2009年10月01日

初秋を感じる道東の旅  〜 3日目 〜 

道東の旅もあっという間の最終日。  天気予報によれば、さわやかな秋晴れも今日までとか・・・・。
いやぁ、なんとも天気に恵まれたラッキーな旅を締めくくれそうだなぁ ♪

朝日が差し込む午前6時、眠い目をこすりながらショッパイ塩湯の露天風呂 いい気分(温泉) へ。
オホーツク海を眺めながらゆ〜ったりつかる朝風呂で、疲れが取れないわけもなく、
空いたお腹は、ブッフェ形式の朝ごはんでオホーツクの味を心行くまで大満喫 !!

午前8時には、ウトロ港を一望できる 【 プユニ岬 】 で記念写真です。

no-title

・・・・と、パシャパシャ カメラ と思いっきり観光客丸出しの僕達に、通りかかった地元の人が、
『 羅臼に向かう上の方で、水飲みにきてるヒグマを見かけたぞ〜!!  森に入らんようにね〜 』
『・・・・・・・・・・・・・・・ たらーっ(汗) 』

まさに今立っている知床は、半島全域で100から200頭が暮らす、世界でも有数のヒグマ生息地。
山以外にも、海にはトド、空にはオジロワシと、食物連鎖の頂点に立つ野生動物の王国なんだね。

ま、車に乗ってりゃ安心だろうと、そのまま知床横断道路( R334 )を羅臼方面へ。
この横断道路は11月上旬から4月下旬までが閉鎖される日本一開通期間が短い国道だとか・・・。

目前にそびえる羅臼岳の山容を楽しみながら軽快にハンドルを切っていたそのとき・・・・・exclamation×2

no-title

のっそりと道路を横切っていく エゾシカ が!!   ツノも立派で想像以上にデカイな・・・・・。

知床の手つかずの大自然に感動しながら、横断道路の頂上 【 知床峠 】 でひと休み。
辺りは殺伐としたハイマツの樹海が広がってます。

no-title

目の前には、知床半島の主峰 【 羅臼岳 】
日本百名山目当てに観光バスが次から次へとやってきて、パーキングは朝から大賑わいです。

そして、目を羅臼方面へ移せば・・・・・・・
根室海峡に浮かぶ北方領土 【 国後島 】 のシルエット 目

no-title

快晴だったせいか、全長120kmの細長い島のほぼ全貌を平行に見渡すことができました。
わずか25kmしか離れていないあの島は誰のものなのか、『 北方領土問題 』 を考えつつ・・・

羅臼までの下り道は、ところどころ紅葉がキレイな絶景のワインディングロード。

no-title

羅臼の 道の駅 『 知床・らうす 』 で、休憩を兼ねたお土産タイム 喫茶店

羅臼からは、国後島を左に見ながら国後国道( R335 )を、野付半島 までいっきに南下。
どこまでも単調な眺めに、車内のあちこちから聞こえてくる寝息の音 眠い(睡眠) が心地よく・・・・

ようやく着いた 野付半島。   ここではこんな奇景を見ることができるんですよ。

no-title

ホントは 【 トドワラ 】 の写真をアップしたかったんだけど、これは 【 ナラワラ 】

海流で運ばれた砂が堆積してできた日本一の 砂嘴 (さし) である 野付半島 では、
トドマツが立ち枯れて白骨のように風化しつつある トドワラ と、ミズナラの風化途中の ナラワラ を見ることができるんです。
トドワラ は、車で行けないず〜っと遠いところにあるので、時間もなかったし断念・・・・・。
でも、望遠鏡でその寂しげな風景を見ることはできました。    一度は見る価値アリですよ。

その帰り道、住宅もちらほら見え出してきた道の真ん中をヒョコヒョコと渡っていったのは・・・、

no-title

かわいい キタキツネ !!

ここからはしばらく海沿いから離れて、どこまでもまっすぐにうねりながら続く 【 ミルクロード 】
これぞ北海道!!的な根釧台地は、軽〜く1時間はノンストップの開放感で走れます ♪

着いたところは、北海道でも有数の酪農の町 中標津。
そんなのんびりとした風景の中にあるカフェ 『 ラ・レトリ 』 のアイスクリームは絶品でした。

no-title

中標津産の牛乳を使ったコクと風味を、ソフトクリームでたっぷりと堪能 るんるん

no-title

それ以上に美味しかったのが、『 のむヨーグルト 』 
あまりにもウマイので、立て続けにおかわりをしてしまったほど・・・・・。

さっぱりと一息ついたところで、お昼ごはんを食べるべく、ナビの目的地を 厚岸 に設定!
太平洋に面する 厚岸 までは、ミルクロードならではののどかな車窓を楽しみながら・・・・・

no-title

そして、空腹にも耐えながらやっと着きました!!   目の前には海続きの 【 厚岸湖 】
ここの名物はなんといっても カキ。
狭い海峡で厚岸湾とつながっているため、塩分濃度が海水よりも低くまろやかな味になるとか・・。

no-title

大ぶりの身と厚さが評判の厚岸のカキは、江戸時代からの特産品。
ささっ、お待ちかねのご当地グルメ・・・・・・・・、コレを食べなきゃ帰れないよ わーい(嬉しい顔)

