2010年07月17日

気分はダッチ 運河の街 Amsterdam  〜 1日目 〜

成田を離陸して、太陽をひたすら追いかけながら西へ12時間・・・・飛行機
サッカーワールドカップ準優勝で盛り上がるオランダから、妻のお仕事日記です。

眼下に広がるのは、ドイツからオランダにかけての北海沿岸に連なる島々と陸地に挟まれた干潟 目

no-title

2009年に世界遺産に登録されたばかりの 【 フリージア諸島 】 です。
気候の影響で島々の形や位置が毎年変化してるらしいですよ。  ちょっと謎めいてますよね。

あと30分ほどで、アムステルダム・スキポール空港に着陸です。
写真は撮れないけど、まるで水浸しのように、運河や水路が縦横に走る街の様子が見えてます。

市内のホテルにチェックインできたのは、夕方の6時くらい。
部屋から見える街並みと運河の眺めにホッと一息つきました 喫茶店

no-title

国土の4分の1が海抜0m以下というオランダだけに、山というか起伏がまったく見えません。

オランダ代表チームの準優勝パレードがある今夜は、かなりのサポーターが集まっているとか。
〔 街の中心のダムラック方面へは危険なので近づかないように・・・ 〕
・・・・・と、会社からの通達がありました ふらふら
本当は賑やかな街の雰囲気を味わいたかったけど、何かあるといけないので、ガマンガマン。

でもホテルの部屋にいても時々賑やかな声が聞こえてくるので、見てみると、

no-title

目の前の運河をスーッと行くのは、オレンジカラーで埋め尽くされたボート。
ものすごい大音響なのでズームしてみたら・・・、

no-title

飲めや歌えやの大宴会だった(笑)
裸で踊りまくってる人がいるのは、さすが自由があふれるアムステルダムならではですね〜。

ひと息ついたら、仕事仲間と連れ立ってホテルの外へ。
街を区画するように流れる165本もの運河は、小川のように緑がいっぱいで気持ちいいなぁ ♪

no-title

運河のいたるところにハウスボートが横付けされてますね。
ときたま遊覧船も行き交ったりして、街が大騒ぎしているとは思えないのどかな雰囲気です。

そして、ロンドンやパリに比べれば小さな街を網羅するのが、名物のトラム。

no-title

意外と歴史は古く1920年代から走っているそうで、5〜10分間隔で運行しているので、
効率よく街を観光するには便利かも。
明日は1日オフなので、アムステルダマー気分で乗ってみようかな〜 るんるん

今夜の晩ご飯は、ホテル近くのパブで ビール

no-title

夜8時くらいだけど、窓から差し込む光はご覧のように真昼の明るさ。 
時差ボケ以上になんだか不思議な感覚です。
オススメのスペアリブ レストラン      美味しいんだなぁ、コレが ♪

no-title

ほの暗いお店の奥に見えるのは、KLM航空の昔の客室乗務員のポスター(^^
実はこのパブ、KLMの社員の方が退職した後に開いたお店らしく、よく見たら天井には飛行機
なんかがあちこちにぶら下がってたりしてた(笑)

no-title

あっという間に食べてしまって写真に残せなくて残念だったのが、
コロッケのルーツのクロケット。   熱々カリカリで中身はトロ〜リ、美味しかったなぁ。

美味しい食事とダッチビールで盛り上がって、外に出てみたら・・・・、

no-title

夜中の11時になろうかとしてるのに、まだこんなに明るい!!! 
体内時計と目に入ってくる光のギャップに、なんだかふわ〜っとした不思議な感覚です exclamation&question

街角のディスプレイにミッフィー発見 目

no-title

日本でもおなじみのウサギは、こちらでは、『 ナインチェ nijntje 』 と呼ばれてます。
生みの親は、オランダ・ユトレヒト出身のディック・ブルーナさん。 

街のいたるところ、お店のガラスに貼られているのは、オレンジ軍団のポスター サッカー

no-title

深夜の夕焼け。 ようやくあたりも薄暗くなってきました。
寝る時間だっていうのが信じられないくらいです(^^;

no-title

なんだか寝付けないけど、これって夜更かしって言うのかな?  
・・・・と考えつつ、おやすみなさ〜い 眠い(睡眠)

真夜中の3時にふと目が覚めて、外を見たら真っ暗だった。   当たり前か(笑)
posted by あんちゃん at 15:17| Comment(4) | TrackBack(0) | 妻のお仕事日記 ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
街はさぞかし大騒ぎなんでしょうね。
なんたってヨーロッパや南米はサッカーに熱い国ですから。

水の都のこの街は雰囲気抜群で美しいですね。
こんな街を、ボートに乗って2〜3日ゆっくりと気ままに散策してみたいです。
海や川のある風景って、とっても大好きです。

これが夜の11時ですか?
たくさん遊べてよさそうですが、
花火や夜祭りは出来ませんね。

ミッフィーグッズは子供が小さい頃よく買いました^^

Posted by bauパパ at 2010年07月18日 21:58
bauパパさん こんにちは!

オランダ代表の凱旋パレードは大変賑やかだったようですよ。
大騒ぎする人が多いので、お店やレストランも危険を感じて早仕舞いするところも多かったそうです。
アムステルダムには運河に浮かぶボートハウスをホテルにしてる所もあって、なかなか面白そうですよ。
確かに〜!こんなに何時までも明るいと、花火大会や夜祭りは深夜2時くらいから開催って事になりそうですね。
Posted by あんちゃん妻 at 2010年07月19日 11:21
アムステルダム探検 楽しみです。
日本と少なからずご縁のある国オランダ
(W杯は残念でしたね、ダッチさん)
鎖国の間はオランダ貿易のみ許されていた
んですからねえ。
宗教色(キリスト教)が強くなかったからですが、どことなく親近感がわく国です。
でも成人の平均身長は男女とも世界一高い、
国ですから高下駄はいていこうかな。
Posted by お星様 at 2010年07月20日 11:26
お星様さん こんにちは。

ホテルの部屋のドアにある覗き穴を覗くのに
背伸びでは届かなくて、ジャンプしないと覗けなかったのです!
オランダの人の背の高さは世界一なんですね〜。納得です。
でも個人差がかなり大きいようで小柄な人も
中にはいました。当たり前ですが・・・
Posted by あんちゃん妻 at 2010年07月21日 13:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。