2010年06月09日

ぶらリドライブ 南知多

三方を海に囲まれた南知多。  ドライブで訪れるのは10数年ぶりくらい。 懐かしいなぁ(^^
名古屋時代によく海水浴に来ていた 【 内海海水浴場 】

no-title

『 日本の渚百選 』 にも選ばれるほど水がきれいで、遠浅の美しいビーチです。
聞こえてくる賑やかな声は、長野から来たという小学生達の体験授業。 なんと地引網!!

no-title

南知多は魚介類の宝庫。   獲れたての魚にみんな興味津々だよね〜 目
この魚、いくらで売るのー?  ・・なんて鋭い質問に、漁師さんもたじたじでした(笑)

近くにある 『 白砂の湯 』 は、温泉好きにはたまらない濃い目の塩湯が特徴の天然温泉 いい気分(温泉)

no-title

海が目の前に広がる最高のロケーション(^^
伊勢湾に夕日が沈む頃は、眺めが最高だろうなぁ・・・・。

心ゆくまでゆったりと楽しんだら当然お腹も空いてきて、目指すは南知多の最南端 【 豊浜町 】
鮮度バツグンな魚の町のオススメは、『 まるは食堂旅館 』 ってとこ。

no-title

新鮮なお刺身はプリップリの獲れたてそのもの ♪

no-title

茹でたてのシャコは、甘みがジュワ〜っと美味しいけど、

no-title

実はココの名物は、ビッグサイズのエビフライでした わーい(嬉しい顔)
エビそのものがデカくて歯ごたえもあって最高の美味さ。  ソースがオススメです!

no-title

コレを食べないと南知多を語れない!? くらいのジャンボなエビフリャー、食べれてヨカッター!!
posted by あんちゃん at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | ぶらり・・・ 中部・東海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

常滑( とこなめ ) トコトコ  アゲイン!!

・・・と、タイトルを書けるのは あんちゃん妻 だけ。
友人夫妻と合流しての南知多ドライブを前に、焼き物の町 【 常滑 】 へちょっと寄り道。
僕自身は、初めての常滑散策でした。

no-title

まずは、迫力いっぱいの巨大招き猫 『 とこにゃん 』 にご挨拶(^^
日本一の招き猫の生産地らしく、町のいたるところで招き猫が顔を覗かせてます。

小高い丘にある 『 やきもの散歩道 』 は、煙突のある町をのんびり散策できる60分コース。

no-title

招き猫といい、レンガ造りの煙突といい、町の雰囲気は、ファンタジー&ノスタルジー るんるん
平日だからなのか、ものすごく静か。   ゆるやか〜に時間が流れてます。

小腹がすいたので、散歩道の途中にあるだんご茶屋でちょっとひと休み。

no-title

1本70円のお醤油団子。  香ばしい上品な味が美味しかったなぁ ♪

やきもの散歩道を象徴する風情が漂うこの坂道は、『 土管坂 』

no-title

両脇の壁を覆っているのは、明治時代の土管と昭和初期の焼酎瓶だそう・・・。
道には、土管を焼くときに使った‘ 捨て輪 ’と呼ばれる焼台が滑り止めとして埋め込まれてます。
環境に優しい工夫の跡ですね。

無造作に置かれた素焼きの鉢なんかも、どこか懐かしい風景でした。

no-title

・・と、実はこの写真の主役は、左下の物陰からちょこんと顔を出してるホンモノの子猫ちゃん(^^
カメラに興味があるのか、じーっと見つめていたので思わずズーム カメラ

no-title

あまり近寄れずこれが精一杯 あせあせ(飛び散る汗)         かわいかったなぁ(^^

かつては60基ほどあったのが、今ではこの一基を残すのみ・・・というのが、この 『 登窯 』

no-title

明治20年ごろから昭和49年まで使用されていて、今は国の重要文化財に指定されています。
約17度の傾斜に8つの窯が並ぶスケールは、現存する日本最大級の登窯らしいですよ。

