2010年09月07日

【 ジュリー&ジュリア 】 で、ボナペティ! 

最近借りたDVD 【 ジュリー&ジュリア 】

no-title

時代は1949年。 夫の転勤でフランス・パリにやってきたアメリカ人のジュリア・チャイルド。
もともと食べることが大好きな彼女は、初めて体験するフランス料理に心の底から感動し、
家庭で誰でも作れる524のレシピ本を出版すると、アメリカで大ベストセラーになってしまい・・・、

そして、50年後の現代。 ニューヨークで派遣社員として働くOLのジュリー。
これまた料理が大好きな彼女がある日ふと思いついたのは、幼い頃から憧れていた料理研究家の
ジュリア・チャイルドのレシピをもとに、毎日作った料理をブログに綴ること。
試行錯誤を繰り返しながら悪戦苦闘するジュリーのブログは、いつしか大評判になっていく・・・・。

アメリカの食文化に大革命を起こした料理研究家のジュリア・チャイルドと、作家になった元OLの
実話を基にしたストーリー。
ところどころに登場する決まり文句の ‘ ボナペティ(召し上がれ) ’
観ていてシアワセになれる、心温まる映画です。

                   ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

映画の中で思わずゴクリと喉が鳴るシーンが、トマトのブルスケッタを美味しそう〜に食べるところ。
こりゃバゲット買わなきゃーと、行ってきたのは羽田空港の中にあるパン屋さん。

『 麻布十番 モンタボー 』 と、

バゲット.JPG

『 PAUL 』 のバゲットを買いました(^^

no-title

さっそく、今日の晩ご飯はブルスケッタ ♪
たっぷりのフルーツトマトとドイツ土産のモッツァレラチーズ、そしてバジルを乗せて。

no-title

ガーリックの香りがたまらないサクサク感!  
シュワ〜っと爽快なシードルがぴったり合うんだよなぁ。

no-title

心温まったついでに、お腹まですっかり満足してしまった(笑)
思わず、グッジョ〜ブ!!  じゃなかった、ボ〜ナペティ!! 
posted by あんちゃん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | うちゴハン ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。