2011年11月08日

ディーパバリで賑わう リトル・インディア

市内をタクシーで何度か通った際、ふと目にした光の回廊があまりに印象的で、行ってきました。
夜のリトル・インディア!!

no-title

人生初のインド人街。         夜暗いし道は間違うし、かな〜り緊張しましたよ。
だって皆さん、目がギラギラしてるんだもの!!!

no-title

高感度で撮ってるからこうだけど、実際はかなりの真っ暗。
しかも、この写真を撮ったのは、深夜の11時前!   ここでは時間の概念がないのか!?

・・・と思いきや、
実はこの時期、10月半ばから11月にかけての頃は、インドの新年のお祝いにあたるんだって。
Deepavali ( ディーパバリ ) と呼ばれてます。
サンスクリット語で、ディーパは‘ 光 ’を、バリは‘ 列 ’を意味するそうで・・・・。

no-title

リトル・インディアの目抜き通りのセラングーン通りは、名前のとおり光のアーチが!!!

no-title

まさに、光の祭典 ぴかぴか(新しい)      いつか神戸で見た ルミナリエ を思い出すなぁ(^^
通りのず〜っと奥まで光のトンネルが続いていて、とてもキレイでした。
常夏で四季がないシンガポールでは、このお祭りで年末が近づいてきたと感じるんだそうですよ。

そして、リトル・インディアでの晩ご飯は、何といってもカレーです。

旅行 650.jpg

絶対ココと決めて行ったお店は、『 バナナ・リーフ・アポロ 』
バナナの葉っぱに無造作に盛られたサフランライスのぱらぱら加減がまた美味しいんだけど、
このお店で絶対食べるべきは、名物のフィッシュ・ヘッド・カレー exclamation×2

no-title

食べかけで背骨が少し見えちゃってるけど(笑)
まるで洗面器かと間違えそうなお皿にドカーンと入っているのは、丸ごとの魚の頭!
香辛料が複雑に絡み合ったカレーと淡白な白身のお魚の組み合わせは、想定外の美味しさでした。
かなりのボリュームだったのに、ペロリと平らげて大満足。  これはもう一度食べたいなぁ^^

no-title

ハッピー ディーパバリ!!
そういえば、これだけ人が溢れかえってたのに、メガネの人を見かけなかったなぁ 眼鏡
posted by あんちゃん at 23:00| Comment(6) | TrackBack(0) | Singapore | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。