2011年12月15日

街に一歩足を踏み込む感覚を味わえる街

昼過ぎのシュトゥットガルト行き。  さあこれからニュルンベルクを出発します。
今日はなんだかローカルな雰囲気だなぁ^^

no-title

アンスバッハで乗り換え4分、シュタイナッハで乗り換え3分 あせあせ(飛び散る汗)  
それ走れ〜みたいな状況を想像してたんだけど、そこはドイツが誇るドイチェ・バーン。
時間はきっちり正確でした。  ローカル列車の旅もなかなか楽しいものですね^^

no-title

予定通りにローテンブルク駅に到着〜。
こじんまりとした駅は街からずっと離れたところにぽつんと。  

no-title

しばらく舗装された道を歩いていくと、
現代の景色はここまで。ここから先は中世の街だよ〜みたいな門が目の前に。
14世紀に建てられた 【 レーダー門 】
監視と税関の役目を果たしつつ、出入りする者と物を厳しくチェックしてたそうですよ。

no-title

門をくぐって街へ入るなんて、なんだか不思議。
これまでと雰囲気ががらっと変わって、見渡すと、街をぐるっと取り囲む全長4キロほどの城壁が。
当時はこの壁で外敵から街を守っていたんでしょうね。

no-title

壁の内側は外の新市街とは全く隔離されていて、まさに中世の時代そのもの。
第2次世界大戦で街の約半分が消失したなんて、今ではそう言われなければわからないほどに
昔の街の姿が忠実に再現されてます。
ドイツ人の底力って本当にすごいですよね〜。

no-title

ホテルの部屋からの眺めは、まるでおとぎの国に紛れ込んでしまったかのよう。
すぐ目の前には、1年中クリスマスなお店 『 ケーテ・ウォルファールト 』 もあったりして。
早くも、1泊するのがなんだかもったいないような気になってきちゃったな(^^;

no-title

こんなゴツい鍵でした。     ドイツだと4階の部屋ってことですね。

no-title

そんなに広い街じゃないし、ひと息ついたらのんびりと街歩きしてきまーす。
posted by あんちゃん at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Germany | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニュルンベルクで時間旅行気分♪

ゆっくり目覚めたニュルンベルクの朝。
旧市街のホテルを出たら、街全体がのどかな中世の雰囲気で、まるでタイムトリップした気分です。

no-title

きーんとした冷たい空気が寝覚めの顔に心地いいな〜 目
道路の脇で準備中の果物屋さん。

no-title

ヨーロッパで見かける果物屋さんって、どうしてこうも美味しそうに見えるのかな?
電車の中でたべようかな〜と、リンゴを買いました^^
どのお店もまだ開いてない通りを歩いてると、アンティークのビアマグ屋さんを発見! 
  
no-title

うわーっ、ビール大国ドイツならでは。    ひとつお土産に欲しいなぁ・・。
あんなに賑やかだった昨日の夜がうそのように静かな朝です。  
びっくりするほど巨大な、聖ローレンツ教会。  見上げ続けてると首が痛くなってしまいそう。

no-title

13〜15世紀にかけて建てられたゴシック様式。  
石ってこんなに細かくデザインできるものなんですね〜。 ものすごく精緻で見事でした。
中に入ってみると、外とは明らかに違う空気。   静かで厳かな雰囲気に包まれてます。

no-title

ステンドグラスを通して入ってくる朝の光が柔らかくていい感じ。
・・・なんて、ゆったりとした気分で見て回っていたら、突然、パイプオルガンの演奏が!!
美しいですよね〜、あの音。  天井に響き渡る迫力の音色は、鳥肌モノの感動でした。  
天蓋からぶら下がる 『 受胎告知 』 のレリーフは、彫刻家ファイト・シュトスの傑作。

no-title

実際にはステンドグラスがもっと鮮やかに見えていて、必見ですよ。
まるで芸術作品に彩られたような教会を出てみたら、クリスマスマーケットがそろそろオープン。
みんなワクワク楽しそうですね^^

no-title

石畳の広場には、屋台からこぼれる香ばしい匂いが漂ってます。  

no-title

焼きソーセージの美味しそうな匂いにつられてやってきたのは、またまた昨夜のあのお店(^^;
ちょっと早めのお昼ご飯ということで・・・。

no-title

ワインいきまーす。
電車で旅する気軽さに、ついつい昼前から飲んじゃうもんね〜 バー

no-title

病み付きののニュルンベルガー・ブラートヴルスト。
今日は互いに10本ずつ!!       あ、写真撮る前に1本食べました(笑)

no-title
  
香ばしいランチを済ませたら、お店の前から続く上り坂をぐんぐん上へ・・・。
1040年ごろに建造された神聖ローマ皇帝の居城だった 【 カイザーブルク 】 を目指します。
ワインを飲んだ後だから、ちょっときつかったりして(汗)

no-title

街の北側に建つ城塞で、赤茶けたレンガ造りは質実剛健を感じさせるがっしりとした構造。
なんと自然の岩の上に建てられてるんだそうですよ。

no-title

1000年の時を経た皇帝の城の石畳。   歴史を感じるなぁ〜。

no-title

これぞ皇帝目線!     テラスに出てみたら、旧市街の美しい街並みが一望でした。
真ん中に見える2つの青い塔が、先ほど見た受胎告知の聖ローレンツ教会のもの。

no-title

昔とほとんど変わらない美しい眺めにしばし癒されたら、ホテルに戻ってパッキング。
帰りはだらだら下り坂。

no-title

今日は午後からローテンブルクへ。
バスで行けば楽なんだけど、運休している冬季はローカル鉄道で2回の乗り換え。
頑張って行ってみまーす^^
posted by あんちゃん at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Germany | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。