2010年03月24日

荘厳! 絶景!! ノートルダム大聖堂

セーヌ川に浮かぶ 【 シテ島 】 は、パリ発祥の地。

no-title

小さな島ではあるけれど、建物や通りの随所に大きな歴史が息づいている、
歴史好きではなくても絶対に見逃せないエリアなのです。

そして、このパリ起源の島にある、世界で最も有名なゴシック建築の最高傑作といえば、

no-title

聖母マリアを意味する 【 ノートルダム大聖堂 】
1163年の着工から実に170年がかりで完成した、高さ33m、奥行き150mの大教会は、
どの角度から見ても、700年前そのままの荘厳な姿に圧倒されてしまいます。 

装飾のあまりの美しさに、思わずぽけーっと見入ってしまった 『 最後の審判のポルタイユ 』

no-title

入口にあるこの装飾は、天国と地獄の様子を表現しているそうですよ。
すべての死者がよみがえると、天使ミカエルと悪魔によって天秤にかけられ、
右側の地獄行きと左側の天国行きに振り分けられる場面なんだって がく〜(落胆した顔)

外からの雄姿をじっくり眺めたら、いよいよ内部の聖域へ・・・。

no-title

荘厳な雰囲気が漂う天井までの高さは32m!
ジャンヌ・ダルクの裁判やナポレオンの戴冠式などの歴史的大事件の舞台となったところです。

no-title

ひんやりとした独特の空気に、つい話す声も小声になってしまいますね。

そして、特に見る者を圧倒させるのが、花びらの形をしたステンドグラスの 【 バラ窓 】

no-title

外の光が差し込むその美しさは、写真では充分伝えきれないほど感動的でした exclamation×2

さて、時計を見ると朝の10時まで20分少々・・・。
この大聖堂の頂上にはらせん階段で上ることができるんだけど、その開門時間が朝の10時。
開門と同時に列に並べるかどうかは、本日の予定を大きく左右するほどの重要事項なのです。

なんとか頑張った甲斐もあって、前から3番目をゲット 手(チョキ)
またたく間に後ろのほうに列が作られていき、あっという間に1時間待ちだって あせあせ(飛び散る汗)

10時ちょっと過ぎにオープンしたらせん階段は、387段 どんっ(衝撃)

no-title

入口脇に掛けられていた図面の右側のネジみたいな階段を一気に駆け上がります。
しかもものすご〜く細くて一方通行だから、途中棄権が許されない心臓破りの階段なのだ ふらふら

途中にあるちょっと広めのスペースで、ペース遅めのスペイン人グループを追い抜いて、
心臓バクバク、ひざはガクガク状態で、なんとかゴール ダッシュ(走り出すさま)

パリ最古の展望だと思えば、疲れは一気に吹っ飛びました!!

no-title

塔の上では、伝説の怪獣キマイラたちがパリの街を見守ってます。

no-title

バツグンの眺望に、しばしウットリでした わーい(嬉しい顔)

あ、そうそう・・・・、
パリ発祥を示す 『 ゼロ地点 』 のプレートが、大聖堂前の広場に埋め込まれてますよ。

no-title

ぜひ参考までに・・・。
posted by あんちゃん at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Paris | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。