ふわふわっとキレイに咲いているのは、ザクロの花。

no-title

1時間ちょっとのやきもの散歩は、遠い昔の懐かしさに出会えたひとときでした。
posted by あんちゃん at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ぶらり・・・ 中部・東海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

懐かしの 【 味仙 】 @ セントレア

名古屋の友人が遊びにおいでというので、今回はそのまま札幌から名古屋へ移動 飛行機
爽やかな気候は名残惜しいけど、南知多の新鮮な魚を食べれると思えば元気が出るってモノです。

搭乗ゲート近くの自販機で見かけて、つい買ってしまった120円の北海道限定モノ(^^

no-title

代金の一部は、北海道の自然保護に使われるらしいです。   
いいことしたなぁ ♪ ・・・と思いつつ、イッキに飲んじゃった。 ゴクゴク。 味は普通。

ホッと一息ついたところで、真下に見えてきたのは、残雪に夕陽が当たる津軽富士 『 岩木山 』

no-title

遠くに見えているのは、『 お城とさくらとりんごのまち 』 の弘前市かな?

読みかけの本の続きを楽しみつつ、ときたま外を見ても雲ばかりで何にも見えない日本列島・・・。
ふと気付いたのが 目 、その雲の前をず〜〜っと動いているひと筋の飛行機雲。

no-title

・・・・のように見えたのは、自分が乗ってる飛行機が出してる飛行機雲の影でした(笑)
ちょっと珍しくない??

夕闇迫る中部国際空港セントレア。  半年ぶりの訪問です。

no-title

まるでアミューズメントパークのような出発ロビーのすぐ上がレストラン街になっていて、
ちょうちん横丁と名づけられたその街の一角にある 【 味仙(みせん) 】 で晩ご飯 ♪
ずっと昔、名古屋に住んでいた頃からの大ファンなお店です。

no-title

名古屋の今池ってところに本店があるこのお店のイチオシは、台湾ラーメン。 激辛だよ〜 どんっ(衝撃)
その激辛なスープゆえに、少しマイルドな ‘ アメリカン ’ を注文できるのはココくらい(笑)

no-title

いつも頼むのは、アメリカンじゃなくノーマルの方。
危険な激辛に備えて、冷たい水をスタンバイ。 何杯飲むかわからないのでサーバーごと(^^;

それではいただきまーす わーい(嬉しい顔)    懐かしの台湾ラーメン。 700円なり!!

no-title

ご覧下さい、この泡立つスープ exclamation×2
モチモチッとした麺にからむ挽き肉とニラと真っ赤な唐辛子・・・。
ズズッとすするたびに咳き込みそうになる辛さだけど、これがまたクセになる美味さなんだなぁ。

名古屋名物、額に汗かく台湾ラーメン。  この刺激、絶対ハマリますよ!! 
posted by あんちゃん at 23:58| Comment(4) | TrackBack(0) | ぶらり・・・ 中部・東海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大通り公園を街さんぽ

大都会なんだけど豊かな自然もいっぱいの札幌の街並み。
冬には見れなかった馬車がパカポコと市内観光しているのを見かけました。  楽しそう〜(^^

噴水や美しい花壇を眺めながらの大通り公園。     今日は、今年初の夏日だそうです 晴れ

no-title

一応長袖のシャツを持っては来たんだけど、全くいらない暑さ。
でも、汗ばまない爽やかさがやっぱり北海道だなぁ。 
トウモロコシやジャガイモの屋台が並んでいて、焼いている香ばしい匂いが漂ってます ♪

no-title

植物園の方が言ってたけど、ホントはライラックもそろそろ終わってる時期なんだって・・・。
でも今年の異常な寒さで、公園のライラックはまだまだ満開でした。
見かけたのは、白と紫の2種類。   どちらもキレイだけど、紫がやっぱりライラックっぽいよね。

