2010年11月10日

渦巻いてる渦巻いてる^^

東京に戻る途中の鳴門海峡上空から 目
はるか下に見えてきたのは、四国の徳島と兵庫県の淡路島を結ぶ 【 大鳴門橋 】

no-title

橋の真下はV字型に深〜く落ち込んでいて、それと合わせて、潮の干満にともなう海水の流れが
直径20メートルともいわれる 【 鳴門の渦潮 】 を発生させてるらしいですよ。

no-title

自然が織りなす不思議な現象、なんとも神秘的ですね。
posted by あんちゃん at 23:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 飛行機とか空とか・・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
凄いですねえ、上空数千mからも渦潮
はっきり見えますね。なかなか楽しい
写真です。

大手ゼネコンのCMに地図を作る仕事
ってのがあったけど、まさに地図通りですね。
Posted by お星様 at 2010年11月11日 14:31
お星様さん、こんばんは。
日常では味わえない機窓からの風景は、何度見ても見飽きませんよね〜。
何度も撮ったはずなのに、くっきりとキレイだとついカメラを出してしまいます(笑)
考えてみれば、地図を作る仕事ってスゴイことですね^^
Posted by あんちゃん at 2010年11月11日 20:53
やっぱ空からの眺めはいいですね。

鳴門は一昨年に行きましたよ。
小さな遊覧船で渦潮を見に行きましたが、
吸い込まれてしまわないかとちょっとだけ心配でした(笑)
これってビビリ?
Posted by bauパパ at 2010年11月11日 23:23
bauパパさん、こんにちは。
鳴門行かれましたか。
ボクも同じ2年前の夏、鳴門の渦潮を見てきましたよ^^
橋の歩行者用通路にあるガラス製の床に立つと、真下にでっかい渦が見えるんですが、
それこそ吸い込まれそうで、ビビッてまともに立てませんでした(笑)
遊覧船だとその何倍も迫力があったでしょうねぇ〜。
Posted by あんちゃん at 2010年11月12日 16:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。