2011年12月31日

Bye-Bye & Thanks 2011

今年はいろんなことがありましたね。
流れる時間が早く、あっという間に過ぎていった1年でした。
残すところあとわずかですが、来年もまた素晴らしい年でありますように。

no-title

皆様、どうぞ良いお年をお迎えください。
ラベル:横浜
posted by あんちゃん at 18:13| Comment(8) | TrackBack(0) | 年の瀬 ・ お正月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月30日

暮れ〜の元気な・・・

南ドイツ旅行記、まだまだ書き記しておきたいことがいっぱいあるというのに・・・。
慌しい年の暮れ故に、まあ当然ながら来年へ持ち越しということになるわけです(^^;

no-title

・・ということで、年末の諸々の雑事を済ませたら、
まだ明るいうちに自宅を出て、横浜駅で友人たちと待ち合わせ。

no-title

今日は、お誘いを受けて忘年会を2件掛け持ちとなりました あせあせ(飛び散る汗)
まずは、桜木町裏の野毛にある中華料理の 『 萬里 』 にて。

no-title

日本で最初に出されたとされる餃子をたらふく食べ、

no-title

予約必至の名物メニュー ‘ 海鮮火鍋 ’ に舌鼓 ♪
ぐつぐつ沸騰状態の鍋の中身は、エビ、肉団子、豚の角煮、あと野菜がた〜っぷり。
そして、なんとナマコがてんこ盛りでした!!

no-title

滋養たっぷりなスープがとっても美味しい〜^^
コラーゲンがたっぷり入ってそうなぷるんぷるんのナマコも、スープが染みこんでめちゃウマ〜。

no-title

最高に楽しいメンバーで美味しい料理だったのに、途中退席が申し訳なかったなぁ〜。

お腹がいっぱいになったところで、タクシーで再び横浜駅近くにあるワインバーへ バー
遅くなりましてすみませーん^^;

no-title

それでは今年もお疲れ様でした。  カンパーイ!!

no-title

延々と、3軒めの居酒屋まで楽しい話題は尽きることなく・・・・。
ふう、今年も残すところあと1日。     大晦日くらいはゆっくり過ごすつもりです(多分)。
ラベル:横浜 野毛 萬里
posted by あんちゃん at 23:55| Comment(6) | TrackBack(0) | 年の瀬 ・ お正月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月15日

街に一歩足を踏み込む感覚を味わえる街

昼過ぎのシュトゥットガルト行き。  さあこれからニュルンベルクを出発します。
今日はなんだかローカルな雰囲気だなぁ^^

no-title

アンスバッハで乗り換え4分、シュタイナッハで乗り換え3分 あせあせ(飛び散る汗)  
それ走れ〜みたいな状況を想像してたんだけど、そこはドイツが誇るドイチェ・バーン。
時間はきっちり正確でした。  ローカル列車の旅もなかなか楽しいものですね^^

no-title

予定通りにローテンブルク駅に到着〜。
こじんまりとした駅は街からずっと離れたところにぽつんと。  

no-title

しばらく舗装された道を歩いていくと、
現代の景色はここまで。ここから先は中世の街だよ〜みたいな門が目の前に。
14世紀に建てられた 【 レーダー門 】
監視と税関の役目を果たしつつ、出入りする者と物を厳しくチェックしてたそうですよ。

no-title

門をくぐって街へ入るなんて、なんだか不思議。
これまでと雰囲気ががらっと変わって、見渡すと、街をぐるっと取り囲む全長4キロほどの城壁が。
当時はこの壁で外敵から街を守っていたんでしょうね。

no-title

壁の内側は外の新市街とは全く隔離されていて、まさに中世の時代そのもの。
第2次世界大戦で街の約半分が消失したなんて、今ではそう言われなければわからないほどに
昔の街の姿が忠実に再現されてます。
ドイツ人の底力って本当にすごいですよね〜。

no-title

ホテルの部屋からの眺めは、まるでおとぎの国に紛れ込んでしまったかのよう。
すぐ目の前には、1年中クリスマスなお店 『 ケーテ・ウォルファールト 』 もあったりして。
早くも、1泊するのがなんだかもったいないような気になってきちゃったな(^^;

no-title

こんなゴツい鍵でした。     ドイツだと4階の部屋ってことですね。

no-title

そんなに広い街じゃないし、ひと息ついたらのんびりと街歩きしてきまーす。
posted by あんちゃん at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Germany | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニュルンベルクで時間旅行気分♪

ゆっくり目覚めたニュルンベルクの朝。
旧市街のホテルを出たら、街全体がのどかな中世の雰囲気で、まるでタイムトリップした気分です。

no-title

きーんとした冷たい空気が寝覚めの顔に心地いいな〜 目
道路の脇で準備中の果物屋さん。

no-title

ヨーロッパで見かける果物屋さんって、どうしてこうも美味しそうに見えるのかな?
電車の中でたべようかな〜と、リンゴを買いました^^
どのお店もまだ開いてない通りを歩いてると、アンティークのビアマグ屋さんを発見! 
  
