2010年06月08日

懐かしの 【 味仙 】 @ セントレア

名古屋の友人が遊びにおいでというので、今回はそのまま札幌から名古屋へ移動 飛行機
爽やかな気候は名残惜しいけど、南知多の新鮮な魚を食べれると思えば元気が出るってモノです。

搭乗ゲート近くの自販機で見かけて、つい買ってしまった120円の北海道限定モノ(^^

no-title

代金の一部は、北海道の自然保護に使われるらしいです。   
いいことしたなぁ ♪ ・・・と思いつつ、イッキに飲んじゃった。 ゴクゴク。 味は普通。

ホッと一息ついたところで、真下に見えてきたのは、残雪に夕陽が当たる津軽富士 『 岩木山 』

no-title

遠くに見えているのは、『 お城とさくらとりんごのまち 』 の弘前市かな?

読みかけの本の続きを楽しみつつ、ときたま外を見ても雲ばかりで何にも見えない日本列島・・・。
ふと気付いたのが 目 、その雲の前をず〜〜っと動いているひと筋の飛行機雲。

no-title

・・・・のように見えたのは、自分が乗ってる飛行機が出してる飛行機雲の影でした(笑)
ちょっと珍しくない??

夕闇迫る中部国際空港セントレア。  半年ぶりの訪問です。

no-title

まるでアミューズメントパークのような出発ロビーのすぐ上がレストラン街になっていて、
ちょうちん横丁と名づけられたその街の一角にある 【 味仙(みせん) 】 で晩ご飯 ♪
ずっと昔、名古屋に住んでいた頃からの大ファンなお店です。

no-title

名古屋の今池ってところに本店があるこのお店のイチオシは、台湾ラーメン。 激辛だよ〜 どんっ(衝撃)
その激辛なスープゆえに、少しマイルドな ‘ アメリカン ’ を注文できるのはココくらい(笑)

no-title

いつも頼むのは、アメリカンじゃなくノーマルの方。
危険な激辛に備えて、冷たい水をスタンバイ。 何杯飲むかわからないのでサーバーごと(^^;

それではいただきまーす わーい(嬉しい顔)    懐かしの台湾ラーメン。 700円なり!!

no-title

ご覧下さい、この泡立つスープ exclamation×2
モチモチッとした麺にからむ挽き肉とニラと真っ赤な唐辛子・・・。
ズズッとすするたびに咳き込みそうになる辛さだけど、これがまたクセになる美味さなんだなぁ。

名古屋名物、額に汗かく台湾ラーメン。  この刺激、絶対ハマリますよ!! 
posted by あんちゃん at 23:58| Comment(4) | TrackBack(0) | ぶらり・・・ 中部・東海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大通り公園を街さんぽ

大都会なんだけど豊かな自然もいっぱいの札幌の街並み。
冬には見れなかった馬車がパカポコと市内観光しているのを見かけました。  楽しそう〜(^^

噴水や美しい花壇を眺めながらの大通り公園。     今日は、今年初の夏日だそうです 晴れ

no-title

一応長袖のシャツを持っては来たんだけど、全くいらない暑さ。
でも、汗ばまない爽やかさがやっぱり北海道だなぁ。 
トウモロコシやジャガイモの屋台が並んでいて、焼いている香ばしい匂いが漂ってます ♪

no-title

植物園の方が言ってたけど、ホントはライラックもそろそろ終わってる時期なんだって・・・。
でも今年の異常な寒さで、公園のライラックはまだまだ満開でした。
見かけたのは、白と紫の2種類。   どちらもキレイだけど、紫がやっぱりライラックっぽいよね。

時計台とライラックのツーショット カメラ はこの季節だけ!!

no-title

鐘が毎時鳴るらしいんだけど、まだ聞いたことがないなぁ 耳
う〜ん、あと20分・・・・。
今度、時間を調節して来ようっと(笑)
posted by あんちゃん at 23:55| Comment(4) | TrackBack(0) | ぶらり・・・ 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