時計台とライラックのツーショット カメラ はこの季節だけ!!

no-title

鐘が毎時鳴るらしいんだけど、まだ聞いたことがないなぁ 耳
う〜ん、あと20分・・・・。
今度、時間を調節して来ようっと(笑)
posted by あんちゃん at 23:55| Comment(4) | TrackBack(0) | ぶらり・・・ 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

都会のオアシス 【 北大植物園 】

赤れんが庁舎からは、歩いて3分くらいのところ。    ビルが立ち並ぶ街の真ん中にあります。
美しい芝生に巨木が涼しげな影を落としているのは、【 北大植物園 】

no-title

せっかく天気もいいので、自然を満喫できる場所を求めてやってきました(^^
【 北海道大学北方生物園フィールド科学センター植物園 】 のアカデミックな名称が正式です。
大学関係者でなくても400円の入園料を支払えば誰でも入園できます。

no-title

時は明治10年。 
札幌農学校の教頭だったクラーク博士が、植物学の教育には植物園が必要と進言したことで
北海道庁の西側にある原始林が開拓されたことが始まりだったそうですよ。

no-title

緩やかな起伏に富む地形やハルニレの巨木は、まさに札幌の原始の姿そのもの・・・。
高原のようなさわやかな風が吹き渡って、とっても気持ちいいです るんるん

レンガで造られた橋なんかもあって、雰囲気はまるでNYのセントラル・パークみたい。

no-title

あまりにも心地いいので、ブックオフで購入した古本を手に芝生でのんびり読書でも 本
ハーパーズ・アイランドを観たばっかりなので、同じようなミステリー物を買っちゃった(笑)

no-title

草の香りがなんともいえないいい匂い。      野鳥の声も聞こえてきます ♪
周辺にビルがあるとは思えない別世界は、まさに都会のオアシスだなぁ。  あぁ、気持ちいい〜。
ついでに日光浴もしちゃおうかなぁ わーい(嬉しい顔)

園内のライラック並木は、今がちょうど満開!!

no-title

房状の紫色の花は、札幌市の花でもあります。     甘くていい香り〜 グッド(上向き矢印)

no-title

ん??  
芝生の上を歩いてたら、何やら観光客らしい人たちが激写しまくってる一本の木・・・・。
何だろう??

no-title

『 ハンカチノキ 』   名前は聞いたことがあったけど、近くで見るのは初めてでした 目
風になびく白いハンカチのように見える部分は、葉っぱが変形したものなんだって。

no-title

よく見ると、ハンカチの根元には丸い花。 10〜15年くらいかかってこの状態になるそうですよ。
へぇ〜、見れたのはラッキーだったってこと?
写真を撮りながら地面に落ちていた白いモノを拾っていたのはそういうワケだったのか・・・。

no-title

園内の博物館には、南極観測隊で有名なタロの剥製とタロとジロの頭骨もあるんだって。
また別の機会に見に来ようかな。
posted by あんちゃん at 23:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ぶらり・・・ 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初夏の札幌  ライラック日和 ♪

梅雨入りカウントダウンの横浜を抜け出して、思い立って飛び乗ったのは早朝の新千歳空港行き 飛行機 飛行機 飛行機

厚い雲に覆われた本州を抜ける頃、ようやく見えてきたのは下北半島の心霊スポット 【 恐山 】
ちょうど真ん中ほどに、極楽浄土と呼ばれる宇曽利湖と賽の河原がくっきりと見えてます 目

no-title

比叡山、高野山と並ぶ日本三大霊場のひとつで、死者の御霊に口寄せするイタコで有名ですよね。

ジメジメした曇り空の横浜とは打って変わって、雲ひとつない快晴の新千歳空港。
冬季はクローズされている展望デッキで、北の大地の空気を思いっきり吸い込んでみました グッド(上向き矢印)

no-title

朝からガマンしていた朝ごはんは、空港の到着ロビーにある、いつもの 『 朝市食堂 』 にて。
極上の新鮮な鮭とイクラが乗っかった丼で腹ごしらえしておこう(^^

no-title

イクラのツヤツヤ感がたまりませ〜ん ♪            あ〜、美味い!!

