2010年07月19日

温室レストラン 【 De Kas 】

では、アムステルダムでのランチの話です レストラン   美味しかったので忘れないうちに・・・(^^

午前中のお散歩を終えて、仕事仲間とホテルで待ち合わせ。
タクシーで向かった先は、20分足らずの郊外にある緑と池が美しい 『 フランケンダール公園 』
その中に見えてきたのは、ハーブガーデンに囲まれたガラス張りの温室でした。

なんと、温室がレストラン!!

no-title

アムステルダムで今、最も予約が取れにくいといわれる 【 De Kas 】 は、
世界中から注目されているレストランらしいんです。  ちょっとワクワク るんるん
あ、De Kas っていうのは、温室って意味。( そのまんまですね〜笑 )

名前のとおり、注目すべきはなんといってもユニークなロケーション。

no-title

1926年に建てられた年代物の温室を破格の値段で買い取ったオーナーが、
増改築を繰り返して、今のレストランの姿になったそうですよ。

ガラス張りだけに、昼は明るく夜はとてもいい雰囲気で食事を楽しめるんだって(^^
コンセプトは、温室で育てた花やハーブを食材といっしょに料理に生かすこと!!

no-title

スタッフはみんなキビキビとしていて、しかもフレンドリー ♪
天気も良かったので、パラソルの下のテーブルに案内してもらいました。

no-title

日差しと風がサイコーに気持ちいいなぁ グッド(上向き矢印)
このリラックスした眺めを楽しみながら食事ができるんだから、人気があるのもうなずけますね。

昼間から飲む白ワイン、しあわせです!!!

no-title

小皿に盛られたかなり大粒のオリーブ。 さっぱりとしていて美味しい〜。
パンも切られているから食べやすい。

そして、ここの料理の売りはエディブルフラワー。 

no-title


no-title

どのお料理にもかわいらしい花が添えられていて、もちろんどれも食べられるんですよ。
菊ほど味は強くないけど、やっぱり花って感じの味がします。
花の色で味も違うの。   オレンジ色の花びらが一番美味しかったな〜(^^

no-title

そして、ほっこりと美味しかったのが、アーティチョークのリゾット ♪
外側の葉っぱみたいなのも一枚一枚毟って、端っこをガジガジッとかじると独特の味がして美味!

no-title

そうそう、肝心の温室も見学しましたよ。
温室に入ると、ハーブと土のいい香りが漂っていて、ふわ〜っとリラックスした気分に・・・。

no-title

街の喧騒を離れ、公園の緑を眺め、テラスで太陽の光を浴びながらのランチは最高でした!!
posted by あんちゃん at 23:02| Comment(4) | TrackBack(0) | 妻のお仕事日記 ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。