2012年02月06日

ぐるりと360度

ローテンブルクの朝は雪混じりの冷たい雨 雨
ここに来てようやく、マルクト広場にある店で折りたたみの傘を買いました。

no-title

正面に見えるどっしりとした市庁舎は、ゴシック様式の建物と高さ60mの塔からなっていて
そのてっぺんは、展望好きにはたまらなく血が騒ぎそうな360度ぐるりと見渡せる展望台 グッド(上向き矢印)

no-title

上はかなり狭そうだけど、行ってきまーす!!
オンシーズンは塔へ上る人たちで大混雑するので、信号で人数を制限してるそうなんだけど、
こんな雨風の日に上る人なんて・・・・・・・、あ、やっぱ俺たちだけ(笑)

no-title

木造の階段は狭くて、しかも傾斜がハンパなく急!
展望台へ出る直前はハシゴをよじ登るので、心理的にかなりコワイ体験ができますよ^^
そして、その難所を越えた人が手にできる眺望がこれ。   かなりいい眺めを楽しめます。

no-title

ただ、想像以上に狭いのよ〜。
ちょっとへっぴり腰で楽しんで、下りるのがまた大変でした。
posted by あんちゃん at 21:00| Comment(4) | TrackBack(0) | Germany | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

思わずゾクッ!! 【 中世犯罪博物館 】

ローテンブルクの街をぶらりと歩いていたら、ふとこんなものが目に付いたので入ってみました。

no-title

中世の都市生活は、今では考えられないほど厳しい規則のもとで社会的秩序が保たれていたようで
目方をごまかしてパンを小さく焼いたパン職人は、この檻で水責めにされたそうです(怖っ)

この建物は 【 中世犯罪博物館 】
中世の法律と刑罰に関するものがずらりと展示されていて、その規模はドイツ唯一なんだって。

no-title

思わず背筋も凍りそうですが、魔女裁判に使われたらしい椅子とか・・、

no-title

酒癖の悪い男は、こんな酒樽をかぶせられて街中のさらし者に・・・。

no-title

おしゃべりの過ぎる女性には、こんな舌の長い恥辱のお面を。

no-title

規則に背くものならこんなこん棒で・・・!!   ギョエ〜〜〜!!! 

no-title

そして極めつけはコレ。
この 『 鉄の処女 』 でワルな女性を閉じ込めて観音開きの扉をバチン。 
内側にはいくつもの刺がついているのもあったんだって。  ひぇ〜、もう勘弁してよ あせあせ(飛び散る汗)

no-title

たっぷり見ごたえありました。
つくづく、中世に生まれなくて良かったー(^^;
posted by あんちゃん at 20:00| Comment(4) | TrackBack(0) | Germany | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。