1  生カキ〜 ♪   ミルキーで最高!!

no-title

2  焼きカキ〜 ♪♪   地元で定番の食べ方は、カキのコクがメチャウマです。

no-title

3  コレも食べなきゃ、 カキフライ〜 ♪♪♪   外はカリっと、中はジュワッ!

no-title

いや〜、食べた食べた!! カキカキカキのオンパレード ♪
いちばん美味しかったのは、やっぱり 生カキだったかな。 追加で注文しちゃったくらい・・・あせあせ(飛び散る汗)

見るものも食べるものも大満足で、残るは釧路空港まで余裕のドライブを楽しもう。
そんな締めくくりに、陽もだいぶ傾いてきた釧路湿原でこんな出会いもありました。

no-title

仲睦まじい タンチョウ。   絶滅の危機にあるだけに、偶然のショットは嬉しいサプライズ ♪

夜8時の最終便までは時間もたっぷりあるので、釧路湿原にある 『 山花温泉 リフレ 』 で いい気分(温泉)
さっぱりと温泉の香りを漂わせながらチェックイン。   

no-title

レンタカーの走行距離         意外とそうでもなかったかな?  696km
温泉に入った回数           ポッカポカの 7回     もっと入りたかったけど・・・・
いろいろ見て食べて・・・・・       う〜ん、楽しかったなぁ・・・・・・。

羽田までは当然、みんな爆睡 眠い(睡眠) でした。
posted by あんちゃん at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ぶらり・・・ 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
エゾシカ、キタキツネと一応出会ったということでまずまずですねえ。ヒグマは私も直接見てはいません。この季節なかなかいいですねえ。でも今巨大台風がまた近づいています。ラッキーでしたね。それと厚岸の牡蠣
美味かったでしょう。ここの岩牡蠣は大きくて最高です。カキフライ食べたくなりました。お天気もよくいい親孝行ができましたね。やっぱり旅行はお天気ですねえ。
Posted by お星様 at 2009年10月05日 17:17
お星様さん、こんばんは。
心のどこかでヒグマに遭遇しないかなぁって思ってはいたんですけどね・・・・(笑)
でもたった3日間で、遡上する鮭にエゾシカにキタキツネ、タンチョウ・・・と盛りだくさんの出会いを体験できました。
もうあと10日くらい遅ければ紅葉がきれいだったかもしれないけど、気候は最高でした。
牡蠣の厚岸ブランド、『カキえもん』というらしいですね。
あまりにも美味しくて白ワインが欲しくなりました(^^
台風の影響で、今の横浜は雨が降ってます。
昨日はあんなに天気がよかったのに・・・・・
おっしゃるとおり、旅行を思い切り楽しむには最高のお天気が必須ですね!!
もう台風はこの間の香港でコリゴリですよ。 アッハッハ(笑)
Posted by あんちゃん at 2009年10月05日 17:43
あんちゃんさん!
遊びすぎ〜食べ過ぎ〜楽しみすぎ〜!

いい天気に恵まれ世界遺産の大自然を満喫、
美味しいもの三昧!
僕もブログ写真で北海道に行ったつもりで楽しみました。
でも画像ではカニ、ウニ、カキの味覚は伝わらないです(笑)
北海道に行きたいです〜!
厄年の打ち上げ旅行の行き先に・・・?
いや九州がいいかな?

Posted by bauパパ at 2009年10月06日 22:35
bauパパさん、こんばんは。
秋祭りであれだけ寄付すりゃ、パパさんの厄もどこかへ吹っ飛んじゃいましたね(笑)
その勢いで打ち上げ旅行パーッと楽しんでくださいね。
そちらからだと、北海道も九州も同じくらいの距離だから迷っちゃいますね(^^
北海道は残りひと月が紅葉のベストシーズンでしょうか・・・・。
九州も自然がいっぱいで、パパさんファミリーにおススメしたいところがいっぱいあるんですけど・・・・・
我が家は二人とも九州育ちなので、行かれるときはいつでもご相談くださいね。
楽しくて美味しいスポットをサポートさせていただきます。
Posted by あんちゃん at 2009年10月07日 00:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。