no-title

うわーっ、ビール大国ドイツならでは。    ひとつお土産に欲しいなぁ・・。
あんなに賑やかだった昨日の夜がうそのように静かな朝です。  
びっくりするほど巨大な、聖ローレンツ教会。  見上げ続けてると首が痛くなってしまいそう。

no-title

13〜15世紀にかけて建てられたゴシック様式。  
石ってこんなに細かくデザインできるものなんですね〜。 ものすごく精緻で見事でした。
中に入ってみると、外とは明らかに違う空気。   静かで厳かな雰囲気に包まれてます。

no-title

ステンドグラスを通して入ってくる朝の光が柔らかくていい感じ。
・・・なんて、ゆったりとした気分で見て回っていたら、突然、パイプオルガンの演奏が!!
美しいですよね〜、あの音。  天井に響き渡る迫力の音色は、鳥肌モノの感動でした。  
天蓋からぶら下がる 『 受胎告知 』 のレリーフは、彫刻家ファイト・シュトスの傑作。

no-title

実際にはステンドグラスがもっと鮮やかに見えていて、必見ですよ。
まるで芸術作品に彩られたような教会を出てみたら、クリスマスマーケットがそろそろオープン。
みんなワクワク楽しそうですね^^

no-title

石畳の広場には、屋台からこぼれる香ばしい匂いが漂ってます。  

no-title

焼きソーセージの美味しそうな匂いにつられてやってきたのは、またまた昨夜のあのお店(^^;
ちょっと早めのお昼ご飯ということで・・・。

no-title

ワインいきまーす。
電車で旅する気軽さに、ついつい昼前から飲んじゃうもんね〜 バー

no-title

病み付きののニュルンベルガー・ブラートヴルスト。
今日は互いに10本ずつ!!       あ、写真撮る前に1本食べました(笑)

no-title
  
香ばしいランチを済ませたら、お店の前から続く上り坂をぐんぐん上へ・・・。
1040年ごろに建造された神聖ローマ皇帝の居城だった 【 カイザーブルク 】 を目指します。
ワインを飲んだ後だから、ちょっときつかったりして(汗)

no-title

街の北側に建つ城塞で、赤茶けたレンガ造りは質実剛健を感じさせるがっしりとした構造。
なんと自然の岩の上に建てられてるんだそうですよ。

no-title

1000年の時を経た皇帝の城の石畳。   歴史を感じるなぁ〜。

no-title

これぞ皇帝目線!     テラスに出てみたら、旧市街の美しい街並みが一望でした。
真ん中に見える2つの青い塔が、先ほど見た受胎告知の聖ローレンツ教会のもの。

no-title

昔とほとんど変わらない美しい眺めにしばし癒されたら、ホテルに戻ってパッキング。
帰りはだらだら下り坂。

no-title

今日は午後からローテンブルクへ。
バスで行けば楽なんだけど、運休している冬季はローカル鉄道で2回の乗り換え。
頑張って行ってみまーす^^
posted by あんちゃん at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Germany | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月14日

南香

九州から届いた、燦燦と南国の太陽の光を浴びたフレッシュな香り。
とても甘くてジューシーでした。

no-title

年越しのくだものといったら、やっぱりみかんが一番だなぁ〜^^


ラベル:南香 みかん
posted by あんちゃん at 23:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 年の瀬 ・ お正月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2nd.Prost! 【 Bratwursthausle 】

この街に来て、その名前を冠するニュルンベルガーソーセージを食べないわけにはいきません。
・・・ということで、クリスマスマーケットをひと通り見て回ったらお待ちかねの晩ご飯^^/
煙がひときわもくもくと出ているお店が、『 ブラートヴルストホイスレ 』

no-title

ドイツでいちばん美味しいといわれる焼きソーセージをいただける有名店です。
満席なので、当然相席。   ドイツ人は全く来る人を拒みません(笑)  
ではではカンパーイ ビール

no-title

「 僕たちは ‘ コロン ’ から来たんだ 」 ・・・なんて言ってた前の二人組。
日本語のケルンのことかな? 
そしてこれが、ニュルンベルク名物の焼きソーセージ!!  

no-title

ハーブの香りがほんのり。  焼きたての香ばしい匂いがもうたまりませんっ!!!
10本以上頼むと、ハート型の鉄の皿に入れてくれるみたいです。
ドイツの人って本当にソーセージが大好物なんだね〜。  よく食べるもの。
もうテーブル上は、国籍を超えてビールとソーセージで大盛り上がりでした。 

no-title
  
お隣のご夫妻とはなんだか意気投合しちゃって、名刺&メール交換までしちゃった^^;
まあ、お酒の上でのちょっとした国際親善。  いい思い出ができました。
posted by あんちゃん at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Germany | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニュルンベルクのクリスマスマーケット

