2010年07月17日

気分はダッチ 運河の街 Amsterdam  〜 2日目 〜

おはようございます 晴れ     ただ今朝の8時。
天気予報に反して、今日もとってもいい天気です(^^    ワーイ!!

no-title

朝日に輝く街並み ♪    
昨夜の夜の明るさ? の中で見た景色とは、やっぱり全然違うよね。  光がホンモノというか・・。   

お昼ごはんの待ち合わせまで時間があるので、ちょっと朝の散歩でも・・・。

それでは、街の中心地 【 ダム広場 】 へ向かってテクテクと歩いてみましょう くつ

no-title

花の王国といわれるくらい、オランダといえば、やはりチューリップ。
・・なんだけど、やはり咲く時期は限られていて、3〜5月が見ごろなのは日本と同じです。
その頃は運河沿いもキレイなんだけど、今は濃い緑で覆われてます。

no-title

運河沿いの遊歩道。    う〜ん、木漏れ日が気持ちいい〜♪
運河に張り出したテラスでのんびりとコーヒーを飲んでる人とかもいて、静かな朝って感じです。

干拓で造られた平らな土地がほとんどのオランダは、実は、中国も顔負けの自転車王国。
「 車よりも自転車 」 のライフスタイルが日常の国なのです。

no-title

人よりも自転車の数が多いとか・・・・。   ちょっとビックリですよね(^^
こんな風に、車道と歩道の間に自転車専用レーンがあって、自転車通勤の人を多く見かけます。

no-title

アップダウンもなくて、とっても気持ちよさそう。
日本でも、最近、チャリ通とかツーキニストって呼ばれるエコな通勤者を見かけますよね〜。

詩人フォンデルの名前が付いた英国式の自然の庭園 【 フォンデル公園 】

no-title

市民の憩いの場らしく、朝からジョギングや犬の散歩を楽しむ人たちで賑わってます。
とにかく、木々や芝生の配置が絶妙で美しいの。
イングリッシュガーデンがお手本にしたのが、実はオランダの植栽技術。
日本の庭園で見かける枕木を用いたガーデニングも、オランダが発信したものらしいですよ。

no-title

近くには、【 ゴッホ美術館 】 や、レンブラントやフェルメールの絵を所蔵する 【 国立美術館 】
もあるので、今回は行けないけど、次回立ち寄ってみようかなー。

朝食は、運河のそばのベーグル屋さんで るんるん

no-title

日本で食べるベーグルより柔らかめで美味しかったなぁ(^^
ポップアートなカップに淹れてくれたコーヒーもベリーナイス!! でした。
お店のお姉さんが、『 昨日の夜はクレイジーだったわー !! 』 ・・って言ってます。
サッカーオランダチームのパーティーのことですよね(笑)

no-title

そうそう、オランダチームは、オランダらしく運河でパレードしたらしいですよ。
街を歩くと、あちらこちらに賑やかなパレードの名残が・・・・。

no-title

重厚な石造りの街でよく見かけるのがトラム(路面電車)。
街の中をひっきりなしに走っているので、街を散策するにはとっても便利です。
たとえば、こんな細い道も・・・・・、

no-title

ほら、

no-title

油断してると、トラムにひかれそうになりますよ〜 あせあせ(飛び散る汗)

運河沿いの切り妻屋根が描き出す美しい街並み。  これぞオランダだー グッド(上向き矢印)

no-title

間口の狭い家が多いのは、かつて間口の広さで税金が決められていたからとか・・・。
その間口の狭さが及ぼした影響を、今はこんな形で見ることができるんです 目

ちょっとわかりにくいけど、『 前のめりに傾いた家 』

no-title

家によって角度は様々だけど、よく見かけます。
間口が狭いので大きな家具や荷物を運び入れることができず、屋根からぶら下げたロープで
引き上げるとか。

no-title

引き上げるロープを引っ掛けるフックが、ほら、こんな感じで付いてるんですよー がく〜(落胆した顔)
なるほどね〜。

・・・と、ようやくここで、街の中心地 【 ダム広場 】 に着きましたー。

no-title

アムステルダムって名前は、アムステル川の洪水から家々を守る為に造られたダムに由来します。
そのダムがあった場所がココなんですよ。
今は、王宮や教会などが建ち並んでいて、のんびり過ごすもよし、ちょっとひと息つくのもよしです。

no-title

王宮の裏にあるデパート 【 マグナ・プラザ 】 は、昔の郵便局を再利用しています。
レンガ造りで、重厚感が漂ってますよね〜。

とってもキレイな花柄模様のコーヒーセット 喫茶店

no-title

そんなに高くないし、お土産に買って帰ろうかなぁ・・・・。
でも、重くなりそうだなぁ。
・・・と悩んでるところで、お昼の待ち合わせ時間となりました 時計

ランチは、街の外れのちょっと変わったレストラン。
とっても素敵だったので、今回だけは次回へ続く・・・・です(^^;
posted by あんちゃん at 18:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 妻のお仕事日記 ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あんちゃんの奥様、アロハで〜す!
アムステルダム、素敵ですよね。知り合いがアムステルダムの出身で、彼女の文化についてよく聞かされておりました。
本当に美しくって住み易そうですね。
確か、河が多い国なので、水の被害の対策もしっかりされているそうですよ。
コーヒーセット、とってもかわいい!!是非、次回は重い荷物を覚悟にゲットしてくださいっ!(笑)
Posted by Eica at 2010年07月19日 05:33
Eicaさん アロハで〜す。

アムステルダムはとっても住みやすい街らしいですね。あちらに移り住んで十数年になる方とお話ししましたが、物価が高い事を除けば、人も気さくで、街も大都市の割にはのんびりしているそうです。
コーヒーセット可愛いですよね。
オランダの雑貨は色使いがポップな感じで本当に可愛いんですよ。
今度行った時はコーヒーセット買ってこようかなぁ〜。
Posted by あんちゃん妻 at 2010年07月19日 11:59
アムステルダム、とても素敵な街見たいですね。国立美術館にはフェルメールの絵が
4枚もあるんです。
ついでにハーグまで足を延ばしてマウリッツホイス美術館に3枚、(真珠の耳飾りの少女
があります)なんとか行ってみたい街の一つです。
Posted by お星様 at 2010年07月20日 11:19
自転車とLRT、なんともエコで素晴らしいですね。(トラム大好き人間のお星様はこういう街がお気に入りです)
物価が高くなければ住んでみたいですね。
Posted by お星様 at 2010年07月20日 11:33
お星様さん こんにちは。

コメントの返信が途中になってしまってすみませんでした(^^;

国立美術館は私も行ってみようと張り切って
いたのですが、今は大規模改装中だったので今回はあきらめました。
でも別館だけは開いていて、
そこでフェルメールの絵やレンブラントの「夜警」などは観れたようです。
アムステルダムからはベルギーのアントワープやブルージュ、
ブリュッセルへも列車の便もいいようなので
時間があったらベネルクス周遊ツアーでもしてみたいなぁと思いました。

アムステルダムのトラムには運転手さんの他に車掌さんも乗っていて、
行きたいところを言えば降りる駅や乗り換えを教えてくれたりと親切でした。
無人の「ゆりかもめ」にはない暖かさがありました(笑)

Posted by あんちゃん妻 at 2010年07月21日 13:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。