに開催されていたという記録が残ってるそうですよ。  歴史ありますね。

no-title

パカパカと馬車も走ってたりします^^

no-title

中央広場に向かう途中に聳え立っていたのは、聖ローレンツ教会。
内陣天蓋からぶら下がった受胎告知のレリーフが必見なんだって!  明日の昼間に見てみよう。

no-title

しんしんと冷え込んできたので、クリスマスマーケットには欠かせないグリューワインを 喫茶店
毎年デザインが変わるらしいマグカップ。    もちろんお土産に持って帰りまーす^^

no-title

店それぞれで微妙に違う味だけど、
ホットなワインにシナモンとハチミツの甘さがミックスされてたまらなく旨いんだな〜。
もちろん、飲み歩き るんるん

no-title

街を横切るペグニッツ川を渡ってほどなく行けば、中央広場に着きましたっ!!
ここがまさにニュルンベルクの中心で、クリスマスマーケットの本会場なんですね〜 クリスマス

no-title

どーんと広がる四角形のだだっ広い広場には、クリスマス屋台がい〜っぱい。
独特の形をした聖母教会の前はものすごい賑わいです。

no-title

まるでおもちゃ箱のようなマーケット。
わくわくするようなクリスマスグッズがいっぱい売られてますよ。  何買おうかな〜^^

no-title

少し高みから見下ろしてみたら、なんと広場全体が屋台のテントで埋め尽くされておりました あせあせ(飛び散る汗)
すき間がないくらいぎっしり・・・。

no-title

整然と並ぶテントから漏れてくる光がどこか暖かそうですね。   
それにしても、あちこちから漂ってくるソーセージを焼く匂いがたまりませんっ!!
posted by あんちゃん at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Germany | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。