2009年08月31日

Holiday in Cotswolds ♪

ロンドン2日目、早朝7時。     朝陽 晴れ に輝く街並みがとってもきれいです。

no-title

これから、ロンドンの中心部 【 ピカデリー・サーカス 】 のバス乗り場にいったん向かって、
西へ200kmの 【 コッツウォルズ 】 巡りの1日バス観光を楽しみま〜す ♪
仲間は、いつもいっしょに仕事をしている仲良しグループの6人で・・・。

【 コッツウォルズ 】 は、オックスフォードの西側から始まるゆったりと美しい丘陵地帯のこと。
そのところどころに点在する小さな村や町は、13〜14世紀にかけて羊毛産業で栄えたらしく、ウール商人たちが建てた蜂蜜色の家々が花に彩られて静かに並んでいるんだって。  ワックワク〜 ♪ 

バスで揺られること2時間半・・・・・バス
コッツウォルズ の玄関口、【 ブレナム宮殿 】 に到着。

no-title

Oh! イッツ ビュ〜ティフォ〜!!  
ヴェルサイユ宮殿を彷彿させる壮麗な宮殿にしばし感動!!
アン女王から贈られたという200エーカーの広大な土地にそびえるバロック様式の壮麗な宮殿には、今でも11代マールバラ公爵が住むれっきとした現役のお城なんですよ。
イギリスの宰相 チャーチル が少年時代を過ごしたことでも知られています。

入り口の天井には、当主とその妻の 『 目 』 が、ジーッと訪問者を見つめてるよ・・・・・たらーっ(汗)

no-title

まだ8月とは思えないくらいの肌寒さに震えながら、庭をお散歩。
これからは紅葉がとってもきれいだとか・・・・・  

no-title

宮殿をあとにして、バスの窓から見えるのはのどか〜〜に広がる牧羊地帯。

no-title

夏に毛を刈られたばっかりの羊たちは、まだほっそりとしてますね〜。

お腹がグ〜ッ あせあせ(飛び散る汗) と鳴り始めたころ、やっと昼食を食べれる 【 バーフォード 】 に着きました。

no-title

なんか、街道沿いの街って感じだね〜。   意外に交通量が多いのにビックリです。

蔦の絡まるかわいいPub 『 コッツウォールズ ARMS 』 でランチ ♪

no-title

ツアーに付いてる食事だったので、選択できるのはステーキパイと野菜ラザニアのふたつのみ・・・・
ほとんどの人がステーキパイを頼んだけど、味は・・・・・・ビミョウ・・・・
モルトビールに漬け込んだ短冊状のお肉がコトコトと煮込まれたものでした。

次に向かったのは、コッツウォルズ観光のハイライト! 【 ボートン・オン・ザ・ウォーター 】
絵本の挿絵さながらのかわいい村です。
小川を眺める老夫婦とワンちゃん・・・・・・・なんだか絵になってません?

no-title

水深わずか10センチほどの清らかな小川が、家並みをサラサラ縫うように流れる美しい風景は、
『 コッツウォルズのヴェニス 』 と呼ばれています。

水遊びを楽しむ子供達・・・・。

no-title

陽射しがあるので暖かそうに見えるけど、実は20℃もないくらいでけっこう寒いんですよ。

どの家も色とりどりの花を飾っていて、なんだかクルマのCMに出てきそうでしょ?

no-title

散歩の途中で見つけた 『 MAZE 』     ちょっと遊んでく??

no-title

迷路にみんなで入ったのはいいけれど・・・・・・・・集合時間まであと30分!
看板には 『 平均25分くらいで迷路をクリアできるよ 』 って書いてるけど、人並みにクリアしても集合場所までは走っていかないと間に合わないよ。
最初は慎重だったのが、バスに置いていかれる図を想像してか、次第に早足から小走りに・・・・あせあせ(飛び散る汗)
途中、ヒントが書かれたプレートがところどころにあったんだけど、それすら無視、ムシッ exclamation×2

