2009年11月16日

もうすぐX’mas♪ in LONDON 

妻のお仕事日記デス 飛行機

どこまでも続くシベリアの大地を越え、北海も飛び越えて・・・・・・
ようやく前方にグレートブリテン本土が見えてきました。

no-title

あ〜ぁ、今日は生憎の雨模様 雨
部屋の窓からは遠くに大観覧車の 【 ロンドン・アイ 】 が見えるはずなんだけど、
残念ながら雨に霞んじゃって見えませんね。

no-title

時計を見るとまだ3時過ぎ 時計      でも、寒いのは大の苦手なので、
近くのスーパーで買い物して、今日は夜まで部屋にお篭り。    読書三昧で〜す 本  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日はのんびり読書三昧・・・・・・のはずが、3行も読まないうちに 眠い(睡眠) 眠い(睡眠) だったので、
目覚めスッキリの2日目の朝です。   おはようございまーす ♪

1863年開業 ( 江戸時代!! ) の世界最古の地下鉄 【 チューブ 】 で3つほど行った
トラファルガー広場にあるのは、国立美術館の 【 ナショナル・ギャラリー 】
その中にある 『 ナショナル・カフェ 』 でまずは朝ごはん。

no-title

平日の静かな雰囲気は、ゆったりとイングリッシュ・ブレックファスト レストラン を楽しむのに最高デス。
卵料理は、ポーチドエッグにしてもらいました。

no-title

ちょっとちょっと・・・・、コレ焼きすぎてな〜い??
・・と思わずツッコミたくなるような真っ黒に焼かれたハムは、なんと豚の血が入ったハムでした あせあせ(飛び散る汗)
もうひとつの黒こげチックなのは、元から真っ黒なキノコだって・・・・。
見た目はインパクト大!!だけど、あまりクセのない味でした。   でも普通のがいいなぁ。
いちばん美味しかったのは、ラズベリーのジャムとミルクティーだったかな・・・・・(^^;

お腹も満足したら、隣のナショナル・ギャラリーでじっくりと絵画鑑賞でも・・。  芸術の秋だし。
パリのルーヴルだと写真はオッケーなんだけど、ココはダメなんですよね〜。

ゴッホの 『 ひまわり 』 をじっくりと。

Wikipediaからお借りした絵がこちら・・・。

no-title

『 ひまわり 』 っていえば、誰もが知ってる花瓶に挿された向日葵なんだけど、
同じ構図で描かれたものが全部で7点あるんですって・・・・。 微妙に本数が違うらしいですよ。
ここ、ナショナル・ギャラリーに展示されているのは、 『 15本の向日葵 』 でした。
同じ15本でも、以前、日本の保険会社が購入したのは、製作年が異なる別の 『 ひまわり 』
当時、58億円 たらーっ(汗) で購入したことで話題になりましたよね。

食欲の秋と芸術の秋をたっぷりと堪能したら、軽〜くスポーツの秋のお散歩でも・・・。

どんより雨空の下、向かったのは多くの人でごった返すロンドンの中心 【 ピカデリー・サーカス 】

no-title

左側に建っているのが、ギリシャ神話の愛の神エロスの像。
キューピッドって言ったほうがわかりやすいですね。

名建築家 ジョン・ナッシュ が造った、カーブが美しい 【 リージェント・ストリート 】

no-title

曲線が美しいだけに、ロックンロールな髪型のリーゼントの語源となった通りなんですよ。
意外なつながり、おもしろいでしょ?

