2011年12月10日

火星のような赤い満月

今夜は、月が地球の影にすっぽりと入る皆既月食でしたね。
欠け始めから終わりまで、全ての経過が日本上空で見られるとあって、頑張って観測してみました。

no-title

空の高い位置で進行する今回の月食は、ほぼ真上といってもいいくらいの天体ショー。  
バルコニーからだと見辛いので、マンションの中庭にあるベンチにコーヒー持参でスタンバイです。

さてここで、なぜ月食が見えるのかちょっとおさらいを 本
天文サイトのAstroArtsからお借りしてきました。

no-title

月食は、太陽―地球―月の順で一直線に並んだときに起きる天文現象のこと。
ただ、月が地球の影に入っても完全な真っ黒にはならず、赤っぽい月になるそうなんです。
それは、地球の大気がレンズの役割をして、屈折や散乱した太陽光がうっすらと月面を照らすから。
いってみれば、宇宙レベルの夕焼けみたいなものですね。

欠け始めは、夜の9時45分でした。

no-title


no-title


no-title

ここまで欠けると、地球の影がくっきりとわかりますね。

no-title


no-title


no-title


no-title

うっすらと赤みを帯びてきました。

no-title

午後11時過ぎには、地球の影に完全に隠れた皆既状態に。
幻想的な赤茶けた色は、まるで火星みたいです。

no-title

月の明るさに隠れていた近くの星も、少しずつちらほら見えてきましたよ。

no-title

真上を見上げ続けて首が痛いけど、皆既中の月はホントに黒くないんだね〜。
赤というよりオレンジ色で、ひときわ明るい星が輝いているようでした。

no-title

地球にいながら地球の影の存在をこの目で見れるなんて、なんだかロマンがありますね(^^
ラベル:皆既月食
posted by あんちゃん at 23:55| Comment(12) | TrackBack(0) | 今日の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。