昼過ぎには出る予定だったヴュルツブルクも、カフェでのんびり過ごしてたら気づけば3時・・。
ICEで約50分、少し遅くなっちゃったけど、夕方4時過ぎにニュルンベルクに着きましたー。

no-title

ドイツの街を訪ね歩いてみてわかったんだけど、街のレイアウトは都会を除いてどこもほぼ同じ。
駅前が繁華街の日本と違って、ドイツでは、市庁舎のある広場がその街の中心になってるみたい。
旧市街と呼ばれるそのエリアは城壁に囲まれていて、駅のある新市街と区別されてるんですよ。

ということで、ニュルンベルク中央駅を出てみると、ほら、城壁のようなものが見えるでしょう?
高さ40mの丸い塔が建っているのが、ケーニッヒ門。  昔は入城する人を監視してたのかな?
観光すべき見どころは、あの向こうの旧市街にいっぱいあるっていうわけです^^/

no-title

街に向かって歩きながら振り返ると、ニュルンベルク駅が暮れなずんでいていい感じ^^
どっしりとしていて重厚感ありますね。

no-title

ケーニッヒ門をくぐると、クリスマスマーケットで賑わう旧市街が広がってます。
ワクワク〜^^

no-title

今日のお宿は、門をくぐってすぐのところにある ホテルibis。

no-title

こじんまりとしてるけど、清潔感あっていいんじゃない?
部屋からの眺めもなかなか。   目の前にはケーニッヒ門と目抜き通りのケーニッヒ通りが・・。
これ、駅の方を向いてます。

no-title

部屋でちょっとひと休みしたら、早速、街へ繰り出してみようかな〜 グッド(上向き矢印)
ドイツで最も有名といわれるほどの、ニュルンベルクのクリスマスマーケット。
1628年にはすでに開催されていたという記録が残ってるそうですよ。  歴史ありますね。

no-title

パカパカと馬車も走ってたりします^^

no-title

中央広場に向かう途中に聳え立っていたのは、聖ローレンツ教会。
内陣天蓋からぶら下がった受胎告知のレリーフが必見なんだって!  明日の昼間に見てみよう。

no-title

しんしんと冷え込んできたので、クリスマスマーケットには欠かせないグリューワインを 喫茶店
毎年デザインが変わるらしいマグカップ。    もちろんお土産に持って帰りまーす^^

no-title

店それぞれで微妙に違う味だけど、
ホットなワインにシナモンとハチミツの甘さがミックスされてたまらなく旨いんだな〜。
もちろん、飲み歩き るんるん

no-title

街を横切るペグニッツ川を渡ってほどなく行けば、中央広場に着きましたっ!!
ここがまさにニュルンベルクの中心で、クリスマスマーケットの本会場なんですね〜 クリスマス

no-title

どーんと広がる四角形のだだっ広い広場には、クリスマス屋台がい〜っぱい。
独特の形をした聖母教会の前はものすごい賑わいです。

no-title

まるでおもちゃ箱のようなマーケット。
わくわくするようなクリスマスグッズがいっぱい売られてますよ。  何買おうかな〜^^

no-title

少し高みから見下ろしてみたら、なんと広場全体が屋台のテントで埋め尽くされておりました あせあせ(飛び散る汗)
すき間がないくらいぎっしり・・・。

no-title

整然と並ぶテントから漏れてくる光がどこか暖かそうですね。   
それにしても、あちこちから漂ってくるソーセージを焼く匂いがたまりませんっ!!
posted by あんちゃん at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Germany | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

楽ちん♪

ほぼ毎日が移動だった今回の旅でネックだったのが、スーツケースの持ち運び。
ホテルは駅からできるだけ近いところをセレクトしたからそんなに不便を感じなかったんですが、
問題なのが、駅の中でのホーム間の移動。 

no-title
 
鉄道網が張り巡るドイツでは、地方の駅でもホームの数がけっこう多かったりするんですよね〜。
ミュンヘンあたりの中央駅だと、ホームが行き止まりになっていて平行移動で済むんだけど、

no-title

地方駅のたいていは地下通路でつながっていて、階段の上り下りがこれまたキツイ あせあせ(飛び散る汗)
田舎の駅だとエスカレーターなんてついてないし、
電車が1時間に1本なんてローカル駅での乗り換えでは、遅れちゃいかんと駆け足ですから^^;
お土産で日に日に重くなっていくスーツケースを手に、地下通路から階段を見上げたときなんか
ジムで鍛えてるはずの上腕二頭筋が、ピクピクッとびびってるのがわかるくらいだもんな。
あんちゃん妻の、何のために鍛えてんの〜的な冷たい視線を感じたりして(笑)

でも、そこはさすがドイツ。
階段にはちゃんとこんな優れものが付いてたりするんですよ〜。

no-title

これは下りるところですが、階段の脇には荷物用のベルトコンベアが。
旅行者のほとんどがデカイ荷物を持ち歩く、鉄道王国ドイツならではの便利アイテムでした。
ラベル:ドイツ
posted by あんちゃん at 21:30| Comment(2) | TrackBack(0) | Germany | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

くせになる旨さ!!

