2009年05月03日

フラワーアートフェスティバル

ゴールデンウィークの横浜は、開港150周年ということもあってか街中お祭り騒ぎです。

no-title 延々と続く仮装パレードに沿道はヒートアップあせあせ(飛び散る汗)
 交差する車道はせき止められて、こちらも延々大渋滞!






そんな人ごみをかき分けて、ぶらぶらと向かったのは銀杏並木が美しい【 日本大通り 】
明治12年に整備された日本で初めての西洋式街路です。
車道よりも歩道の方がゆったりと広く取られているこの通りは、
オープンカフェのパラソルが立ち並んでいて、木陰でコーヒーを楽しめるお気に入りの場所。
そして今日は・・・・・・・

no-title 花絵のカーペットになってましたexclamation×2
 車道一面に敷きつめられたのは、
 18万本のバラと6万本のチューリップ。
 2区画にわたる全長220mの巨大フラワーアートです。

 ちなみに、バラはインドから、チューリップは新潟から、 
 それぞれ間引きされた不要な花が届けられたんだって。

これだけデカけりゃ、当然上から見下ろしてみたくなるよねー目

no-title ・・・・なので、コレ予約しました。
 クレーンを利用した観覧台。ひとり500円也。
 夜まで予約がいっぱいで、取れたのは最終の19時50分。
 夜もライトアップされてるらしいので、いったん帰ろうかな。






晩ご飯とスポーツクラブでのエクササイズを済ませて、再び大通りへ。

no-title ライトアップされたカーペット。
 昼と違って陰影の付いた花びらの雰囲気がキレイです。






そろそろ予約の時間・・・・
係りの人にヘルメットとハーネスをつけてもらって、クレーンの台の上へ。
グィーンという音とともにゆっくりとせり上がっていきます。
徐々にどんな絵が描かれているかが見えてきました。
no-title                no-title
ペリー像かな?                     上から見るとエキゾチックな浮世絵みたい。

昼間とはまた一味違う幻想的な雰囲気、夜風も涼しく楽しめました♪
posted by あんちゃん at 23:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 横浜開国博Y150 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

自由に歩きまわってますね。^^
その後、足の調子はいかがですか。
私もだいぶ良くなってきましたよ。 歩き出しがちょっと怪しいですが…
ゴールデンウイーク中にどこにも出かけないのはやっぱりつまらないので、明日無理矢理出かけることにしました。^^;

3日はお天気が良かったんですよね。
お花の絨毯、見事ですね。 素晴らしい!
楽しいイベントや美味しいお店が、お家のすぐそばにあるっていいですね。

Posted by sakura at 2009年05月05日 22:23
sakuraさん、こんばんは。
普通に歩いていいですよって言われても、
最初の頃は一ヶ月のかばい癖が抜けなくてギクシャクした歩き方だったけど、
なんとか他の人にバレない程度に普通の歩き方ができるようになりました。
ただ、違和感はまだあって、押さえたりふと伸ばしたときは痛みが走ります。
1週間後に多分最後のレントゲン検査をする予定です。
天気がちょっと心配ですが、お出かけの際は気をつけてくださいね。
Posted by あんちゃん at 2009年05月05日 23:07
クレーン車からの絶景、しかも夜景でライトアップされた花の絵、素敵ですねえ。500円なら私も絶対上りますよ。チューリップは球根を取るため花は切ってしまうからいいでしょうが、バラはどうするのかと思いきや間引き用ですか・・納得です。
しかしインドからとは知りませんでした。
インドってバラ栽培してるんですねえ。元英国植民地だからバラとは縁ありでしょうがねえ。
Posted by お星様 at 2009年05月07日 13:25
お星様さん、こんばんは。
初めてクレーン車に乗りましたが、まさに絶景かな!! でした。
インドのデカン高原の南部あたりは熱帯とはいえ、
高地にあるため比較的冷涼でバラ栽培に適してるんだそうです。
確か世界でも有数のバラ生産国がアフリカのケニアというのは聞いたことはありますが、
熱帯地方でバラっていうのも意外ですよね。
Posted by あんちゃん at 2009年05月07日 19:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。