本州よりも少し遅く訪れる初夏の北海道は、一年で最も美しく輝く季節です。
おまけに梅雨もないので、サラッとしていて、したたる緑、咲き競う花々がとってもキレイ かわいい

とりわけ、この時期の主役はなんといっても 『 ライラック 』
ついこの間まで、さっぽろライラックまつりが行なわれていたばかりで、見ごろは終盤かも・・・。

no-title

・・・・と思いきや、まだまだ満開でした(^^
札幌駅前のライラック。     香水の原料にもされるほどのやさしい香りが漂ってます。 

定番だけど、開拓の歴史を物語る 【 北海道庁旧本庁舎 】 も訪ねてみました。

no-title

明治21年から約80年間北海道庁として活躍した、通称 『 赤れんが庁舎 』 は、重要文化財。
開拓時代の趣が漂う古い階段や歴史を感じさせる窓をのんびりと見て回るのもいいものです。
庭の花壇は、チューリップが満開でした。

no-title

北海道の歴史を担ってきただけあって、どっしりとした風格のたたずまい。
庭いっぱいに咲いているツツジもキレイでしたよ。
posted by あんちゃん at 22:00| Comment(2) | TrackBack(1) | ぶらり・・・ 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

DVDとおうちご飯・・・

One by one ・・・ のナレーションがやけに不気味な 『 ハーパーズ・アイランド 』 を
TYUTAYAでとりあえず2巻レンタルしたら、あまりの面白さに、結局、全6巻をイッキ観して
しまったこの週末 あせあせ(飛び散る汗)

no-title

ひとり、またひとり・・・と惨殺されていくハラハラドキドキな展開に、完全なおこもり状態でした。
それでも不思議と空いてしまうお腹には、実家から届いていた伊勢海老で、まずはお味噌汁(^^

no-title

もちろん、メインはお刺身で ♪    茄子の浅漬けといっしょに食べたら美味しかったなぁ。

no-title

スモークされたホタテもあったので、寿司ネタにして食べました。

no-title

デザートは、那覇の牧志公設市場で買ってきたパッションフルーツ。
トロピカルな甘酸っぱさがジューシー グッド(上向き矢印)

no-title

バルコニーでランチビール ビール くらいは気分転換?   アテは手作りのシューマイで。
具にレンコンが入るのが我が家流。 コリコリと歯ごたえがあって美味しいんですよ。

no-title

衝撃のラスト!!まで目が離せない3食昼寝付きのDVD観賞。  う〜ん、太りそう(笑)
posted by あんちゃん at 20:17| Comment(4) | TrackBack(0) | うちゴハン ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

美ら海キャンドル

妻のお仕事日記は、梅雨真っ只中の沖縄に来ています 飛行機      めんそーれー(笑)

no-title

今回は、お昼過ぎに到着して夜には帰ってしまうという、約6時間ほどのショートステイ。
それでも、雨かなぁ?・・・と思ってたので、少し晴れ間が見えるお天気はラッキーでした 晴れ

ホテルに入ったら、早速、沖縄在住の友人Aちゃんに電話 携帯電話
入社以来の親友で20年近く東京に住んでいたんだけど、つい最近沖縄に引っ越したAちゃん。
しばらくは会えないのかなぁ・・・と寂しく思っていたんだけど、こんなにすぐに会えるなんて(^^

