2012年02月15日

ローテンブルクの城壁歩き

中世の時代から街をぐるっと取り囲んで見守り続けている城壁。 全長4.2kmもあるそうです。

no-title

14世紀に建造されたというレーダー門から、街の南端にあるシュピタール門まで歩いてみました。

no-title

ぐるっと巡っているので、街並みをいろんな角度から眺められてなんだか得した気分(^^
のんびり見てたら、もっと小道の隅々まで探検してみたくなってきたけどまた今度。

no-title

第2次世界大戦で被害を受けた城壁や街並みは、世界中からの寄付金で修復されたらしくて
城壁を歩いてみると、ところどころに寄贈者の名前が書かれたプレートが埋め込まれてましたよ。

no-title

団体も個人も、意外に日本からの支援が多いのにビックリでした。
posted by あんちゃん at 14:22| Comment(6) | TrackBack(0) | Germany | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライクのリヒトホイザー

ローテンブルク名物といえば、【 Leyk 】 の Lichthauser ってのもありますよ。
リヒトホイザーを英語に訳せばライトハウス。
つまり、陶器の家の中にロウソクが立てられるようになっている置物のことなんです。

no-title

ドイツならではの木組みの家や教会などがあって、少しずつコレクションする人もいるとか・・。
とりあえず、ローテンブルクの街に実在する建物をモチーフにしたリヒトホイザーを2つ。
茶色い屋根と青い屋根を記念に買ってみました。

no-title

ローソクを灯すと、手作りのあたたかさがふんわりといい感じ。
毎年クリスマスの時期に出してみようかなぁ・・・と思ってます。
posted by あんちゃん at 13:52| Comment(2) | TrackBack(0) | Germany | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シュネーバル

美味しいスイーツをアップしたついでに、
こちらは12月にドイツで食べた、ローテンブルク名物のシュネーバル 新月

no-title

‘ Schneeball ’ とはスノーボール。  雪球って意味がカワイイですね(^^
頼むと、トングの先っぽにおたまが付いたようなもので取ってくれました。
砂糖がけの揚げ菓子ながら意外にサクサクと軽い食感で、クリスマスで賑わう街を食べ歩き るんるん

no-title

ただ、直径が10cmぐらいあるので、一度に食べきるのがちょっと大変です(^^;
posted by あんちゃん at 13:09| Comment(2) | TrackBack(0) | Germany | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。