結局、動物的な感を駆使してなんと10分で脱出!   イェィ !!  
とってもスリリングだったけど、意外なところで チーム力 を発揮しつつも・・・・・、
アレッ、なんだかこの街の楽しみ方間違ってない・・・? のんびりと散策するところだよね〜、ココ。
・・・・・という誰かの一言で大笑い わーい(嬉しい顔) でした。

1日た〜っぷり遊んで、帰りのバスではみんなでぐっすり爆睡状態 眠い(睡眠)
ロンドンのピカデリーに着いた頃には、疲れもすっかり取れて メガシャキッ 目

no-title

さぁ、これから着替えて、みんなでワイワイ Wine & Beer を楽しみましょう ♪
posted by あんちゃん at 23:55| Comment(6) | TrackBack(0) | 妻のお仕事日記 ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あんちゃんさんの奥様、アロハです〜。
今度はロンドンだなんて、もう羨ましい限りです!笑
ところで、町の景色も建物も絵になってます。
教会内の天井の目、どんな意味があるんでしょう?
気になります。
ロンドンはこれからがどんどん美しい時期になってゆくのかしら。紅葉の染まるロンドン、きっと素敵でしょうね。
屋根から溢れんばかりのラベンダー色のお花も素敵。
私も一度、行ってみたいです〜。
Posted by Eica at 2009年09月02日 16:29
街中、宮殿、のどかな田舎町など
イングランドを一日でいろいろ楽しんだようですね。

迷路は昔に流行った巨大迷路みたいな物ですか?
若い頃、姉と弟と4人で出かけ、
2チームに別れ競争しました。
一面が見渡せる立体の橋の上から、
『そこを右!』など大声で弟を走らせて
姉と競っていました。
ちょっとカップルに煙たがられましたが、
楽しかったです。

観光の1日の締めくくりにおいしいワインとビール、
いい一日でしたね。
Posted by bauパパ at 2009年09月02日 19:12
Eicaさん アロハ〜!

あの大きな目は 何代目かの当主が
ちょっとしたジョークで自分のブラウンの目と
奥様のブルーの目を描かせたそうです。
どういう意味があるんでしょうね〜?
これからの季節は紅葉が楽しみですね。
8月とは思えない寒さだったので
冬はどれだけ寒いんだろ〜と
寒がりな私は考えただけで
ブルッときましたが・・・

Posted by あんちゃん妻 at 2009年09月02日 22:12
bauパパさん こんばんは!

そうです。昔 流行りましたよね〜(笑)
そこまで巨大でもなかったのですが、
見知らぬ土地で置き去りにされる恐怖もあって
久々にスリルを味わいました。
迷路の真ん中に小屋のようなものがあったのですが、
一番後輩の男の子は「あと五分以内に脱出できないときは、
あの屋根に登ってナビゲートしてもらうからね〜!」とみんなから脅されてましたよ。
Posted by あんちゃん妻 at 2009年09月02日 22:26
コッツウォルズですか。いいとこ突いてますねえ。行きたいところです。しかしイギリスらしからぬいい天気でラッキーですねえ。9月3日、NHKhiでコッツウォルズ1を『世界ふれあい街歩き』でやっておりました。2を9月10日22時から放映です。時間があればご覧になられたらいかがですか?しかしTVの映像を見る限り最近はイギリス人もずいぶんFATな人が多いですねえ。アメリカといい勝負になるのでは・・・
Posted by お星様 at 2009年09月05日 18:17
お星様さん こんにちは。

貴重な情報をありがとうございます。
10日の放送は必ず見たいと思います。
一度旅行した町をテレビで見かけると嬉しいですよね。
寒くなる前にコッツウォルズに行けてよかったです。
ロンドンからは他にもストーンヘンジやバースに行く
一日観光ツアーもあるので
いつかは行って見たいな〜と思っています。
Posted by あんちゃん妻 at 2009年09月06日 10:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。