2011年12月13日

1st.Prost! 【 Backofele 】

ヴュルツブルクのホテルに着いたのは夜遅かったので、その日の予定は晩ご飯のみ レストラン
事前にガイドブックで、雰囲気バツグンのドイツ料理店に目星をつけてたんだけど満席らしい。
それじゃあと、ホテルのスタッフに別のオススメのお店を聞いて予約を入れてもらいました。

ホテルから街の中心部までは、マイン川沿いをゆっくり歩いても15分ほど。

no-title

ゆったりと流れるマイン川。  対岸にライトアップされているのは、【 マリエンベルク要塞 】
明日の朝訪ねてみる予定だけど、歴代ヴュルツブルク大司教の居城だったところです。
左側に架かっている橋が、対岸からこちら側の街の中心部に続く 【 アルテ・マイン橋 】
ごつごつとした石畳の道を歩いてたら、古いクレーンがありました。

no-title

1772年頃に造られたもので、行き交う船の荷揚げに使用されていたものらしい。
ドイツの内陸部だけに、電車も車もない当時は、川が交通の重要な役割を果たしてたんですね〜。
そんな見どころをちらちらと見ながら、教えてもらった場所にきてみたんだけど

no-title

路地がいっぱい入り組んでてなかなかお店を見つけられないぞ あせあせ(飛び散る汗)
寂しげな裏通りをうろうろしながら、ようやく見つけることができました(^^/

no-title

独特の丸い扉が歴史を感じさせる 『 Backofele バックエーフェレ 』
賑やかそうな雰囲気が外まで漏れてきて、なんだかワクワクするな〜。
扉を開けると黒いカーテン。   それをそろりと開くと・・・・

no-title

おー!  
街があまりに静かだからもうみんな寝てるのかと思ってたら、こんなところで盛り上がってたのね。
・・ってくらい、ドイツの夜の酒場は賑やかでした ビール

no-title

ただ、英語がほとんど通じません^^;
メニューはもちろんドイツ語表記。  ううっ、何がどう書かれてるのやら・・・・。

まあ何はともあれ、名物のフランケンワインで1回目のプロースト(乾杯)!!

no-title

こちらのワイングラスは、独特の形をしたレーマーグラス。  
ずっしりとしていて、ガラスの部分に注ぐ目安なのか目盛りが書かれてます(笑)
目盛りのちょい上まで、なみなみとたっぷり注いでくれるのがドイツ流。 うれしいなぁ^^

no-title

指差し会話帳と見比べながら、ソーセージなどのグリル料理を頼んでみました。
実際は蝋燭の灯りほどの暗さなのでこんなに明るくはないんですが、美味しい〜 わーい(嬉しい顔)

no-title

Wurst(ソーセージ)は、いわずと知れたドイツの名物。 外はカリッ。 中はふわっ。
付け合せのキャベツの塩漬け、ザワークラフトなんて、もうお替りをしたくなるくらい。
お店が閉まる間際までゆっくり飲んで食べて、顔も赤らむいい気分♪  

no-title

ホテルへ帰る道すがら、クリスマスマーケットが開かれているマルクト広場にちょっと寄り道。
ツリーの奥に建っているのは、ゴシック様式の教会 【 マリエンカペレ 】

no-title

入り口には、アダムとイブの彫像が飾られてるらしい。   明日見に来ようっと。

【今日のご褒美】  きりりと冷たいフランケンワイン。 旅の疲れも吹っ飛ぶ美味さでした^^
posted by あんちゃん at 23:55| Comment(4) | TrackBack(0) | Germany | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Merry X’mas

24日のクリスマス・イヴは、買い物ついでに元町をぶらぶら。
そのまま、山手の西洋館にクリスマスデコレーションを見に行ってきました クリスマス

no-title

でもあまりの人の多さに早々に退散^^;   
近所のデパートでこれまた人をかき分けながら食材を調達して、夕方からは自宅でのんびり・・。
パルマの生ハムとローストビーフ。 スパークリングはアンジェロのロッソにしてみましたよ。
ベリー系のスッキリとした甘さがなんとも美味しかったな〜。

no-title

いろんなことがあった今年も、あと数日で新年を迎えますね。
来年こそは何の不安もない良い年であって欲しいものです。

A very Merry X’mas
And a Happy New Year
Let’s hope it’s a good one without any fear


ちょうどCDで流れていたのが、ジョン・レノンの Happy Christmas ♪
きれいな曲ですよね〜。
そのコーラス部分がそんな感じの歌詞だったので、しみじみ考えてしまいました。

no-title

それではみなさま、素敵なクリスマスを・・・ プレゼント
posted by あんちゃん at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Happy X’mas ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南ドイツのクリスマス 【 成田〜フランクフルト〜ヴュルツブルク 】

行きの機内誌で読んだエッセイによれば、旅には三つの楽しみがあるらしい。
ひとつは旅の計画や準備、ひとつは旅そのもの、そしてもうひとつは旅の記憶・・・だそうです。

no-title

・・ということで、
旅の記憶がまだ新鮮なうちに、撮り溜めた写真を少しずつ整理しつつ、1日めね。
まあこの日は、ほとんどの時間が移動だったけど(^^;

no-title

成田空港を昼過ぎの便でフランクフルトへ。  
12時間ちょっとのフライト。 長旅だけどワクワクする瞬間ですよね〜。
佐渡島を抜けたらそのまま北上して、窓の外はどこまでも続くシベリアの大地。
数時間眠り込んで再び眼下に目をやっても、眠る前と同じような風景が広がっています。

no-title

ゆったりと流れる川は真っ白く凍てついて、大地の色もどこか不思議。
次から次へと変わっていく雄大な眺めは、いろんな色といろんな形があって何度見ても飽きないね。
山々の稜線が夕陽に赤く染まってきれいだなぁ。

