2009年11月22日

D runway

用事で行ってきた羽田空港。     そのついでに、
だだっ広い空港の敷地内を、旅客ターミナルから整備地区へ車で走ること10分ちょっと・・・・・。
こんなところを見学 目 してきました。

no-title

東京湾に面した空港の端っこから見えるのは、クレーンが建ち並ぶ工事中の巨大な桟橋。
どれくらい巨大かっていうと・・・・・・
桟橋を支える杭のような柱は、その数実に 198本!!   
しかも高さはおよそ100mで、そのうち70m部分が海底下に打ち込まれているとか・・・ がく〜(落胆した顔)

実はこの桟橋、滑走路なんですよ。

国際化とかハブ化とか、何かと話題になっている羽田空港の大きな目玉のひとつとなっているのが、
来年完成予定の 【 D滑走路 】       羽田では4本目で、長さは2500mです。

ちょうどたまたまTV局が2社ほど取材に来ていたようだったけど、注目度の高い理由のひとつが、
その構造というか立地の珍しさ。

no-title

なんと、世界初のハイブリッド構造の滑走路 なんだって!!

桟橋部分がちょうど多摩川の河口になっていて、流れをせき止めちゃうと環境上問題ありってワケ。
なので、多摩川の流れをせき止めないように写真の右側が桟橋構造になっていて、左側はその2倍以上の広さの埋立地になっている二重構造になっているんです。
ふ〜ん、環境にやさしい滑走路ってことですね〜。

そして、反対側に目を向ければ、

no-title

滑走路のず〜っと向こうに 【 国際線旅客ターミナルビル 】 がその全容を現しつつあります。
あそこって、昔のターミナルビルがあったとこだよね・・。
成田に行くことを考えればかなり便利!        早く使ってみたいもんです。

それじゃ、上空からも一枚。    ベルトサインが消えてから撮ってみたのがこちら・・。

no-title

こうやって見ると、多摩川って川幅広いですね。
posted by あんちゃん at 23:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 飛行機とか空とか・・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
桟橋の飛行場なんてビックリ!
しかし柱の埋め込み深さが70mとは
地盤の軟弱な海の上ではここまで必要なんですね。

小さい頃住んでいた川崎からは羽田まですぐ近くだったので、
引越ししてなければこんな景色を毎週のように眺めていたかも。

来月の旅行はアクアラインを通るので、
眺めてきます。
Posted by bauパパ at 2009年11月24日 22:40
bauパパさん、こんにちは。
このD滑走路、完成するまでの間、工事現場に一般者向けの展望台があるんですよ。
来月はこちらに来られるんですか?
アクアラインの海ほたるPAからは、川崎や羽田の景色を見ることができるかもしれませんね。
でもこの時期はかなり寒いかも・・・・
目的地はクリスマスのディズニーランドかな?
イルミネーションもきれいだし楽しみですね♪
Posted by あんちゃん at 2009年11月26日 10:17
そうか、羽田空港のD滑走路はこうなっていたのか(納得)しかし建築技術ってのはすごいですねえ。海底トンネルもすごいけど
海上滑走路もビックリです。

羽田の空撮、きれいに撮れてますね。
 ◎ ですね。
Posted by お星様 at 2009年11月26日 17:30
お星様さん、こんばんは。
滑走路の桟橋部分の柱に使用される鋼材は、腐食防止のためのチタンだそうです。
その使用量は、建設分野では最大の1000トン!
耐用年数100年!!らしいですよ。
メンテにかかるコストも膨大な数字になりそうですね・・・(^^;
今度は、東京スカイツリーでも見に行ってみようかな。
Posted by あんちゃん at 2009年11月28日 21:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。