横に入ってみた細い通りは、クリスマスのデコレーションで賑やかでした。

no-title

1875年創業の老舗デパート 【 Liberty 】 もすっかりクリスマスムード ぴかぴか(新しい)

no-title

間口は狭いけど奥深くまで広がるこのデパートは、なんと木造なんですよ がく〜(落胆した顔)
店内はクリスマスプレゼントを買う人でいっぱいでした。

no-title

リバティを出て少し歩いたところにあるのが、【 オックスフォードの交差点 】
何の変哲もない交差点だけど、この11月からロンドンで初めての試みを取り入れたんですって。
さて、なんでしょう??

no-title

答えは、ジャーン 演劇   はい、スクランブル交差点 でした。
2012年のオリンピックに向けての混雑緩和 & 再開発の一環らしいんだけど、
モデルになったのは、あの巨大な 『 渋谷のスクランブル交差点 』。
ロンドン市民にとっても、かなり便利になって好評だとTVで言ってました・・・・。

今回のお買い物のお目当ては、ココ 【 Cath Kidston 】

no-title

花柄プリントが有名なお店なんですよ。   花柄意外にもいろんなデザインがあるんだけど、
自転車を買ったばっかりなので、カウボーイ柄のメッセンジャーバッグをお土産に購入 るんるん

肩にかけるベルトも色がきれいで、とっても気に入っちゃった グッド(上向き矢印)

お店を出る頃には、まだ5時過ぎなのに外は真っ暗・・・。 冬のヨーロッパは夜が早いんだよね〜。
さ〜てと、ゆっくりお風呂に入ろうかな・・・。
posted by あんちゃん at 23:55| Comment(6) | TrackBack(0) | 妻のお仕事日記 ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ロンドンはいつも雨っていう思い込みがあるんですがこの日はやはり雨ですね。

木造のデパートがあるなんて知りませんでした。NYのメイシーズで木造のエスカレーターは見ましたが・・ところでロンドンは街中監視カメラだらけと聞いておりますがそうなんですか?
Posted by お星様 at 2009年11月18日 14:32
あんちゃんの奥様、アロハで〜す!
このシーズンのロンドンってとても楽しそうですね。
もう、街はクリスマス色で賑わいを見せていたのではないでしょうか。
しかし、ブレックファストメニュー、朝からすごい。。
私も普通のハムとキノコがいいなぁ。(苦笑)

Cath Kidstonというお店、可愛らしいものがたくさんありそうですね。ヨーロッパにはおしゃれで素敵な小ぶりな花柄が多いんですよね。
ハワイの花柄は大きいからなぁ〜。(笑)

カーボーイのメッセンジャーバッグ、又、機会があったら見せてくださいね。(笑)
Posted by Eica at 2009年11月18日 14:42
豚肉とキノコ、おいしそ・・・
いや、お世辞はやめときます(笑)

リージェント・ストリート、まるで競技場の外壁のようカーブが美しいです。
それにしてもロンドンは歴史ある美しい建物が多いんですね。
近かったら行ってみたいんですが・・・

サンタクロースの地元ヨーロッパは
クリスマスの盛り上がりもきっとすごいんでしょうね。
Posted by bauパパ at 2009年11月18日 21:52
お星様さん こんばんは。

ロンドンで傘を持たずに出かけるのは
とっても無謀なことだと言われるくらい
雨が多いらしいですね。
監視カメラは町中いたるところで見かけました。
でも観光客としては、なんとなく安心感が
あって良いのではないかと思いました。
住んでいる人にとっては、ちょっと窮屈
に感じられるかも知れませんね。
Posted by あんちゃん妻 at 2009年11月19日 23:30
Eicaさん アロハです!

クリスマスシーズンのヨーロッパは
本当に素敵ですよね。
11月の後半になるとクリスマス市が出るので
ホットワインを飲みながらブラブラと見て周るのも楽しいと思います。
Cath Kidstonは花柄が可愛いお店なのに
なぜかカウボーイの柄を選んでしまいましたが、
結構気に入ってます。
ハワイの大きい花柄も大好きですよ〜(笑)
Posted by あんちゃん妻 at 2009年11月20日 00:09
bauパパさん こんばんは。

美味しそうな朝食でしょ〜(笑)
ハムやソーセージばっかりだったので
後で、みんな「喉が渇いた〜喉が渇いた〜」
と言ってましたよ。
リージェントストリート・・・・言われてみると
確かに競技場の外壁みたいですね〜。
夜になるとライトアップがとても綺麗なんですよ。
Posted by あんちゃん妻 at 2009年11月20日 00:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。