no-title

他の季節だったら、ずっと太陽を追いかけて到着するまで明るかったりするんだけど
冬至に近いこの時期は、極に近い高緯度にさしかかると太陽の光が届かない時間が訪れます。

no-title

真っ暗な夜でもない、まるでマジックアワーのような幻想的な色。
人跡未踏なんだろうな〜と思える場所にも、時折見える街の灯り。  人間ってすごいですね。
モスクワを過ぎて南下し始めると、次第に外が明るくなってきましたよ。

no-title

いわゆる ‘ 西から昇る太陽 ’
太陽が沈んだ方角から再び太陽が顔を出す不思議な光景に、丸い地球の縁を飛んでるんだなぁ〜
なんて、しみじみ実感したりして。

no-title

西の空の朝焼け?を楽しむうちに、フランクフルト空港に到着したのは夕方の5時前。
着陸前のフランクフルトの摩天楼の輝きがとてもきれいでした。
もう夕方を通り越して外はすっかり暗いです。  でも思ったほど寒くはないよ^^

no-title

ツリーの前でツーショットをと手に持ったカメラを自分たちに向けて撮ってたら、横を歩いてた
ビジネスマンがすかさずシャッターを押してくれました。
思えば旅行中そんなことが何回も・・・。   ううっ、ドイツの人はなんて優しいんだろー^^
ここで最初の、ダンケ シェーンでした わーい(嬉しい顔)

広大なフランクフルト空港。 
到着したターミナル2から長距離列車の駅があるターミナル1まではシャトルバスで移動です。

no-title

少し迷いながらも、なんとか駅に到着〜^^
ドイツ全土に路線網を持つドイツ鉄道 Deutsche Bahn ( DB ) は、国際空港直結なので、
ドイツ到着と同時にそのまま鉄道の旅が始められてかなり便利。

no-title

ちなみに、
ドイツの駅には地下鉄も含めて改札がなく、切符を買ったらそのままホームへ行けるんです。
田舎の駅だったら、タクシーを降りたらそのままホームだったりするんだから便利ですよね〜。 
ただその分車内検札が厳密で、無札乗車は厳しく罰せられるそうですよ。

no-title

目的地のヴュルツブルクまでは、ミュンヘン行きのICE特急で1時間半ほどの列車の旅。
ICEとは、DBが誇る高速列車のインターシティー・エクスプレスのこと。
流線型がカッコイイ〜。      日本の新幹線をしのぐほどの快適空間でした。 

no-title

席にあった現地の新聞で天気予報をチェック。  しばらくは雲が広がるお天気のようだなぁ。

さて、今回の旅のルートは、南ドイツの南北を貫く全長350kmのロマンティック街道。
ロマンチックかと思ってたけど、『 ローマへ続く道 』 という意味なんだそうですね^^;
街道の北の起点が、マイン川の両岸に開けた教会の多い古都 【 ヴュルツブルク 】

no-title

駅の手前の線路ぎわにまでブドウ畑が広がっているほどのワインの名産地です。
ようやく着きましたー。  時間は夜の8時過ぎ。      

no-title

駅前のカイザー通り。
ぐるっと歩いても4時間ほどで回れてしまうほどの小さな街だけど、路面電車があるんだね〜。

no-title

早速、駅近くの 『 マリティム 』 っていうホテルへチェックイン。
ようやく荷解き。    う〜ん、今日は1日長かったなぁ〜。

no-title

初日のクリスマスマーケットは諦めて、まずは晩ご飯でも。
きりりと辛口のフランケンワインが美味しいところなんだよねー。  楽しみはこれからです バー
posted by あんちゃん at 23:00| Comment(4) | TrackBack(0) | Germany | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TOWERS Milight ( タワーズミライト )

時差ぼけと疲れで、13日から行ってきた南ドイツの写真整理がかなりスローになっておりますが、
昨日22日に帰宅してカーテンを開けたら、街の夜景がいつもと違う!
みなとみらいのクリスマスの風物詩 【 タワーズミライト 】 で、オフィスが全館点灯してました。

no-title

みなとみらいにある20ものオフィスビルが、環境に配慮したグリーン電力で一斉に点灯 ぴかぴか(新しい)
今年は一夜限りの演出だったようです。
まるで街全体がひとつのクリスマスイルミネーションのようですね。
そしてこれは、つい先ほど横浜美術館前を通ったときに撮った写真。

no-title

路上にはたくさんのキャンドル。
来春オープン予定のビルの壁面には大きなハートのイルミネーションが。
明日はいよいよクリスマスイブ。    我が家も買出しやらで朝から忙しくなりそうです。
posted by あんちゃん at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Happy X’mas ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Danke Schon!!

ただいま帰りましたー!

ダンケ シェーン。
ありがとうという意味のドイツ語、この10日間で何度使ったことでしょう。
ホテルは事前に予約を入れてたんだけど、移動に使う電車はその日の街歩きに費やす時間次第。
予定より早く出ることもあれば、その街が気に入れば夕方遅くに出発することも・・・。
日毎に変わるスケジュールは緊張の連続でしたが、現地の方の優しさに何度感動したことか。

とりあえず、荷物の整理もこれからなので、
i‐PhoneのGPS機能を利用して、マップ上の立ち寄った場所にピンを刺しておきました^^

no-title

撮った写真もかなりの枚数・・・。
整理するのにちょっと時間がかかりそうです(^^;

no-title

それにしても、ドイツ料理美味しかったな〜。
posted by あんちゃん at 20:00| Comment(4) | TrackBack(0) | Germany | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。