2010年09月20日

ヤクン・カヤ・トースト

シンガポールにロイ・ヤクンという人がおりまして、小さな屋台村で妻といっしょに始めたパン屋さん。
そのパンに塗られたジャムの印象的な味は、当時とっても珍しがられたそうです。
あっという間に評判になり、今ではアジア全域にざっと40店舗を構えるまでになったという、
そんなシンガポーリアンのサクセスストーリー。
主役のハッピーなジャムがこちら、【 YaKun Kaya 】

no-title

一時帰国中のシンガポールに住んでる友達Yちゃんが、お土産に買ってきてくれました〜 るんるん

ジャムの中身は、ココナッツミルクと卵と砂糖を煮つめただけといういたってシンプルなもの。 
やや緑色がかっているのは、アジアンな香りのする葉っぱパンダン・リーフの色なんだって。
優しくてマイルドな甘さが口の中に広がります。

カリッと焼いたパンにたっぷり塗ったら、カヤ・トーストの出来上がり!!
シンガポールの朝食やファストフードの定番メニューとして親しまれてる味なんですよ〜。

no-title

濃いめのブラックコーヒーにピッタリです(^^
これまでも、いろんなブランドのカヤジャムを買ってきたりしたけど、
この YaKun Kayaがいちばん美味しいなぁ♪
さすが美味しいもの好きのYちゃんチョイス。 どうもありがとね〜。
posted by あんちゃん at 23:55| Comment(4) | TrackBack(0) | うれしいお土産 ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めて見かけるタイプのジャムですが、
東南アジアではメジャーなんですか?

今度見かけたら買って来ようと思います。

旅行の歳に異国のジャムや、調味料をお土産に買う事がありますが、
当たりの時もありますがはずれの時もあるんですよね(笑)
Posted by bauパパ at 2010年09月23日 12:38
bauパパさん、こんばんは。
シンガポールやマレーシアあたりだと、かなりポピュラーなジャムです。
甘さのレベルでいったら、う〜ん、濃厚かも(^^
でも、しつこい甘さじゃないんですよ。
ちょっと表現は難しいんですが、その口当たりの良さに絶対ハマリますよ(^^
現地の食べ方だと、塗ったジャムの上にブロック状のバターを乗っけるんですが、
甘さと塩辛さのハーモニーは、間違いなく当たりです!!
Posted by あんちゃん at 2010年09月23日 22:09
機会があれば、カヤトースト、屋台のホーカーで食ってきますね。
カヤジャムのことでしょ?
これお土産にいいなあ。
Posted by お星様 at 2010年09月24日 16:45
お星様さん、こんばんは。
MRTリトルインディア駅近くのホーカーだったら、いろんなカヤトースト楽しめますよ。
ヤクンのカヤジャムの甘さが一番コクがあると思うけど、
ラッフルズホテルのオリジナルのカヤジャムも美味しいらしいです。
シンガポールはいろんな食べ物があって楽しいですよね(^^
Posted by あんちゃん at 2010年09月24日 19:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。