国際通りのスターバックスで待ち合わせ 喫茶店

no-title

あっ、デイゴだ! といつも間違ってしまう木陰が気持ちいい街路樹は、『 ホウオウボク 』 
真っ赤な花が南国的ですよね〜。

沖縄料理のお店で食べたランチは、『 ふーチャンプルー定食 』

no-title

くるま麩がふわふわ美味しい炒め物は沖縄独特の家庭料理です。  ごま油の香りがいい感じ〜グッド(上向き矢印)

お腹もいっぱいになったのでのんびりお散歩 ♪
牧志公設市場の裏手にある 『 壺屋やちむん通り 』 は、石畳のひっそり感が気に入ってます。

no-title

『 やちむん 』 は、焼き物って意味。  17世紀まで遡る歴史のある通りなんですよ。

東京から沖縄に引っ越してまだ数週間のAちゃんの話では、文化も気候も違う沖縄での生活は、
良い意味で外国で暮らしている気持ちになるそうです。
そしてなにより、地元の人たちがとってもやさしいんだって。

『 これおもしろそう♪  記念にどう?? 』 と、入ってみたのは、体験工房の 【 美ら風 】
素焼きシーサーや琉球ガラスを使ったキャンドル作りを体験できるお店です。

no-title

シーサーを作ってみたかったけど、時間の都合でキャンドルを。
好みの大きさのグラスの中に、数あるガラス細工の中からいくつか選んで製作開始!!
まずはキャンドルの芯を入れて、色の付いた砂を丁寧に入れていきます。

no-title

ちょっと波っぽくしたかったんだけど、う〜んむずかしいなぁ(^^;
そして、幸せのシンボル、ウミガメちゃんとやしの木を中に入れてみました。

no-title

熱いゼリー状のロウをスタッフの方が入れてくれたら、数分待つだけで出来上がりー るんるん
うれしい〜 揺れるハート

no-title

ラッピングしてもらって、楽しい想い出のお土産です。
さっそく、自宅の窓辺で記念写真。

no-title

レモングラスの香りがする夏っぽい手作りキャンドル、ずっと飾っておこうっと。
posted by あんちゃん at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 妻のお仕事日記 ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

Welcome to Tokyo !!

ハワイ島を拠点に活動しているシンガーソングライターのお友達Eicaさんが来日したので、
今夜はいっしょに晩ご飯 レストラン  

せっかくなので、いかにもTokyoって感じのところを案内しようと思って連れて行ったのは、

no-title

六本木ヒルズの52階にある 【 東京シティビュー 】
昼間の青っぽい眺めは見たことがあるけれど、夜景を見るのは実は僕も初めて。 
煌めく光で縁取られた地平線と空がはっきり分かれる夜の眺めは、息をのむ美しさでした ぴかぴか(新しい)

夜景を堪能したら、ヒルズの中にあるお寿司屋さんの 『 清山 』 で。

no-title

久しぶりの再会に楽しい時間はあっという間・・・・。
2週間の日本滞在、思いっきり楽しんでくださいね〜(^^
posted by あんちゃん at 23:55| Comment(4) | TrackBack(0) | ぶらり・・・ Tokyo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

横浜開港祭2010

1859年6月2日に開港した横浜港。
開港記念日の今日は、横浜の初夏を彩る 【 横浜開港祭 】 でした。
お祭のフィナーレを飾るのは、毎年恒例の 『 ビームスペクタクル in ハーバー 』

約3000発の花火とレーザー光線が織りなすショーは、ビール片手 ビール にバルコニーから。

no-title

夜風がちょっと寒いけど、シュルルルル〜〜〜  ド〜ン かわいい と今年最初の夏の音です。

no-title
  
そういえば花火の直前、臨港パークから風に乗って聞こえてきたのが杉山清貴さんのライブ
の歌声。     う〜ん、夏を感じるなぁ るんるん

no-title
 
今年は風も穏やかだったので、丸くキレイに楽しめました(^^
ラベル:横浜開港祭 花火
posted by あんちゃん at 22:13| Comment(4) | TrackBack(0) | Yokohama 〜夏〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。