ソーセージの付け合せに欠かせないキャベツの塩漬けといえば、ザワークラフト。
あの独特の酸味は酢がかかってるのかと思っていたら、発酵によるものなんですね〜。
ガイドブックを読み込んで初めて知りました(^^;

ドイツのクリスマスマーケット巡りで、小腹がすいたときによく食べたのがコレ。
ザワークラフトとベーコンとショートパスタの炒め物。     どの街でも売ってましたよ。

no-title

これがまた、適度な酸っぱさと塩気があって、もう止められない美味しさなんですよ〜。
どういう名前だったのか思い出せないけど、どの本を探しても載ってないんです。
ガイドブックで紹介するほどじゃないけど、ファストフード的な庶民の味なのかな?
日本の屋台で売られている焼きそばみたいな感覚なんですかね〜。   旨かったな〜 わーい(嬉しい顔)
posted by あんちゃん at 21:00| Comment(4) | TrackBack(0) | Germany | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヴュルツブルクの朝

この時期の夜明けは8時頃。  日本に比べると明るくなるのが結構遅めです。
夜着いたので、ああ街の雰囲気は朝になるとこうなんだーと思った瞬間でした^^

no-title

マイン川沿いの石畳の道から、街の西端にあるマリエンベルク要塞を見上げてます。
この街は、ロマンティック街道の北の起点。 
こじんまりとはしてるけど、バロック様式の建物がずらりと並んだ街並みはなかなか圧巻です。
アルテ・マイン橋の上には聖人像が立ち並んでいて、この方はこの街の守護聖人なんだって。 

no-title

ここから眺めるマリエンベルク要塞も素敵でした。
橋を渡って小高い丘を登っていくと、要塞の入り口が。

no-title

日本の鎌倉時代に建てられたというだけあって、風化の具合に歴史を感じるなぁ。
城内に混在する多彩な建築様式は、長い年月の間に幾度も建て増しされたため。

no-title

手前にあるのは井戸。  
深さが104mもあるんだって。   う〜ん、想像しただけでコワッ^^;
ワインの名産地らしく、城壁の外側はブドウ畑。  スカーッと開けてます。

no-title

この城壁のテラスから見下ろすマイン川と街の景色は感動モノでした!!
ちなみに、街向こうの斜面もぜ〜んぶブドウ畑なんですよ。

no-title

テラス横の木に黒っぽい鳥が。  
木の実を狙ってるのか満腹で満足気なのか街を見下ろしてるのか・・・、じっと動かなかったなぁ。

no-title

パリのモンマルトルを思わせるような石畳の階段。   散策好きにはたまらない雰囲気です。
色鮮やかな家並みが美しいですね^^

no-title

再び橋に戻って旧市街へ・・・。
こんな街並みを眺めながら通勤できるなんて、なんてうらやましい^^
ちょっと小雨が混じってきました。

no-title

橋のたもとにあったのが、最初行く予定だったドイツ料理のお店 『 アルテ・マインミューレ 』
あのテラス席で、酢を入れて茹でたニジマスの姿煮を食べたかったのに〜。

no-title

でもこの季節だと寒かったかな(笑)    またいつの日かチャレンジしてみよう。
美味しそうな匂いにつられて、パンを買いました。   食べ歩き用に ♪

no-title

ドイツのパンって、びっくりするくらい美味しいよ。
中世の雰囲気が色濃く残る街並みだけど、街の中心はショップが並んでかなり賑やかです。

no-title

路面電車もひっきりなしに走るし、こんなかわいらしいバスも。

no-title

あっ、この路面電車、真横から撮りたかったー!!
車体に描かれた絵に乗ってる人の頭が乗っかるようにデザインされてます。 面白いですよね〜^^

no-title

雨上がり ♪♪

no-title

色鮮やかな礼拝堂マリエンカペレのあるマルクト広場では、クリスマスマーケットがオープン。
みるみる人が集まってきます。

no-title

ツリーのオーナメント。 どれがいいかなぁ〜^^

no-title

手作りのお皿がいっぱい!!  お土産に買おうかな?

no-title

鉢植えに刺してみたらかわいいかも(^^

no-title

広場にはクリスマスマーケットのお店がぎっしり。
冷たい空気に当たりながら見て回るのにピッタリなのが、熱々のグリューワイン。

no-title

その街がデザインされたマグカップにたっぷりと注いでくれます。
デポジット込みで大体5ユーロくらい。  マグカップを返却すれば2〜3ユーロ戻るシステム。
でも、お土産になりそうなのでそのまま持ち帰りました 喫茶店

no-title

少し甘めのシナモンフレーバー。  ドイツのクリスマスマーケットには欠かせない飲み物です。
グリューワインを手に、広場の中をぶらぶらと。
マリエンカペレの入り口にはアダムとイブの彫像がありました。

no-title

でも実は、これはコピー。  ホンモノはマリエンベルク要塞の中の博物館に保管されてます。
広々とした内部は明るくて荘厳な雰囲気。 ステンドグラスが見事でした ぴかぴか(新しい)

no-title

お腹がすいたのでお昼ご飯。

no-title

人気のソーセージスタンドで、‘ ブラートヴルスト・ビッテ! ’ とドイツ語で注文してみた^^
焼きたてのソーセージをテイクアウトすると、丸いパンにはさんで出してくれます。

no-title

ソーセージはもちろん、このパンがまた美味しいんだなぁ。
立て続けに2個食べたもんね〜(^^;
そうそう、ヴュルツブルクのいちばんの見どころといえば、【 レジデンツ 】

no-title

18世紀に建造された宮殿で、世界最大の天井フレスコ画が見ごたえたっぷりでした。
写真は不可だったのでないけどね^^;  映画 『 三銃士 』 のロケ地としても有名ですよね。
 
