2009年05月02日

ナニコレ・・・?

宇佐平野といえば、大分県でも有数の米どころ。
実家から車でちょっと走ると田んぼやら畑やらがどこまでも続くのどかな風景が広がります。

no-title そんなのんびりとした田園の中に点々と目に付くのは、
 まるでお椀を伏せたような不思議な小山。
 あたりを見渡すとところどころにポコポコッと。
 僕も最初コレを見たときは、
 古墳か何かを想像したんだけど・・・・・

 何だと思います、コレ・・・?

グルッと反対側に回ってみると、古墳のように見えた小山は、
実はお椀を半分に切ったような形になっていてコンクリートで造られた人工物でした!
しかも内部はこんな変な形をした入り口の空洞になってます。
no-title        no-title
ある山はプロペラが展示されてたり、別の山は農機具が保管されてたりと用途は様々・・・。

今はのどかで平和に見えるこの宇佐平野、
実は、太平洋戦争末期には宇佐海軍航空隊・特別攻撃隊の基地だったところなんです。

【 掩体壕(えんたいごう) 】と呼ばれるこの施設は、敵の空襲から零戦を守る為の格納庫で、
当時の面影を残すのは10基ほど。
展示されていたプロペラは、近くの海で漁船の網に引っかかった零戦の残骸だそうです。

no-title 戦争の名残としての負の遺産のすぐ近くの田んぼは、
 優しい色をしたれんげ草で埋め尽くされてました。





posted by あんちゃん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらり・・・ 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。