2011年10月26日

ピカイチ!  ヒルマン・レストランのペーパーチキン

知る人ぞ知る、もはやシンガポールの名物といっても過言じゃないペーパーチキン。
でも、食べれるのは、なぜかほんの数軒ほど。 
なかでも超有名なのがココ、リトル・インディアのはずれにある 【 ヒルマン・レストラン 】

no-title

庶民的な雰囲気漂う広東料理店です。
シンガポールに来たらこれだけは絶対ハズセないってくらいの勢いでテーブルに着いたので、
運ばれてきたときは、もう小躍りしちゃったくらい わーい(嬉しい顔)

no-title

紹興酒やオイスターソースで味付けされた鶏肉が、紙に包まれて焼き上げられてます。
頼んだのは、『 脱骨紙包鶏 』 と書かれた、読んでそのまんまの骨なしチキン。
骨付きってのもあるんだけど、肉汁いっぱいのジューシーチキンをまるごと頬張りたかったので。

no-title

紙をやぶると、香ばしい香りがふ〜んわりと立ち上って、もう食欲全開 exclamation×2
まさにチキンの小龍包や〜!!  ・・・ってくらい(^^/
スッキリとした味わいのタイガービールとの相性もバッチリで、いやぁ最高でした!!

no-title

空芯菜のガーリック炒めや上海焼きそばも納得のいくお味。
そして、これ、『 ハッピー豆腐 』 がめちゃ美味しかった〜。

no-title

リーズナブルなんだけど、どの料理もハイレベルな味と香りで、完全にノックアウトされました!
posted by あんちゃん at 20:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Singapore | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。