あ、こんな建物もありましたよ。    さりげな〜く 【 レントゲン記念館 】

no-title

ここで、X線が発見されたんだそうです。   すごいよね。
3時間ほどでぐるっと見て回れる街だったけど、奥はかなり深かったかな。
午後からは、ニュルンベルクに向けて出発しまーす。

【 今回のハイライト 】     マリエンベルク要塞から見た旧市街の街並み
【 今回のご褒美 】       焼きたてのソーセージ×2
【 今回のお土産 】       デポジット分で手に入れたグリューワインのマグカップ
posted by あんちゃん at 20:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Germany | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月13日

1st.Prost! 【 Backofele 】

ヴュルツブルクのホテルに着いたのは夜遅かったので、その日の予定は晩ご飯のみ レストラン
事前にガイドブックで、雰囲気バツグンのドイツ料理店に目星をつけてたんだけど満席らしい。
それじゃあと、ホテルのスタッフに別のオススメのお店を聞いて予約を入れてもらいました。

ホテルから街の中心部までは、マイン川沿いをゆっくり歩いても15分ほど。

no-title

ゆったりと流れるマイン川。  対岸にライトアップされているのは、【 マリエンベルク要塞 】
明日の朝訪ねてみる予定だけど、歴代ヴュルツブルク大司教の居城だったところです。
左側に架かっている橋が、対岸からこちら側の街の中心部に続く 【 アルテ・マイン橋 】
ごつごつとした石畳の道を歩いてたら、古いクレーンがありました。

no-title

1772年頃に造られたもので、行き交う船の荷揚げに使用されていたものらしい。
ドイツの内陸部だけに、電車も車もない当時は、川が交通の重要な役割を果たしてたんですね〜。
そんな見どころをちらちらと見ながら、教えてもらった場所にきてみたんだけど

no-title

路地がいっぱい入り組んでてなかなかお店を見つけられないぞ あせあせ(飛び散る汗)
寂しげな裏通りをうろうろしながら、ようやく見つけることができました(^^/

no-title

独特の丸い扉が歴史を感じさせる 『 Backofele バックエーフェレ 』
賑やかそうな雰囲気が外まで漏れてきて、なんだかワクワクするな〜。
扉を開けると黒いカーテン。   それをそろりと開くと・・・・

no-title

おー!  
街があまりに静かだからもうみんな寝てるのかと思ってたら、こんなところで盛り上がってたのね。
・・ってくらい、ドイツの夜の酒場は賑やかでした ビール

no-title

ただ、英語がほとんど通じません^^;
メニューはもちろんドイツ語表記。  ううっ、何がどう書かれてるのやら・・・・。

まあ何はともあれ、名物のフランケンワインで1回目のプロースト(乾杯)!!

no-title

こちらのワイングラスは、独特の形をしたレーマーグラス。  
ずっしりとしていて、ガラスの部分に注ぐ目安なのか目盛りが書かれてます(笑)
目盛りのちょい上まで、なみなみとたっぷり注いでくれるのがドイツ流。 うれしいなぁ^^

no-title

指差し会話帳と見比べながら、ソーセージなどのグリル料理を頼んでみました。
実際は蝋燭の灯りほどの暗さなのでこんなに明るくはないんですが、美味しい〜 わーい(嬉しい顔)

no-title

Wurst(ソーセージ)は、いわずと知れたドイツの名物。 外はカリッ。 中はふわっ。
付け合せのキャベツの塩漬け、ザワークラフトなんて、もうお替りをしたくなるくらい。
お店が閉まる間際までゆっくり飲んで食べて、顔も赤らむいい気分♪  

no-title

ホテルへ帰る道すがら、クリスマスマーケットが開かれているマルクト広場にちょっと寄り道。
ツリーの奥に建っているのは、ゴシック様式の教会 【 マリエンカペレ 】

no-title

入り口には、アダムとイブの彫像が飾られてるらしい。   明日見に来ようっと。

【今日のご褒美】  きりりと冷たいフランケンワイン。 旅の疲れも吹っ飛ぶ美味さでした^^
posted by あんちゃん at 23:55| Comment(4) | TrackBack(0) | Germany | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Merry X’mas

