2011年06月06日

ありがとう! ろっぴゃく!! 

20年間にわたって愛されてきたヨーロッパ産の飛行機 【 エアバス A300−600R 】

no-title

当初は3月26日の退役が予定されていたんだけど、
東日本大震災で道路も鉄道も寸断された被災地を空でつなぐために、その運行を2ヶ月ほど延長。
そしてようやく、日本の空を飛び回った翼は5月31日の青森⇒羽田がラストフライトでした・・。

・・ということで、6月5日の日曜日。
羽田空港のハンガーで、社員とその家族、OBやOGが集まって盛大に催されたのは、
『 ありがとう! ろっぴゃく! 』 と銘打ったA300−600Rのお別れ会 飛行機
友人達も大勢来るっていうので、あんちゃん妻といっしょに行ってきましたよ^^

no-title


no-title

企画した有志のひとたちによれば・・・、
こんなにたくさんの人たちが集まるなんて予想もしてなかったそうで、この飛行機に対する思い入れの強さにビックリしていたようでした。

no-title

とりわけ、整備に携わった人たちにとってはまさに我が子同然なんだとか・・。
こんなに盛大に見送られて飛び立つんだから、感無量なんだろうなぁ。

no-title

役目を終えたエンジンもカバーをぱかっと御開帳^^、みなさん興味津々の様子でしたよ〜。

no-title


no-title

キャビンの中でも、大勢の参加者が名残惜しそうに記念写真を撮ったりしてたな〜^^
子供達はこぞってアナウンスを入れてみたりとか、いい思い出作りになったみたいだね。

no-title

あんちゃんも、ここぞとばかりにライフベストを着て記念写真を撮ってしまった(笑)

no-title


no-title

飛行機の周りをうろうろ歩き回ってたら懐かしい友人知人とも出会ったりして、
ちょっとした同窓会のようでした(^^

no-title

それにしても、こんな機会なかなかないよね!   いやぁ楽しかったなぁ〜 ♪
名残惜しいけど・・・、ありがとう! ろっぴゃく!!   また会う日まで。
日本での役目を終えて、再び世界のどこかでたくさんの人たちを運び続けていくんでしょうね。
posted by あんちゃん at 23:55| Comment(6) | TrackBack(0) | 飛行機とか空とか・・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。