2012年02月05日

秀逸!!

ヘンケルスといえば、1731年にドイツのゾーリンゲンで誕生した刃物メーカー。
その製品に刻印されている双子マークの 【 Zwilling(ツヴィリング) 】 は、同社の厳しい品質基準を満たす最高級のプレミアムブランドなのです。

ローテンブルクの散歩途中でヘンケルスのお店があったので、自分用に買いました。

鋭い切れ味が心地いい、爪切り。

no-title

そしてもうひとつ。
ふだんのこまめなお手入れが大切な、鼻毛クリッパー(^^/

no-title

レバーをひと押しすると、筒の中の回転刃が安全に鼻毛をカットしてくれるという優れものです。
その快適な切れ味は、実用以上に ‘ 持つ喜び ’ を与えてくれてるかも(^^
posted by あんちゃん at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Germany | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ローテンブルクの仕掛け時計

思えばこの2ヶ月間、出先で撮りためる写真の量がブログアップのキャパを大きく超えてるような。
予定を詰め込みすぎて少々消化不良気味かなぁ あせあせ(飛び散る汗)

・・・ということで、久しぶりに、南ドイツはローテンブルクのマルクト広場です(^^;

広場に面した仕掛け時計が必見らしいので、左側の市議宴会館なる建物の前でスタンバイ。

no-title

時間になると、時計の左右の窓から人形が登場して、街を救った市長の物語を再現するんです(^^
物語のタイトルは、『 街を救った酔っ払い市長 』(笑)

no-title

時は17世紀の戦争中。
街を占拠した敵将が 「 このジョッキのワインを一気飲みすれば街を助けてやる 」 と宣言。
受けて立った市長が見事に3リットル!ものワインを飲み干して救いました。
・・・という、ちょっと笑える歴史絵巻だそうで。

ギギッと扉が開くと、いかにも大酒を飲みそうな市長さんがジョッキをグッと握りしめて、

no-title

グググ〜ッと傾けていきます ビール

no-title

はい、これだけ!
街の命運をかけた一気飲みは、なんともシンプルな仕掛けでした。  味わい深いなぁ〜^^
ちなみに、そのときの様子を描いた絵が、泊まっていたホテルのレストランに掛かってましたよ。

no-title

そして、一気飲みをしたワインジョッキのオリジナルは郷土博物館に展示されてるそう。
しかも、毎年行われるお祭りではその様子が劇として上映されて、市長を演じる役者さんは、実際に
3リットルのワインを飲み干すんだって!!
posted by あんちゃん at 20:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Germany | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。