24日のクリスマス・イヴは、買い物ついでに元町をぶらぶら。
そのまま、山手の西洋館にクリスマスデコレーションを見に行ってきました クリスマス

no-title

でもあまりの人の多さに早々に退散^^;   
近所のデパートでこれまた人をかき分けながら食材を調達して、夕方からは自宅でのんびり・・。
パルマの生ハムとローストビーフ。 スパークリングはアンジェロのロッソにしてみましたよ。
ベリー系のスッキリとした甘さがなんとも美味しかったな〜。

no-title

いろんなことがあった今年も、あと数日で新年を迎えますね。
来年こそは何の不安もない良い年であって欲しいものです。

A very Merry X’mas
And a Happy New Year
Let’s hope it’s a good one without any fear


ちょうどCDで流れていたのが、ジョン・レノンの Happy Christmas ♪
きれいな曲ですよね〜。
そのコーラス部分がそんな感じの歌詞だったので、しみじみ考えてしまいました。

no-title

それではみなさま、素敵なクリスマスを・・・ プレゼント
posted by あんちゃん at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Happy X’mas ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南ドイツのクリスマス 【 成田〜フランクフルト〜ヴュルツブルク 】

行きの機内誌で読んだエッセイによれば、旅には三つの楽しみがあるらしい。
ひとつは旅の計画や準備、ひとつは旅そのもの、そしてもうひとつは旅の記憶・・・だそうです。

no-title

・・ということで、
旅の記憶がまだ新鮮なうちに、撮り溜めた写真を少しずつ整理しつつ、1日めね。
まあこの日は、ほとんどの時間が移動だったけど(^^;

no-title

成田空港を昼過ぎの便でフランクフルトへ。  
12時間ちょっとのフライト。 長旅だけどワクワクする瞬間ですよね〜。
佐渡島を抜けたらそのまま北上して、窓の外はどこまでも続くシベリアの大地。
数時間眠り込んで再び眼下に目をやっても、眠る前と同じような風景が広がっています。

no-title

ゆったりと流れる川は真っ白く凍てついて、大地の色もどこか不思議。
次から次へと変わっていく雄大な眺めは、いろんな色といろんな形があって何度見ても飽きないね。
山々の稜線が夕陽に赤く染まってきれいだなぁ。

no-title

他の季節だったら、ずっと太陽を追いかけて到着するまで明るかったりするんだけど
冬至に近いこの時期は、極に近い高緯度にさしかかると太陽の光が届かない時間が訪れます。

no-title

真っ暗な夜でもない、まるでマジックアワーのような幻想的な色。
人跡未踏なんだろうな〜と思える場所にも、時折見える街の灯り。  人間ってすごいですね。
モスクワを過ぎて南下し始めると、次第に外が明るくなってきましたよ。

no-title

いわゆる ‘ 西から昇る太陽 ’
太陽が沈んだ方角から再び太陽が顔を出す不思議な光景に、丸い地球の縁を飛んでるんだなぁ〜
なんて、しみじみ実感したりして。

no-title

西の空の朝焼け?を楽しむうちに、フランクフルト空港に到着したのは夕方の5時前。
着陸前のフランクフルトの摩天楼の輝きがとてもきれいでした。
もう夕方を通り越して外はすっかり暗いです。  でも思ったほど寒くはないよ^^

no-title

ツリーの前でツーショットをと手に持ったカメラを自分たちに向けて撮ってたら、横を歩いてた
ビジネスマンがすかさずシャッターを押してくれました。
思えば旅行中そんなことが何回も・・・。   ううっ、ドイツの人はなんて優しいんだろー^^
ここで最初の、ダンケ シェーンでした わーい(嬉しい顔)

広大なフランクフルト空港。 
到着したターミナル2から長距離列車の駅があるターミナル1まではシャトルバスで移動です。

no-title

少し迷いながらも、なんとか駅に到着〜^^
ドイツ全土に路線網を持つドイツ鉄道 Deutsche Bahn ( DB ) は、国際空港直結なので、
ドイツ到着と同時にそのまま鉄道の旅が始められてかなり便利。

no-title

ちなみに、
ドイツの駅には地下鉄も含めて改札がなく、切符を買ったらそのままホームへ行けるんです。
田舎の駅だったら、タクシーを降りたらそのままホームだったりするんだから便利ですよね〜。 
ただその分車内検札が厳密で、無札乗車は厳しく罰せられるそうですよ。

no-title

目的地のヴュルツブルクまでは、ミュンヘン行きのICE特急で1時間半ほどの列車の旅。
ICEとは、DBが誇る高速列車のインターシティー・エクスプレスのこと。
流線型がカッコイイ〜。      日本の新幹線をしのぐほどの快適空間でした。 

no-title

席にあった現地の新聞で天気予報をチェック。  しばらくは雲が広がるお天気のようだなぁ。

さて、今回の旅のルートは、南ドイツの南北を貫く全長350kmのロマンティック街道。
ロマンチックかと思ってたけど、『 ローマへ続く道 』 という意味なんだそうですね^^;
街道の北の起点が、マイン川の両岸に開けた教会の多い古都 【 ヴュルツブルク 】

