2010年03月23日

Maison Micouleau

さて、ランチです レストラン

サント・ドミニク通り

旬もそろそろ終わりだけど、前回行ったサン・ジェルマン・デ・プレの 『 Regis 』 で、
新鮮なカキと白ワインで舌鼓を打とうか・・、それとも新しいお店を開拓しようか・・・、
なんといっても食べることは、旅の楽しみのひとつだしね〜。
天気もいいので、お散歩がてら、ぶらぶらと探してみることに ♪

アンヴァリッドからエッフェルに抜ける Rue St・Dominique(サント・ドミニク通り)
は、食べるところも多そうでいい雰囲気です。

ガイドブック片手に、美味しいと評判のビストロ 『 L’Affriole 』 を覗いてみたら、
すでに、お昼の時間は終わってしまったらしく、また別の機会に・・・。
そこからちょっと歩いたところに、お客で賑わってるお店を発見 目

ランチ

鴨がキャラクターのこのお店、入るとすぐに、鴨肉とかフォアグラの瓶詰めが売っていて、
奥のほうがレストランになってます。

フランス語で書かれたメニューに四苦八苦しながら あせあせ(飛び散る汗)

ランチ

まずは、冷えたワインでかんぱ〜い バー

フォアグラのテリーヌ、絶品でした!

フォアグラ

肉料理もやわらかくて、超ウマイよ♪

鴨の胸肉

出るときになって、お店の人が自慢げに教えてくれました。
なんでも、パリの何かのコンテストで金賞を受賞したお店だったみたいです。

ランチ

あ、通りから見たお店はこんな感じだよ。

ランチ

ガイドブックには載ってなかったけど、偶然見つけちゃったこのお店、早速メモっとこうっと。
posted by あんちゃん at 13:30| Comment(4) | TrackBack(0) | Paris | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
エッフェル塔を眺めてお散歩、
で、ワインにフォアグラですか・・・。
う〜ん、セレブ・・・。
僕達家族だと支払い時に固まってしまいそうです。
Posted by bauパパ at 2010年03月26日 22:10
ステキですね。
パリってすべてが画になりますね。
ヨーロッパの歴史、とりわけフランスってブルジョワ感をたっぷり感じます。

楽しいご旅行を…^^

Posted by sakura at 2010年03月28日 18:07
bauパパ さん、おはようございます。
返事がずいぶん遅れてしまってゴメンナサイ・・。
遊ぶのに夢中で更新をサボっておりました(^^;

日本だとちょっと高級感のあるフォアグラも、
ここパリだと、気軽に入れるビストロではわりとリーズナブルにいただけます♪
ワインもビックリするくらい安いんですよ〜。
でも、☆付きのレストランなら、支払いのときに固まってしまうかもしれませんね(笑)
Posted by あんちゃん at 2010年03月29日 14:45
sakuraさん、おはようございます。
パリの街の面積は、山手線の内側くらいだとか・・・。
そんなに広くないんですよね〜。
でも、見るものすべてが五感を刺激してくれるので、
何日滞在しても飽きることがありません・・。
おっしゃるとおり、ヨーロッパ史に何度も登場する街なので、
歴史を勉強してから行くと深みのある旅行を楽しめるんでしょうね。
それにしても・・・・・、
パリっ子は、何でこうもスタイリッシュなのかなぁ(笑)
Posted by あんちゃん at 2010年03月29日 14:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。