2010年06月08日

初夏の札幌  ライラック日和 ♪

梅雨入りカウントダウンの横浜を抜け出して、思い立って飛び乗ったのは早朝の新千歳空港行き 飛行機 飛行機 飛行機

厚い雲に覆われた本州を抜ける頃、ようやく見えてきたのは下北半島の心霊スポット 【 恐山 】
ちょうど真ん中ほどに、極楽浄土と呼ばれる宇曽利湖と賽の河原がくっきりと見えてます 目

no-title

比叡山、高野山と並ぶ日本三大霊場のひとつで、死者の御霊に口寄せするイタコで有名ですよね。

ジメジメした曇り空の横浜とは打って変わって、雲ひとつない快晴の新千歳空港。
冬季はクローズされている展望デッキで、北の大地の空気を思いっきり吸い込んでみました グッド(上向き矢印)

no-title

朝からガマンしていた朝ごはんは、空港の到着ロビーにある、いつもの 『 朝市食堂 』 にて。
極上の新鮮な鮭とイクラが乗っかった丼で腹ごしらえしておこう(^^

no-title

イクラのツヤツヤ感がたまりませ〜ん ♪            あ〜、美味い!!

本州よりも少し遅く訪れる初夏の北海道は、一年で最も美しく輝く季節です。
おまけに梅雨もないので、サラッとしていて、したたる緑、咲き競う花々がとってもキレイ かわいい

とりわけ、この時期の主役はなんといっても 『 ライラック 』
ついこの間まで、さっぽろライラックまつりが行なわれていたばかりで、見ごろは終盤かも・・・。

no-title

・・・・と思いきや、まだまだ満開でした(^^
札幌駅前のライラック。     香水の原料にもされるほどのやさしい香りが漂ってます。 

定番だけど、開拓の歴史を物語る 【 北海道庁旧本庁舎 】 も訪ねてみました。

no-title

明治21年から約80年間北海道庁として活躍した、通称 『 赤れんが庁舎 』 は、重要文化財。
開拓時代の趣が漂う古い階段や歴史を感じさせる窓をのんびりと見て回るのもいいものです。
庭の花壇は、チューリップが満開でした。

no-title

北海道の歴史を担ってきただけあって、どっしりとした風格のたたずまい。
庭いっぱいに咲いているツツジもキレイでしたよ。
posted by あんちゃん at 22:00| Comment(2) | TrackBack(1) | ぶらり・・・ 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
札幌ですね。ライラック満開ですね。
初夏の札幌は気持ちいいでしょう。

朝市食堂でまず腹ごしらえ、また北海道の
美味しいものも食べて、楽しんでください。
Posted by お星様 at 2010年06月11日 13:30
お星様さん、こんばんは。
毎回飽きずに朝市食堂です(^^
ちょうど札幌に行ったこの日、今年初の夏日だったそうです。
暑いんだけど汗ばまない、そんなさわやかさはこの時期ならではですね。
Posted by あんちゃん at 2010年06月11日 19:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

写真点描・札幌花物語 1
Excerpt:  フラフラ賢夫人(笑)の姪の結婚式で札幌へ行ったとき、輝きをました緑と花々のデジカメ写真を、出し惜しみなく(笑)、一気に公開しますね。長編小説に例えられそうで、割愛して...
Weblog: つき指の読書日記by大月清司
Tracked: 2010-06-16 05:25
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。