no-title

駅の手前の線路ぎわにまでブドウ畑が広がっているほどのワインの名産地です。
ようやく着きましたー。  時間は夜の8時過ぎ。      

no-title

駅前のカイザー通り。
ぐるっと歩いても4時間ほどで回れてしまうほどの小さな街だけど、路面電車があるんだね〜。

no-title

早速、駅近くの 『 マリティム 』 っていうホテルへチェックイン。
ようやく荷解き。    う〜ん、今日は1日長かったなぁ〜。

no-title

初日のクリスマスマーケットは諦めて、まずは晩ご飯でも。
きりりと辛口のフランケンワインが美味しいところなんだよねー。  楽しみはこれからです バー
posted by あんちゃん at 23:00| Comment(4) | TrackBack(0) | Germany | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TOWERS Milight ( タワーズミライト )

時差ぼけと疲れで、13日から行ってきた南ドイツの写真整理がかなりスローになっておりますが、
昨日22日に帰宅してカーテンを開けたら、街の夜景がいつもと違う!
みなとみらいのクリスマスの風物詩 【 タワーズミライト 】 で、オフィスが全館点灯してました。

no-title

みなとみらいにある20ものオフィスビルが、環境に配慮したグリーン電力で一斉に点灯 ぴかぴか(新しい)
今年は一夜限りの演出だったようです。
まるで街全体がひとつのクリスマスイルミネーションのようですね。
そしてこれは、つい先ほど横浜美術館前を通ったときに撮った写真。

no-title

路上にはたくさんのキャンドル。
来春オープン予定のビルの壁面には大きなハートのイルミネーションが。
明日はいよいよクリスマスイブ。    我が家も買出しやらで朝から忙しくなりそうです。
posted by あんちゃん at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Happy X’mas ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Danke Schon!!

ただいま帰りましたー!

ダンケ シェーン。
ありがとうという意味のドイツ語、この10日間で何度使ったことでしょう。
ホテルは事前に予約を入れてたんだけど、移動に使う電車はその日の街歩きに費やす時間次第。
予定より早く出ることもあれば、その街が気に入れば夕方遅くに出発することも・・・。
日毎に変わるスケジュールは緊張の連続でしたが、現地の方の優しさに何度感動したことか。

とりあえず、荷物の整理もこれからなので、
i‐PhoneのGPS機能を利用して、マップ上の立ち寄った場所にピンを刺しておきました^^

no-title

撮った写真もかなりの枚数・・・。
整理するのにちょっと時間がかかりそうです(^^;

no-title

それにしても、ドイツ料理美味しかったな〜。
posted by あんちゃん at 20:00| Comment(4) | TrackBack(0) | Germany | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月12日

冬のロマンティック

先月あたりから少しずつ下調べをしてきましたが、

no-title

明日から10日ほどの冬休みが取れたので、南ドイツをぐるっと電車で旅してきます。

no-title

近づくクリスマスを前に、本場のクリスマスマーケットを クリスマス

no-title

でも寒そうだなぁ(^^;
posted by あんちゃん at 19:19| Comment(6) | TrackBack(0) | Germany | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月11日

シャンゼリゼのクリスマス市

こんにちは。 妻のお仕事日記です^^
日本の夜空で神秘的な皆既月食が楽しめている頃、こちらパリは間もなく日が暮れる3時過ぎ。

no-title

ついさっき、あんちゃんから赤い月の写メが届きました。   見たかったなぁ〜。

どこを歩いても絵になる美しさのパリの街ですが、
この時期のオススメは、なんといってもイルミネーションがきれいなシャンゼリゼ大通り。

no-title

今年はLEDを使用して、消費電力を35%抑えたとか。

no-title

近未来的で、クリスマスっぽくないような感じがするけど・・・・

no-title

シャンゼリゼ大通りは緩やかな坂になっているので、凱旋門近くから通りを見下ろすと光が連なって
とってもきれいです。

no-title

シャンゼリゼ大通りの東の空には、マロニエの並木越しにお月様が 満月
地球の裏側の日本では、つい先ほど皆既月食したばかり。  もちろんこちらでは満月ですね。

no-title

コンコルド広場に近いところには クリスマス市も出ていましたよ クリスマス
その場でスモークしたサーモンをバゲットにはさんで出すお店を発見。
よく見るとサーモンフィレっぽい。   うわぁ〜、贅沢だな〜(^^

no-title

大きなフライパンのソーセージ屋さん。    直火で熱々をボナペティー。
香ばしい匂いがお店の外まで漂ってます。

no-title

これは、マシュマロチョコのお店。  美味しそう〜。

no-title

もちろん、クリスマスシーズンには欠かせないヴァンショー(ホットワイン)のお店も バー

no-title

お腹が空いていたので ついつい食べ物の屋台ばかりに目がいってしまいますが、
カラフルな石鹸のお店なども見てると楽しいな〜。  BIO石鹸、いくつかお土産に買いました。

no-title

もともとはドイツで始まったといわれるクリスマス市。
ここフランスではドイツとの国境に近いアルザス地方だけで行われていたんだけど、近年になって
パリなどの都会でも開催されるようになったらしいですよ。
黒ハート Paris のチョコがぶら下がってるのが、そのアルザス地方の伝統的なお菓子のお店でした。

no-title

エッフェル塔の形をしたキャンディーがポップな感じ。 左側はソーセージキャンディーかな??

