2010年11月27日

職員室でコーヒータイム♪ 

耶馬溪紅葉ドライブで立ち寄ったのは、ずっと前から訪ねてみたかったカフェ 『 木精座 』

no-title

温かみのある存在感に懐かしい〜と思われた方、お察しのとおり、木造校舎です。
廃校になった昭和40年ごろの姿をそのまま残す小学校の職員室をそのまま利用してるんだって。
まさに廃屋って雰囲気に、入口の看板がなければ入るのをついためらってしまったほど(^^;

ガラガラっとガラス戸を開けた‘ 職員室 ’には、薪ストーブを取り囲むように木のテーブルが。

no-title

かすかに聴こえてくるクラシック音楽と、ひんやりとした板の間に赤々と燃える木の匂い・・・。
どこか懐かしいレトロな空間に思わず和んでしまうなぁ。

no-title

注文してから豆を挽いてくれたコーヒーも香り高くて美味しかったけど、
目の前のストーブで焼いてもらったお餅、なんとも香ばしかったなぁ〜 わーい(嬉しい顔)

そうそう、支払いをするときに目にした、古〜いタイプの木製のレジ。   
金額を打ち込んでグルグルとハンドルを回すのには驚いたな!!  写真撮っとけばよかった・・。
ラベル:耶馬溪 木精座
posted by あんちゃん at 23:55| Comment(4) | TrackBack(0) | ぶらり・・・ 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。あしあとから来てみましたよ。
古いものって心なごみますね。
いい雰囲気の店、行ってみたいものです。

Posted by えぞばふんうに at 2010年11月29日 10:00
わぁ〜素敵!!
レトロ感たっぷり・・・。
こうゆう所行ってみたいわぁ〜!!
風が吹いたら、ガラス戸がガタガタッ!!
って感じなんでしょうか??
コーヒーもなんだか格別な味でしょうね。
木製のレジ見てみたかったなぁ〜。
Posted by bauママ at 2010年11月29日 20:45
えぞばふんうにさん、おはようございます。
こちらでは見られない大自然の光景や美味しそうなものがたくさん載ってるなぁ〜
なんて、ときどき見ておりました(^^;
木の温もりって、どこかホッとしますよね。
久しぶりに道東を訪ねてみたくなりました。
Posted by あんちゃん at 2010年11月30日 09:04
bauママさん、おはようございます。
カフェのママさんが言うには、夜になると外は月の明かりしかないんですって。
まあ、そんな山奥にあるわけです。
月が出ない闇夜だと、歩いている方向がわからなくなるとか・・・。
ちなみに営業時間は夜の10時まで(笑)
いつか、そんな闇夜のカフェでまったりと過ごしてみたいものです。
木製のレジ、今度撮ってきますね〜。
Posted by あんちゃん at 2010年11月30日 09:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。