2011年04月12日

哲学の道でヒーリング

季節を問わず、いつ訪れても、京の風情を楽しめる ‘ ハズレのない ’ スポットといえば、
若王子神社から銀閣寺にかけての琵琶湖疎水に沿った散歩道 【 哲学の道 】 かもね。

no-title

わずか2kmにも満たない小径を覆いつくすのは、日本画家の、橋本関雪の植えた美しい桜並木。
特に春の風情を楽しむのなら、ゆっくり桜を観賞できる、人の少ない朝のうちがオススメです^^

no-title

澄んだ空気が空に抜け、デトックス効果すら感じられるほど・・・。

no-title

東山の山並みを背後に控えた静けさに、哲学者の西田幾多郎さんも思索にふけってたのかな?
ひと休みしたカフェのカップも、お花見気分 ♪

no-title

ふと目にした京ツバキ。
思わず見とれてしまうほどの造形美だよね〜。

no-title

満開の時期は短くて、もうそろそろ花びらが舞う季節。
散る桜が疎水をピンク色に染める様も、日本人でよかった〜と感じさせる瞬間ですね。

no-title

しっとりのんびり歩いて、心も身体もすっかりリラックス(^^
そんな効果を求めたいなら、静かな朝が絶対オススメですよ!
ラベル:京都 哲学の道
posted by あんちゃん at 23:30| Comment(4) | TrackBack(0) | ぶらり・・・ 関西 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

疎水に沿って春風散歩♪

京都2日目。
昨日の肌寒い花曇りがウソのように晴れわたって、朝から雲ひとつない上天気です 晴れ

春風に誘われるように、ホテルに荷物を預けたまま早々にチェックアウトしてやってきたのは、
京都の東、蹴上(けあげ)にある、【 インクライン 】 と呼ばれるレール跡。

no-title

琵琶湖と京都を結ぶ琵琶湖疎水が水運として使われていた明治時代。
船が自力で上がれない急勾配を台車で引っ張りあげるために造られた、傾斜鉄道の跡なんですよ。
ここに立って見る桜並木、何度見ても飽きることがない。      大好きなんだよね〜^^

そして、この土手の下にある、赤レンガでできた歩行者用のトンネルが散歩コースのスタート地点。

no-title

【 ねじれまんぼ 】 って面白いネーミングが付いてるのは、
トンネルの中のレンガが、巻き貝のようにぐるぐるっとねじれているから。    
強度を増すためのトンネル工法なんだそう。
ちなみに、‘ まんぼ ’ は、トンネルを意味する方言なんだって(^^

no-title

けっこうな高台にあるので、さ〜っと吹き渡る風が心地いいな〜 ♪
眼下に見える京都の街が発展したのは、このインクラインを含む壮大な疎水事業が成功したから。
当時の人々が思い描いた水の都への夢が、今もなお、このレールに残されているようですよね〜。

no-title

トンネルの向こう側にある琵琶湖から流れてくるのが、今も京都の街を潤す命の水。
ゆったりと流れる水の音を聞きながら、静かな通りを抜けていくと・・・、

no-title

巨大な伽藍を誇る 【 南禅寺 】 の境内へ。

no-title

あの石川五右衛門が 『 絶景かな 』 と大見得をきる舞台となった、高さ22mの三門からも
緑の中に色づく桜が広がって、キレイだね〜。

no-title

三門前のソメイヨシノは、まさに見ごろ!
街の喧騒を離れて静かに花見に興じたいなら、迷わず、山がほど近い南禅寺だね!!

no-title

山の奥からはウグイスの鳴き声も・・・。  ホーホケキョ ♪       春だなぁ^^
境内の奥にあるのは、さきほどの疎水が流れているレンガ造りの水路閣。 

no-title

どっしりとした佇まいは、桜景色の中にあって異国情緒たっぷりですね。
そしてこの水路閣から、疎水はいよいよ、桜を味わい尽くすのに格好の 【 哲学の道 】 へ。

ということで、次回へ続く・・・^^
posted by あんちゃん at 23:00| Comment(8) | TrackBack(0) | ぶらり・・・ 関西 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。