no-title

・・・とまあ、バゲットのホットドッグを食べ歩きながらのんびり楽しんでみたというわけです。

no-title

思ったほど、そんなに寒くなかったなぁ。
明日からは、楽しみにしていた冬休み ♪    でも今度こそは本格的に寒そうかも・・・^^;
posted by あんちゃん at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 妻のお仕事日記 ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月10日

火星のような赤い満月

今夜は、月が地球の影にすっぽりと入る皆既月食でしたね。
欠け始めから終わりまで、全ての経過が日本上空で見られるとあって、頑張って観測してみました。

no-title

空の高い位置で進行する今回の月食は、ほぼ真上といってもいいくらいの天体ショー。  
バルコニーからだと見辛いので、マンションの中庭にあるベンチにコーヒー持参でスタンバイです。

さてここで、なぜ月食が見えるのかちょっとおさらいを 本
天文サイトのAstroArtsからお借りしてきました。

no-title

月食は、太陽―地球―月の順で一直線に並んだときに起きる天文現象のこと。
ただ、月が地球の影に入っても完全な真っ黒にはならず、赤っぽい月になるそうなんです。
それは、地球の大気がレンズの役割をして、屈折や散乱した太陽光がうっすらと月面を照らすから。
いってみれば、宇宙レベルの夕焼けみたいなものですね。

欠け始めは、夜の9時45分でした。

no-title


no-title


no-title

ここまで欠けると、地球の影がくっきりとわかりますね。

no-title


no-title


no-title


no-title

うっすらと赤みを帯びてきました。

no-title

午後11時過ぎには、地球の影に完全に隠れた皆既状態に。
幻想的な赤茶けた色は、まるで火星みたいです。

no-title

月の明るさに隠れていた近くの星も、少しずつちらほら見えてきましたよ。

no-title

真上を見上げ続けて首が痛いけど、皆既中の月はホントに黒くないんだね〜。
赤というよりオレンジ色で、ひときわ明るい星が輝いているようでした。

no-title

地球にいながら地球の影の存在をこの目で見れるなんて、なんだかロマンがありますね(^^
ラベル:皆既月食
posted by あんちゃん at 23:55| Comment(12) | TrackBack(0) | 今日の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月09日

クリスマスマーケット

in 横浜赤レンガ倉庫。

no-title

昨年に引き続き、今年も、本場ドイツから横浜にクリスマスマーケットがやってきたので
夜を待ってぶらりと行ってきましたよ クリスマス

no-title

この日は、都内でも初雪が舞うほどの凍える寒さ。
頭上から暖めてくれる街灯のような形のヒーターも、なんだかあまり役に立ってなさそうだぞ?

no-title

人が少なく見えるのは、実際外にはほとんど誰もいないから^^;
奥に見える暖房完備のビニールテントで、買ったものを持ち込んで皆さん暖を取っておりました。

no-title

ずらりと並んだヒュッテと呼ばれる小屋。
ソーセージを焼く香ばしい匂いが辺り一面に漂っていて、食欲がそそられるなぁ^^;
子羊の煮込み料理なんてのもあったかな。   とても美味しそうでした^^

no-title

本場のビールもぐびっと飲みたかったけど、あまりの寒さに、熱々のグリューワインを バー
少し甘めのシナモンフレーバーが、ポカポカと美味しかったなぁ〜。
屋根に施されたかわいらしい人形たちは、シュトゥットガルトからのお取り寄せなんだって。

no-title

なんだか愛嬌ありますよね ♪

no-title

ヒュッテもツリーもキラキラと輝いていて、よりいっそう高まってくるクリスマスムード。
ツリーのてっぺんには、お星様  ・・・ではなく、本物のお月様が煌いてました^^

no-title

さあ、いよいよ、クリスマスイブまであと2週間・・・。    ハッピーメリークリスマス!!
posted by あんちゃん at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | Happy X’mas ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月08日

トワイライトシーン

雲ひとつない冬の薄明。
沈んだばかりの太陽の光が大気中に僅かに残っていて、空もビルの灯りも同時に楽しめますよね。
ちょうどこのときは、赤レンガ倉庫のクリスマスマーケットに向かう途中だったので、
カメラを持ち歩いててよかったーと思えた瞬間でした。

no-title

汽車道の遊歩道が巨大な吹き抜けを通るホテル 『 ナビオス横浜 』 は、遠目にはまるで凱旋門。
クリスマスシーズンのこの時期はライトアップされて、まるで光のトンネルです ぴかぴか(新しい)

no-title

赤レンガ倉庫を背に立つと、みなとみらいが絵のようにも見えたりして(^^/
トンネルというより、光の額縁ですね。
posted by あんちゃん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Yokohama 〜冬〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。