都会のオアシス 【 北大植物園 】

赤れんが庁舎からは、歩いて3分くらいのところ。    ビルが立ち並ぶ街の真ん中にあります。
美しい芝生に巨木が涼しげな影を落としているのは、【 北大植物園 】

no-title

せっかく天気もいいので、自然を満喫できる場所を求めてやってきました(^^
【 北海道大学北方生物園フィールド科学センター植物園 】 のアカデミックな名称が正式です。
大学関係者でなくても400円の入園料を支払えば誰でも入園できます。

no-title

時は明治10年。 
札幌農学校の教頭だったクラーク博士が、植物学の教育には植物園が必要と進言したことで
北海道庁の西側にある原始林が開拓されたことが始まりだったそうですよ。

no-title

緩やかな起伏に富む地形やハルニレの巨木は、まさに札幌の原始の姿そのもの・・・。
高原のようなさわやかな風が吹き渡って、とっても気持ちいいです るんるん

レンガで造られた橋なんかもあって、雰囲気はまるでNYのセントラル・パークみたい。

no-title

あまりにも心地いいので、ブックオフで購入した古本を手に芝生でのんびり読書でも 本
ハーパーズ・アイランドを観たばっかりなので、同じようなミステリー物を買っちゃった(笑)

no-title

草の香りがなんともいえないいい匂い。      野鳥の声も聞こえてきます ♪
周辺にビルがあるとは思えない別世界は、まさに都会のオアシスだなぁ。  あぁ、気持ちいい〜。
ついでに日光浴もしちゃおうかなぁ わーい(嬉しい顔)

園内のライラック並木は、今がちょうど満開!!

no-title

房状の紫色の花は、札幌市の花でもあります。     甘くていい香り〜 グッド(上向き矢印)

no-title

ん??  
芝生の上を歩いてたら、何やら観光客らしい人たちが激写しまくってる一本の木・・・・。
何だろう??

no-title

『 ハンカチノキ 』   名前は聞いたことがあったけど、近くで見るのは初めてでした 目
風になびく白いハンカチのように見える部分は、葉っぱが変形したものなんだって。

no-title

よく見ると、ハンカチの根元には丸い花。 10〜15年くらいかかってこの状態になるそうですよ。
へぇ〜、見れたのはラッキーだったってこと?
写真を撮りながら地面に落ちていた白いモノを拾っていたのはそういうワケだったのか・・・。

no-title

園内の博物館には、南極観測隊で有名なタロの剥製とタロとジロの頭骨もあるんだって。
また別の機会に見に来ようかな。
posted by あんちゃん at 23:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ぶらり・・・ 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初夏の札幌  ライラック日和 ♪

梅雨入りカウントダウンの横浜を抜け出して、思い立って飛び乗ったのは早朝の新千歳空港行き 飛行機 飛行機 飛行機

厚い雲に覆われた本州を抜ける頃、ようやく見えてきたのは下北半島の心霊スポット 【 恐山 】
ちょうど真ん中ほどに、極楽浄土と呼ばれる宇曽利湖と賽の河原がくっきりと見えてます 目

no-title

比叡山、高野山と並ぶ日本三大霊場のひとつで、死者の御霊に口寄せするイタコで有名ですよね。

ジメジメした曇り空の横浜とは打って変わって、雲ひとつない快晴の新千歳空港。
冬季はクローズされている展望デッキで、北の大地の空気を思いっきり吸い込んでみました グッド(上向き矢印)

no-title

朝からガマンしていた朝ごはんは、空港の到着ロビーにある、いつもの 『 朝市食堂 』 にて。
極上の新鮮な鮭とイクラが乗っかった丼で腹ごしらえしておこう(^^

no-title

イクラのツヤツヤ感がたまりませ〜ん ♪            あ〜、美味い!!

本州よりも少し遅く訪れる初夏の北海道は、一年で最も美しく輝く季節です。
おまけに梅雨もないので、サラッとしていて、したたる緑、咲き競う花々がとってもキレイ かわいい

とりわけ、この時期の主役はなんといっても 『 ライラック 』
ついこの間まで、さっぽろライラックまつりが行なわれていたばかりで、見ごろは終盤かも・・・。

no-title

・・・・と思いきや、まだまだ満開でした(^^
札幌駅前のライラック。     香水の原料にもされるほどのやさしい香りが漂ってます。 

定番だけど、開拓の歴史を物語る 【 北海道庁旧本庁舎 】 も訪ねてみました。

no-title

明治21年から約80年間北海道庁として活躍した、通称 『 赤れんが庁舎 』 は、重要文化財。
開拓時代の趣が漂う古い階段や歴史を感じさせる窓をのんびりと見て回るのもいいものです。
庭の花壇は、チューリップが満開でした。

no-title

北海道の歴史を担ってきただけあって、どっしりとした風格のたたずまい。
庭いっぱいに咲いているツツジもキレイでしたよ。
posted by あんちゃん at 22:00| Comment(2) | TrackBack(1) | ぶらり・・・ 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。