2010年08月19日

必食!! そばロード

うちなー’s soul foods   ・・・といっても過言ではないソーキそば。
本部半島のど真ん中を突っ切る県道84号沿いは、沖縄でも屈指のそば街道なのです。
ここ数年は、来るたびに一店ずつアタックしております(笑)

今回のターゲットは、常に行列が絶えない名店 『 きしもと食堂 』
すでに満車状態の駐車場は、ベストシーズンなだけにそのほとんどが ‘ わ ’ ナンバーだ!!

no-title

看板に、八重岳店とチェーン店っぽく書かれているけど、実際は本店とこのお店の2つのみ。
しかも、手狭な本店は現在閉店しているので注意が必要です(^^

店先に山と積まれた薪は、スープを作る際に釜で使われ、その灰汁が製麺時に使われるとか・・。

no-title

お店の味を決める重要なファクターのひとつがダシ。
カツオと豚を使用するのが基本形らしく、その分量の比率によって、こってり加減が決まるんだって。 
ここのは、カツオダシのきいた上品な味わいでさっぱり風。   最高に美味い!! 

no-title

やわらかく煮込まれたソーキは、ボリュームたっぷりです。
そして、炎天下並んでよかったー♪ と思わせたのが、この ‘ じゅうしい ’

no-title

限定200食の売切御免な、沖縄風炊き込みご飯なんだけど、
豚ばら肉や切りコンブがたっぷり入っていて、これまでの中でベストかもしれないな!!

お店に入る前は晴れてたのに、出る頃はスコールのような雨模様。
そば街道をドライブしていたら、想い出の店が次々と・・・・。
前回の 『 山原(やんばる)そば 』 は、すでに売り切れの看板が(^^;
ここも美味しいんだよね。

no-title

前々回の 『 中山そば 』 を通過するころは、かなりの土砂降りに・・・。

no-title

おまけ(^^
沖縄そばのデザートは、今回も再び、『 新垣ぜんざい 』

no-title

創業57年の、ふんわりと変わらないかき氷。

no-title

氷の下には、たっぷりと金時豆。  冷たくって素朴な甘さがとっても美味しいよ。
posted by あんちゃん at 20:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ぶらり・・・ 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
沖縄そばはたまに食べたくなります。
このソーキ、やわらかくジューシーでついつい癖になります。長寿の代表食かな。
何故ソーキって言うのか調べたら笊のこと
だそうで、バラツキの肉をソーキと言ったらしい・・・とのこと。へええ〜〜です。
新垣さんも沖縄の名字ですね。
女優の新垣結衣さんを思い浮かべました。
このぜんざい、金時豆ですか。
食文化って面白いですねえ。
Posted by お星様 at 2010年08月23日 12:49
お星様さん、こんにちは。
沖縄そば、美味しいですよね〜♪
沖縄で肉といったら豚肉、ソーキです。
それにしても、ザルですか〜? 知りませんでした。
ザルの網の目が似てるんですかね?
ソーキそば = ザルそば か〜(笑)
ぜんざいのお豆といえば、小豆ですもんね。
沖縄でぜんざいといったらかき氷、氷の下のお豆は金時豆だそうです。
さっぱりとして美味しいですよ〜。
Posted by あんちゃん at 2010年08月23日 15:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。