2010年11月09日

一蘭なのにお重!?

体調もすっかり快復したので、久しぶりの福岡へ 飛行機

no-title

横浜もずいぶん冷え込んできたけど、玄界灘からの風が早くも冷たい福岡の街。 
う〜〜、東京以上に寒いなっ ふらふら
厚着してきてよかったー・・・と思いつつ、博多に来たらやっぱりラーメン。
さっそく、天神の近くにある 【 一蘭 】 へ。

no-title

一蘭といえば、席ごとに板で仕切られている独特のカウンター。
隣席だけじゃなく、目の前の厨房も簾がかかっていて中が見えない仕組みになっているのです。

お店の説明文によると・・・、
『 母から子へ家庭の味を伝える台所。 娘が味見を頼んだ瞬間、おしゃべりと包丁を止め
  目をつぶり “味”のみに集中する母と、静まり返った空間。 』
   だそう。

そんな、世界初ともいえる‘ 味集中カウンター ’で注文して待つこと数分・・・。
しずしずと簾が上がって、テーブルにコトッと置かれたのは、

no-title

なんと、重箱 exclamation×2
しかも、有田焼だってさ^^;

no-title

ずっしりと重みのある蓋を開ける瞬間、豪勢にうなぎでも入ってるんじゃ・・と頭をよぎったけど、
普通にラーメンだったのがよけいにインパクト大!! でした〜(笑)

no-title

この重箱どんぶりで食べれるのは、「 釜だれとんこつラーメン 」
日本全国数ある一蘭の中でも、天神西通りにあるこのお店でしか味わえない限定モノなのです。
深みのあるコクは、わざわざ食べに来てよかったーって思えるほど^^

それにしても、なんで重箱??      謎だけど、美味いです。 
posted by あんちゃん at 23:55| Comment(4) | TrackBack(0) | ぶらり・・・ 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
重箱のラーメン、お初にお目にかかります。
しかし、なんでまた、重箱なの?四角だと
食べにくくないですか?

らーめん業界も厳しさの中アイデアと
差別化なのかな?

ところで重箱ラーメンおいくらなんですか?
Posted by お星様 at 2010年11月11日 14:25
お星様さん、こんばんは^^
肝心のお値段、え〜と、790円だったかな。
普通のラーメンとたいして変わりませんね(^^
後から調べてみたら、この重箱の底は厚くなっていて保温されてるらしいんです。
博多ラーメン独特の替え玉対策だとか・・・。
奇をてらった豪華作戦だけではなさそうでした。
食べ辛さっていうのは、う〜ん、あまり感じなかったですよ。
Posted by あんちゃん at 2010年11月11日 20:43
このまえ退院したばかりなのに、
もう全快じゃないですか。

妖しい雰囲気のカウンターにこの器、
これは只者ならオーラを感じます。
これで¥790は買いです!

とんこつラーメン好きとしては一度お試ししてみたいですが、
福岡ではちょっと・・・。

車で移動の我が家では、ちと難しそうです。
Posted by bauパパ at 2010年11月11日 23:17
bauパパさん、こんにちは。
術後そろそろ1ヶ月、退院して2週間・・・。
通院はまだありますが、ほぼ完治です(^^/
この『一蘭』、名古屋の栄にもあるみたいですよ。
重箱ラーメンはないかもしれませんが、ぜひ‘味集中カウンター’で博多の味を楽しんでみては。
Posted by あんちゃん at 2010年11月12日 16:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。